« 日本対スイス | トップページ | 女子 日本対イングランド »

2007年9月12日 (水)

U-22日本対カタール

オリンピック・アジア地区最終予選の日本対カタール戦をテレビ観戦した。

U-20代表から抜擢されて出場した柏木、森島、内田がきいていて、これまでのU-22代表よりパス回しが速く、しかも常に前へ前へと敵陣に攻め入る姿勢が小気味良かった。早々と先制点を入れ、その後も快調に攻めていたので、割とゆったり観戦していたのだが、後半の半ば退場者を出し風雲急を告げた。

カタールの猛攻にあわや落城寸前、同点か、という場面もあり、あれだけ攻めまくっていた時にもう一点取れなかったのか、という思いを強くした。

結果として1-0で逃げ切り、形は纏めたが、この先カタール、ベトナムと続くアウェーの試合が心配になる、と言うか、五輪出場権を獲得するのは大変だなあとの思いでいっぱいになった。

|

« 日本対スイス | トップページ | 女子 日本対イングランド »

サッカー」カテゴリの記事