無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 明治神宮御苑の花菖蒲 | トップページ | ピアノを弾く指 »

2008年6月28日 (土)

6/27 ついていけてる?

今日の日経夕刊のコラム「プロムナード」は松井今朝子さんの「ついていけてる?」というエッセーで、大変面白いとともに身につまされる文章であった。特に最後の段落は何回読み直しても興味深い。

私はこのごろ「ついていけてない」と感じることが多くなった。これはこの文章に書かれたようなOA機器の操作に限った事ではない。

それにしても、ハードもソフトもがんがんバージョンアップして行くPCの進歩ってのは気味の悪いところがある。そんなに新しいもの、もっと便利なものが要る訳でもないのに、メーカーの販売戦略なのだろう、古いバージョンのソフト、時代遅れのPCでは新しいことができなくなったり他の人とコミュニケーションできなくなったりしている。かくして止むを得ずバージョンアップする羽目に陥ることになる。そしてメーカーの思惑通りになって行く・・・・

今夕のこの記事を読んで一番考えさせられたのはこういうOA機器の話ではない。

人間とはどんどん自らの環境を変えていく動物であるが、その自ら変えた環境に人間が「ついていけない」状態になってしまっているのではないか。昨今の異常な事件をそういう目から見る筆者に深く共感した。歴史的に「ついていけない」人は常にコンマ数パーセントは居ただろうと思う。しかし現代においてはその割合が遥かに多くなっているのではないか、と思うのは杞憂なのだろうか。

« 明治神宮御苑の花菖蒲 | トップページ | ピアノを弾く指 »

日経watching」カテゴリの記事