« 7/2 再び本土寺へ | トップページ | 古代史おさらい帖 »

2010年7月 8日 (木)

ドイツ、スペインに0-1で敗れる

南アで開かれているワールドカップの準決勝で、私が優勝候補だと思っていたドイツがスペインに0-1で負けてしまった。イングランドやアルゼンチンを叩きのめして勝ち上がってきたドイツだが、スペインは早い帰陣と精力的なプレスでドイツのスピードを封ずることに成功していた。強いドイツを見慣れた目には「なぜドイツはもたもたしているのか」ともどかしく映ったと思うが、スペインの守備が思うようにさせてくれなかったのである。

そうは言ってもドイツがドイツらしい形でチャンスを作ったことが2・3回あったのだが、いかにも回数が少なかった。スペインのチャンスのほうがずっと多かったのだから、力が拮抗していれば勝敗は確率の問題と言えるサッカーにおいて、スペインの勝利は試合の成り行きからして順当だったと思う。

スペインがドイツの良さを封じたので地味な試合となったが、サッカーの奥深さを教わった気がする。オランダがブラジルを破った試合、ドイツがアルゼンチンに圧勝した試合に続き、このようにハイレベルな試合でどういうことが起こりえるのか、を見てくると、本当に奥深いものだなと感嘆せずには居られない。

普段は外国同士の試合など見ない私がこのレベルのサッカーに接するようになったのは、日本代表が本大会の出場権を獲得し、思いがけぬ活躍で予選リーグを突破したことにより、私をここまで連れてきてくれたお陰だと思う。感謝したい。

|

« 7/2 再び本土寺へ | トップページ | 古代史おさらい帖 »

サッカー」カテゴリの記事