無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 退場制度に物申す | トップページ | 民主主義という不思議な仕組み »

2008年4月15日 (火)

「くわんくわん」

「あら厭だよー。この子ったら口の周り、くわんくわんにして!」とお袋がよく口にしていたこの言い方を久しぶりに思い出した。今日の日経夕刊のコラム、「プロムナード」で紹介されていたからである。筆者の林望さんはこの言葉を名だたる辞書で調べまくったが、出ていないので少し心配になったと言う。「どうして辞書に載っていないと心配になるの? 辞書はそういう類の言葉まで載せなきゃいけないの?」と少々カチンとくる面があったが、昔懐かしの言い方に再会できて、ちょっと嬉しかった。

この言い方、私にとっては「聞けば理解できる」言い方ではあるが、使用言語ではなくなっている。この類の懐かしくも消え行く言葉を追い求めたら結構楽しそうだし、そういう言葉を集めた本があったら面白そうだ。例えば「あんぽんたん」とか。(うっかりすると知らずに差別用語を使ったりしてしまうので調べてみたら、これは江戸時代から使われている俗語だそうだ。)

さて、私が生まれ育った家族の中では「おろした大根」を「ダイコロシ」と言っていたように記憶している。今では「大根おろし」がなまったもの、と理解しているが、余所の家でもこういう言い方をしていたのだろうか。それとも超ローカルな、家族内だけの言い方だったのだろうか。

« 退場制度に物申す | トップページ | 民主主義という不思議な仕組み »

日経watching」カテゴリの記事