« 中秋の名月 | トップページ | 多重人格・脳ひとつ »

2007年9月26日 (水)

電車の中で

今日帰宅する通勤電車で、前に座っている30くらいの男性が本を読んでいた。何気なく本の題名を見ると「おっぱいリレー」と書いてあるような気がした。「えっ」と思って見かえすと、どうも「おっぱいバレー」という題名の本のようだ。(私目が良くないんです) 驚いて本の装丁に目をやると、どうも白い体操服の胸を膨らませた女性が並んで写っている写真が使われていて、私が一瞬思い浮かべるようないかがわしい本ではなさそうだった。

これだけの話。

それでも「よくもまあこんな人前で、カバーもせずにこんな題名の本をおっぴろげるよなー」と妙に感心したのだった。

そして続きを少々。

たまたまその男性は終点で一緒に電車を降りたらしく、自動改札にできた列に並んでいるところを目撃した。なんと!改札に並びながらも「おっぱいバレー」を読みながら歩いていた。よほど面白い本なのだろう。

家に帰ってこの話をしたら、子供がその本のことを知っていた。評判いいらしい。ネットで検索するとすぐその装丁の本を見つけることができた。水野宗徳著、出版社は泰文堂。買って読むというより、図書館にあったら読んでみたい本だな、と思った。

|

« 中秋の名月 | トップページ | 多重人格・脳ひとつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事