無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 12/18の爆笑学問 | トップページ | 堀口大学 »

2007年12月20日 (木)

千住真理子に感動

今夕は仕事の関係で家に早く帰れた。NHKをつけたら千住真理子さん(以下敬称略)が「ゆうどきネットワーク」に出演していた。ホスピスで演奏している場面から見た。ご老人のリクエストに応え「アンダンテ・カンタービレ」や「チゴイネルワイゼン」を弾いておられ、ふんふんふん、と何気なく聴いていたのだが、演奏に聴き入る皆さんの表情を見ると、大変熱心に聴き入っている姿が印象的だった。

この時点では、普通のプロバイオリニストが普通に弾いてるな、というだけだったのだが、そのあとスタジオで弾いた「G線上のアリア」の演奏を聴いていて痺れてしまった。音楽を聴いて感動したのは実に久しぶり。こういう突然の感動との出会いってこんなに嬉しいものなのか、と、これまた久しぶりに感じた。

何しろ、最初に出てきた音からして、磨かれ抜かれていて密度が高いのである。そしてフレーズィングに作為が見られず誠実だったのである。

インタビューに応えて彼女は「ホスピスでの演奏などを通じてたくさんのことを勉強させてもらってます」と語っていたが、そういう体験が音に滲み出たのだろうか。美人で華やか、兄弟揃って才能に溢れている、などなど、私が単純に避けてしまうタイプの方なので、いままでテレビで演奏を聴いても色眼鏡を掛けて聴いていたと思う。それとも(どういう理由で演奏から遠ざかっておられたのか知らないが)、活動を再開したというその中断期間に相当強く感じたところがあり、彼女の奏でる音に変化が出て、私が感動したのであろうか。

フレーズとフレーズの繋ぎに使われたグリサンドという些細な部分で好きではない箇所があったものの、全体としてすっかり魅了された。だいたいからして、我が家の小さなテレビのスピーカーごときから流れてくる音色にこれだけ酔わされてしまうとは、と大いに感謝したい。あの音色の密度を生み出していたのは、演奏家自身の気迫なのか、音楽への愛なのか。音楽っていいよなー。それにしても彼女は美人だよなー。赤いセーターが凄く綺麗でセクシーだった。

« 12/18の爆笑学問 | トップページ | 堀口大学 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事