« 9月18日の記事の中で | トップページ | お菓子の国 »

2007年9月19日 (水)

おひとりさまの老後

今日夕刊の「ベストセラーの裏側」というコラムで紹介されていた上野千鶴子の本、面白そうなので読んでみたくなった。少なくとも家内には読んどいてもらうのが良さそうだ。一人で最期を迎える「おひとりさま」か~。寂しさを越えるための知恵が書いてあるのなら大いに参考になりそうだ。

→ 後日、読みました。いろいろと参考になる点が多く、ためになった。でも、著者が思ってるより「おひとりさま」は経済的に余裕がないのではないか、と気になった。また、親の代の財産は使い切る、子に残さない、と言うのは尤もらしいけれども、この所謂「グローバル化」の世の中でこっぴどい扱いを受けている子供の世代の行く末を考えると、そう言い切っちゃってもいいのかなあ、とも感じた。最後に書いてあるように、女のために書かれた本であるので、男が読むとやたらドライに感ずる面もある。

|

« 9月18日の記事の中で | トップページ | お菓子の国 »

日経watching」カテゴリの記事