« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月21日 (日)

3/21 新宿御苑の春の花

今日はピクニックと決め込み、市谷から歩き始め新宿御苑を一周し、大江戸線の国立競技場駅までを歩いた。

10321o002 御苑大木戸門の外側で咲くこのコブシの木に会うのも

今回の楽しみの一つだったのだが、無情にも温室工事の柵に隔てられた。

10321o003 この桜は高遠小彼岸。今日がまさに見頃だったようだ。

10321o007 同じ木を後ろ側から写す。アングルに選択の余地がなかった。

10321o015 御苑ではまだハクモクレンが元気に咲いていた。

我が家の近所ではもう終わり掛けているので期待していなかったのだが。

10321o020 10321o021_2 こちらのハクモクレンは最盛期だった。

10321o026 柳の新緑が印象的だった。

10321o027 これはヒュウガミズキ。淡い山吹色が魅力的だ。

10321o031 こちらはボケ。こんな大きなボケは他ではあまり見られないのではないだろうか。強い光を浴び、さながら大きな花束のように輝いていた。

10321o037 こちらは日本庭園のハクモクレン。とても大きな樹だ。

10321o045 これは小彼岸という種類の桜らしい。

10321o048 ハナモモも見頃になっていた。

10321o052 枝垂桜。樹の周りは撮影を楽しむ人で賑わっていた。

枝垂桜が咲くということはソメイヨシノの出番が迫っていることを指している。

事実、御苑のソメイヨシノの蕾は、まさに開花直前の様子だった。

|

3/20 木場公園にて

陽気に誘われて木場公園の春の花が次々に咲いていた。

このトサミズキは先週全然咲いていなかったのにもう見頃を迎えていた。

10320o002 10320o004

緋寒桜。この暖かなピンク色が好きな花だ。

10320o006

10320o007 10320o008 ユキヤナギが盛んに春を謳歌していた。

10320o011 コブシ。当地ではどんと咲き揃っているのはなかなか見られない。

10320o014 まだ盛んに咲いているハクモクレンの木があって嬉しくなった。

|

2010年3月14日 (日)

3/14 汐浜運河のハクモクレン並木

江東区汐浜運河沿いの白木蓮並木が見頃になっていた。

まだ八分咲きくらいだが、満開になる頃には花が痛んでくるだろうから、見るには今日辺りが丁度良かったような気がする。

10314o004 10314o010 10314o022 10314o025 10314o036

|

2010年3月10日 (水)

3/10 春の花便り

まだまだ風が冷たく、のんびりと花を愛でることはできなかったが、近所の花の見所を回ってきた。

10310o003 永代橋東詰めの交番裏に植えられているこの緋桜、何と言う種類の桜なのか分からないが、暖かみと華やかさがあって好きである。今度交番で種類を聞いてみよう。

10310o011 これも交番の脇の隅田川岸に植えられている大寒桜(オオカンザクラ)。七分咲きくらいだった。

10310o014 10310o015 木場公園脇の大横川沿いの河津桜。しんがりの一番見ごたえのある場所で見頃を迎えていた。

10310o019 カワヅザクラのクローズアップを一枚。

10310o027 こちらは汐浜運河沿いのハクモクレン並木。まだ咲き始めだった。

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »