« 8月12日の夕空 | トップページ | 本日の「あすへの話題」 »

2007年8月13日 (月)

ああ言えばこう食う

先日図書館で借りた表題の文庫本が大変面白かった。阿川佐和子と壇ふみが代わりばんこにお互いのことを書きつつ、自分のことも書いていく、というスタイルの、交換日記ならぬ「交換エッセー」。

読んでいて私も彼女達のような友達づきあいをできたら人生明るくなるだろうなあって思った。二人とも作家の娘で、そのせいなのかどうか分からないが文章が読み易い。娘の視点から語られる作家家族の日常も微笑ましい。

普段テレビ画面を通して見る壇ふみが、こんなにも人間味と言うか人間臭さと言うか、に満ちていることを知り、何か人恋しい気分にさせられた。

読書スピードが遅い私でも簡単に読み通すことができ、続編の「ああ言えばこう行く」も同じく図書館で借りてその日の内に読んでしまった。二冊目はさすがに飽きるかも、と思いつつ借りたのだが、そんな心配する必要はなかった。最近笑いを忘れかけている私としては、一冊に付き6~8回「くすくすっ」と笑わせてもらえたことを感謝したい。

蛇足とは思うが、ああいった関係はやはり二人が結婚していたら難しかっただろうと思う。

|

« 8月12日の夕空 | トップページ | 本日の「あすへの話題」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事