無料ブログはココログ
フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

2021年2月24日 (水)

2/19の花散歩

この日は木場公園とその周辺を散策。

K70_3483都市緑化植物園の梅が見頃のようでした。

K70_3498大横川岸の大横橋より南の河津桜並木

この日はまだチラホラ程度でしたが、今日24日にも行ったらもう見頃でした。

K70_3499これは対岸の桜並木。品種は不明

少し北に歩くと、大横橋と豊木橋の間の河津桜並木は満開に近かったです。

K70_3521これはその中の一枚。

一月中旬から咲いていた豊木橋より北の並木はようやく終盤という感じでした。

最後は木場公園ミドリアム裏の花木園のギンヨウアカシア

K70_3530おー! ワイルドだ!

この季節にこの色合いは目立ちまくっていて痛快です。

 

(K-70 + 17-70 & 100M)

2021年2月23日 (火)

2/17の夕空②

豊洲公園に着いた時点の日没方向の空はこのような具合

Dscf8745これだけならやや平凡ですが

Dscf8749その上空から天頂に掛けては

このようなちりぢりになりつつある雲が北から南に覆っており、

とは言え流れていると言うより浮かんでいる状態でした。

Dscf8755かなり上の方の雲をズームアップ。

風も無いのに冬の雲ってのは何故こんなちりぢりになって見えるのか

常々不思議に思っていたので、今回は帰宅後「冬の雲 特徴」で検索してみたのです。

するとこういう輪郭がしゅわしゅわした積雲が冬の雲の特徴だとのこと。

夏の積雲が水蒸気の塊であるのに対し、冬のは微細な氷粒なのだと考えられている、と書かれていました。そのため、本体から吹き放されても夏のようには簡単に蒸発しないのでしゅわしゅわに見えるのだそう。納得しました。^^)

 

次は晴海のごみ処分場方面から羽田に降りる都心上空通過コースの旅客機です。

Dscf8757

同じ機が日没の空を通過します。

Dscf8758右下は五輪選手村予定建築物

延期のため五輪後の入居予定者が未だに入居できず困っておられるそうです。

Dscf8770仄かな夕日を浴びる頭上の雲をズームアップ。

中央やや下部に見える短線はノイズでなく、鳥の飛んだ軌跡となります。

こういうちりぢりの雲は花の接写と異なり、拡大するだけはっきり見えるのでなく、結局はぼやっとした水分の寄り集まりだと分かるだけですね。

最後は帰り道。豊洲駅の出入り口にて。

中央の建物の右後ろの公園で夕空を撮りました。

Dscf8772

 

(X-T3 + 18-135)

2021年2月22日 (月)

2/17の夕空①

この日の夕方、ベランダで空を見ると面白い夕空が期待できそうだったので、私の夕空スポットである豊洲公園に出掛けました。

公園に着く前に見えた南方向の雲。

Dscf8737おー結構迫力ある!

公園に着いてからもこの方角の雲は迫力を保っていて

Dscf8743段々赤みを増す夕陽を受け様々な表情を見せました。

Dscf8748

Dscf8756おっ、また違う表情になった!

中央をズームアップした写真が次です。

Dscf8759

最後に広角側で撮った写真を一枚。

Dscf8762

建設中の超高層マンションの脇に見えていた雲でした。

この日、頭上や日没方向の雲もきれいでしたので、この項をもう一回続けます。

 

(X-T3 + 18-135)

2021年2月17日 (水)

2/16の花盛り

前回見た時には咲き始めだったユキワリイチゲですがこの日はもう花盛りを迎えていました。

Dscf8680

こんなにたくさん咲いているのを見たのは初めてかも。

Dscf8711

セツブンソウもこの園では今が最盛期かもしれません。

他に目立っていたのはフキ。

Dscf8674開花寸前という感じでした。

 

自然教育園にて

(X-T3 + 50-230)

2021年2月16日 (火)

2/13の散歩写真

深夜に東北で震度6強が起きた日ですが

日中の散歩は穏やかなものでした。

近所の運河沿いの散歩道にはこんなのが

P2130001aハコベ?

P2130002??? 一回覚えた花かもしれないけど、、、→

アメリカフウロと教えて頂きました。いまさんありがとうございます。

P2130005企業のビオトープで咲いていた椿

P2130008ビオトープ入り口にあった菜の花

 

(E-M10m2 + 14-150)

2021年2月14日 (日)

2/10に見たセリバオウレン

前回ほんの少ししか咲いておらず、もう一回同じ所へ見に行きました。

するとだいぶ開花が進んでいるようでした。

Dscf8579惜しむらくは陽当たりが悪かった。

Dscf8582でも見られただけ良かった。

Dscf8591

Dscf8610接写した中ではこれが良い方でした。

別に節分草も期待して行き、見付からずに懸命に探したところ

足元にこんなのが出て来てました。

Dscf8574本当に「小さな紙屑が落ちている」くらいにしか見えないのです。

 

赤塚植物園にて

(X-T3 + 50-230 & 60M)

2021年2月11日 (木)

2/08の寒緋桜

先月中旬に情報を早とちりして空振りした寒緋桜をまた見てきました。

この日は曇りがちとは言え穏やかな天候だったのでサイクリング。

Dscf8548ようやく七分咲きくらいでした。

目的地に着くと曇るというジンクスはこの日も有効。

舞いよるメジロと鳥撮り人の数が同じくらい居て

連写音が鳴り続けてましたねえ。

Dscf8566これは少し陽が射した時の写真です。

 

北品川の荏原神社にて

25.6㎞走行

(X-T3 + 18-135mm)

2021年2月 8日 (月)

2/04に見た早春の花

この日はセツブンソウとユキワリイチゲを見に行きました。

イチゲのほうは簡単に見付かったのですが、

節分草はなかなか見付からず困惑です。

ようやく見付けたのがこれ

K70_3391こんな豆粒みたいのじゃ見えませーん

これで直径1㎝くらいですが、この左で見付けた顔を見せてくれた花は

K70_3393a結構花のパーツが出来ていて驚きです。

別の場所でもう一輪咲いていたのはこちらを向いてました。

K70_3429a

自分の肉眼では見えなくてもこんな造りになってるとは凄いです。

ユキワリイチゲのほうはそろそろ見頃になりそうな勢いでした。

K70_3401 K70_3408K70_3420

造りを見たくてつい大きくしちゃうけど、3㎝ほどの可愛い花なんです。

 

(自然教育園にて)

 

(K-70 + 100M)

2021年2月 7日 (日)

2/03の夕空

この日の夕方は程よく雲が浮いていて

散歩ついでに夕空を撮りました。

Dscf8517

ちりぢりになりながら移動していく雲を見るのは何故か爽快感があります。

 

(X-T3 + 18-135)

«2/2の亀戸の梅②