« あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの | トップページ | ピーター流わくわく旅行術 »

2010年8月26日 (木)

考えよ! - なぜ日本人はリスクを冒さないのか?

イビチャ・オシム著 角川oneテーマ21

イビチャ・オシム前日本代表監督の本はこれまでも何冊か読んでいるが、この本も面白い。鋭い指摘に満ち溢れている。とっくに終わっている南アフリカでのサッカーワールドカップの二ヶ月前に出された本で、日本代表を取り巻く状況の解説をしながら、日本代表がどのように準備をしていくべきか、を中心に意見を述べている。個々の指摘が的確で的を得ていると思われ、読んだのは大会が終わった半月後くらいだったと思うが、十二分にサッカーの世界を楽しませてもらった。

私は日本代表は3連敗して敗退するのではないか、と恐れていたのだが、著者もその可能性を計算した上の周到な心の準備をして大会に臨むべきだと書いている。

書かれている中には大会で一次リーグを突破しそうなチームを予想しているのだが、楽に通過するだろうと予想されていたイタリアやフランスが敗退してしまったのは、大外れであった。しかし、あまり振るわなかったアフリカ勢の戦績はがっちり当てている。

これからも日本のサッカーを見守り、折々に評論してもらえるといいな、と思った。

|

« あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの | トップページ | ピーター流わくわく旅行術 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事