« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月14日 (日)

2/14 カワヅザクラが咲き始めた

去年の写真を調べていたら、去年の今頃はもう河津桜が見頃になっていたので、今年はどうだろうと見に行ってきた。場所は木場公園脇の大横川。

10214o002 開花状況は一番早咲きの樹が二分咲きという感じだった。

去年の今頃の同じ樹は満開に近かったから、今年は去年に比べ少し遅れているみたいだ。温暖化が盛んに言われる昨今のことを思い浮かべると少しほっとする。

10214o004 10214o005 ピンク色のこの花が咲くと、「もう春も遠くないんだな」という想いがひたひたとしてくる。ここのカワヅザクラは場所によって随分花期がずれるので、来週末もここの桜並木で楽しめそうだ。

|

2010年2月 8日 (月)

2/7 新宿御苑にて

寒桜が咲いていると聞き新宿御苑に行ってきた。

10207o000 このカンザクラはもう満開に近かった。

10207o005 寒風が吹きすさんでいるというのにすっかり春の色だ。

10207o013 御苑ではこういう冬木立も楽しめる。

10207o016 10207o021 こちらの寒桜はもう少しで見頃だ。

10207o026 サンシュユも固いつぼみを開き始めていた。

10207o028 こういう冬枯れの樹木も印象的だった。

10207o030

千駄ヶ谷門から外に出て千駄ヶ谷駅に歩くと、いつもこのオブジェの前で足が止まる。つたの絡まる風情もさることながら、いったい何なのだろうと考えてしまう。採光目的なのではなかろうかと思ってはいるのだが。

このあとは千駄ヶ谷駅前にてコーヒーとケーキで一服し、地下鉄で帰宅した。

|

2010年2月 7日 (日)

2/6 自然教育園にて

セツブンソウが見られるということで、白金台の自然教育園に行ってきた。

10206o001 10206o005a ほんのささやかに咲いているので、ましてや群生しているわけでもないので、立て札がなければ見過ごしてしまうほどの咲き方であった。肉眼で見る限りたいしたことのない花なのだが、マクロ撮影して再生してみるとキンポウゲ科独特の蘂の可愛さがググッと迫ってくる。写真写りの良い花だと思う。

10206o009  いつもなら鬱蒼とした暗がりの池なのだが、季節柄周囲の木々が葉を落としているので明るめに見えた。

10206o019 10206o012 フクジュソウはセツブンソウとは対照的に写真写りが悪い花と言えるのではないだろうか。少なくとも私の写真で見るより実物のほうがずっとかれんに見える。

10206o016 10206o029 このユキワリイチゲも咲き始めているとの情報で、楽しみにして行ったのだが、本当の咲き始めで花の数も少なく、しかもほとんど開いていなかった。

10206o020  冬の時期、枯木立にもレンズを向けてしまう。

10206o024 マンサクも花をほころばせていた。もうじき暖かくなるんだな。

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »