無料ブログはココログ
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2020年9月21日 (月)

9/9の夕空(2)

次の写真ですが

K70_1646 

帰宅後PCで見て「あれっ!?、国際宇宙ステーションから写したようなこの写真、自分は撮ったかなあ。」と思ってしまったのです。地球を周回するステーションから大洋上の雲を撮っていて、ステーションの一部が入っているような写真に見えました。下から見た巻雲が上から見た洋上の積雲に見えてしまったようです。

K70_1658

実際は青海南ふ頭公園のこういう場所でした。塔は良く見るとFの文字を表示していて、検索してみたら海上保安庁が使う「入航出航両方とも可能」という情報を示しているところだったようです。

 

(K-70 + 18-250mm)

2020年9月18日 (金)

バス水中へ

9月9日に豊洲埠頭の付け根辺りでかなとこ雲を撮っている横で見覚えのあるバスが水に入って行きました。

K70_1611

このバス、私が街をうろうろしていると結構見掛けるのです。

K70_1612 このように水陸両用。

船と言うよりはバスなので、横波を受けたら危ないんじゃないかなって気がします。

私が豊洲埠頭の東の遊歩道を突端に向け走っている横を、だいたい同じようなペースで並走。

突端の公園でまた金床雲を撮ってお台場地区に移動しようとしたら、これが

レインボーブリッジ方面から戻ってくるのにも遭遇しました。

このバスが就航してから数年経っていますけど、よく続いているな、と感心してます。

 

(K-70 + 18-250mm)

2020年9月10日 (木)

9/9の夕空(1)

我が家の東南東方向に巨大な積乱雲群が見えたので、それがよく見える場所を求めて自転車を走らせました。

K70_1608 豊洲埠頭の付け根辺りで

頂上付近が横向きの犬の頭のように盛り上がってきていました。

これが更に見応えある雲になることを祈りつつ、埠頭先端を目指して走ります。

K70_1613 埠頭先端の豊洲ぐるり公園にて

おー、こんな堂々たる金床雲を見るのは初めてだ。

次は青海南ふ頭公園に行ってみようと走り始めるとすぐに少し変化が見られ、止まりました。

K70_1618 豊洲埠頭から有明に渡る富士見橋にて

かなとこ雲が上空の気流で流され始めてました。

左の建物は豊洲市場の一部

ビッグサイトを望める水の広場公園に着くと、一部が夕日を浴びて着色した姿を楽しめました。

K70_1622 かなとこ雲の縁は消えかかってます。

K70_1629 着色がはっきりしてきました。

K70_1639 積乱雲のズームアップ

水蒸気の塊と思いつつも、そのエネルギーの高さに圧倒されました。

 

さて、帰宅後この雲はどの辺りに浮かんでいたのかを知りたくて

気象衛星の画像を調べてみると、どうやら40kmほど離れた印旛沼辺りから

北北東に伸びる巨大な積乱雲群だったようです。下では土砂降りだったかも。

 

因みにここの南東方向の地平すれすれにもこんなのが見えてました。

K70_1626 K70_1640

衛星写真と方角を照らし合わせると、どうやら房総半島の沖を通過中の雲の列のようで、

マップと定規で計ると、この場所から100㎞ほど離れていたらしいです。

良く晴れた空であり、その前に視界を遮る雲が無かったのだから、多分合ってると思うのですが

そんな筈はないだろう、と思う方はご指摘ください。

 

(K-70 + 18-250mm)

2020年9月 2日 (水)

としまえん(豊島園)を惜しむ

8月31日をもってとしまえんの営業が終わりました。

私が豊島園を惜しむのは遊園地としてではなく、その季節に開催されるあじさい祭りを毎年楽しみにしていたからです。園の奥の境界線に沿って整備されたアジサイの遊歩道には実に多くの種類のアジサイが植えられていて、まとめてアジサイを楽しむには私の知っている限り都内最高の場所でした。年に一回の訪問ではありましたが、毎回全部を撮り切る前にくたびれてしまうくらい色々なアジサイが咲いていました。

今年訪れたのは6月16日。

すでにヤマアジサイの最盛期が過ぎていて、ちょいと残念でした。

撮った中から出来るだけアジサイ園の雰囲気が分かりそうなのを掲載してみます。

K70_0471アジサイ、ガクアジサイの先に子供鉄道の線路です。

K70_0552反時計回りに歩いた場合の出口付近

K70_0612園のランドマーク的な回転木馬

K70_0613これはとしまえん内で一番好きだったアジサイ

 

(K-70 + 17-70mm)

2020年8月31日 (月)

8/30に見えたかなとこ雲(金床雲)

8/27の入道雲を掲載したあと、その日の夕空もかなり見応えがあったので載せようと思っていたのですが、愚図愚図しているうちに昨夕話題性のある夕空に出逢ってしまいました。

 

K70_1512目にした最初は「何だ、この雲は?」と絶句

しかし積乱雲が上空で平面的に広がったかなとこ雲に違いありません。

K70_1515 左側だけ大きく撮影

K70_1526 日が傾き輝きが減ってきました。

K70_1539日が当たらなくなっても水平線辺りからの光が

遮られて、いい感じの夕空になってました。

この日の気象情報会社の記事によりますと、東京埼玉神奈川の各地からこの雲の写真が多数投稿

されたそうで、東京都最西部から山梨県に掛けての地域に発生した雲のようでした。

確かにこの豊洲公園から真西の方向です。

以下、この時撮った数枚です。

K70_1517金床雲の下の積乱雲

羽田に着陸する旅客機が2機写ってます。

南北方向に走る平行滑走路の、左のは海側、右のは陸側に着陸するようです。

割りと最近導入された羽田の「都心上空通過ルート」で見られるようになった光景です。

K70_1524 北西方向の空

K70_1532 西方向。

東京タワーの右が紅いと思ったら、日没前の太陽が写ってました。

K70_1545 もう一度北西の空

右に青く光っているクレーンはららぽーと豊洲の裏にあり、

以前あったIHIのドックで使われていたもの。

 

(K-70 + 18-250mm)

2020年8月27日 (木)

8/27に見えた入道雲

ピーク時よりは一段暑さのひどさが下がったようですが、日中はまだお外を遊び回れないですね。今日はザーッと降ったあとカラっと晴れて、こんな入道雲が見えました。

 

Dscf6451 ボコボコと沸き立つさまが大好きです。

こういう空だと夕暮れ時に綺麗な空が見られそうな気がします。

 

(XT3 + 18-135mm)

2020年8月21日 (金)

8/19の夕空

この日は夕方の西の空がこんな具合でした。

Dscf6399

ことによると良い夕空が見られるかも知れぬと思い、夕涼みを兼ね豊洲公園へ。

Dscf6400 公園に着いた時の空の様子です。

Dscf6407 日没頃にはこういう色になりました。

いかにも暑さが立ち込める様子の空。

Dscf6411 ズームアップしタワーマンションを写してみました。

すかっとした夕空は見られませんでしたが、強い南風でひととき暑さは忘れることができました。

 

(X-T3 + 18-135mm)

2020年8月14日 (金)

7/31の夕景

この日の夕方は運動不足解消のため豊洲埠頭の遊歩道を歩いてました。

きれいな夕空が見られたらいいな、と思ったものの空振り。

何枚か撮った中でこの一枚が船のランプの色を拾えていたので掲載します。

後ろの建物群は晴海埠頭のオリンピック選手村予定地です。

 

Dscf6314

 

(X-T3 + 18-135mm)

2020年8月 9日 (日)

8/4 ミソハギ

K70_1501 8月4日向島百花園にて

暑いけど屋内に閉じこもっているのは好むところではなく、この日は向島に。

カンカン照りの真夏であったけど、池際のミソハギは涼やかに見えました。

 

(K-70 + 17-70mm)

«8/4 オミナエシ