無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 日本対UAE戦感想 | トップページ | 日本対ベトナムテレビ観戦 »

2007年7月15日 (日)

アメフトをテレビ観戦

台風4号接近が予報されていたので、本日は休養に徹する事とし、アメリカンフットボール・ワールドカップ決勝、日本対アメリカをテレビ観戦した。アメフトの細かいルールは知らず、これまでは京大が強かった頃にちょっとテレビ観戦したり、新聞のスポーツ欄で学生リーグや社会人リーグの結果を目にする程度の興味しかなかった。確かアメフトの日本代表はアメリカのチームと(代表ではない)何回か対戦しその都度大敗してきたように記憶している。今回はどのくらい戦えるのか興味があった。そもそもアメフトでアメリカ代表が編成される、ということ自体に強い興味を持った。

試合は全然一方的な試合にならず、同点で延長戦となった末、アメリカの勝利で終わった。

見ていて「これは日本代表にとって凄い実績なのだろうな」と思いつつ、不思議と興奮しなかった。なぜなのだろう? それは多分、なぜ自分がこれまでアメフト観戦に夢中にならなかったかという理由に重なっているのだと思う。アメリカ代表が「ドリームチーム」ではなく大学を出て一年ほどの選手のチームだったからではないと思う。そういうチームに「公式戦」で対等に渡り合ったこと自体が歴史的なことだと思えるから。

一つ思い付くのはパス攻撃が失敗した時のルール。相手方にインターセプトされると攻守がその時点で入れ替わり、これはスピーディーかつスリリングで面白いのだが、パスが失敗し、なおかつ相手がノーバウンドでキャッチしなければ、失敗した攻撃を開始したポイントからまた攻撃できるのって、何か腑に落ちない。

サッカーだと、日本には関係のない世界クラブ選手権など、レベルの高いゲームは見ていて面白いのだが(夢中になれるという意味ではない)、NFLのファイナルを見てもピンと来なかった。

やはり好みの問題としか言いようがないのかなー。激しく過酷な肉弾戦、徹底した戦術・戦略のぶつけ合い、など、ラグビーと並ぶ「男の中の男のスポーツ」というイメージに変りはないのだが、今回の「面白いはずのゲーム」を見てもアメフトファンにはなれなかった。

« 日本対UAE戦感想 | トップページ | 日本対ベトナムテレビ観戦 »

スポーツ」カテゴリの記事