« 宮部みゆき 「火車」 | トップページ | 6/17 堀切菖蒲園へ »

2010年6月10日 (木)

宮部みゆき「理由」

読み易いので大作なのは重荷にならなかった。どんどん読み進むことができた。

物語を誰の視点で書いているのかいまいちはっきりしなかったが、特異な事件を取材する作家というような立場で書いているようだった。

基本的に陰鬱なムードに満ちている作品であった。

|

« 宮部みゆき 「火車」 | トップページ | 6/17 堀切菖蒲園へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事