« 定年後 - 豊かに生きるための知恵 | トップページ | 宮尾登美子 「春燈」 »

2010年9月13日 (月)

宮尾登美子 「櫂」

朝日新聞社 宮尾登美子全集第一巻

先日読んだ三浦綾子の「母」と同じ本に「櫂」の第一部が載せられていたので読み、興味を持ったのでこの本を借りて第四部まで読み終えた。主人公の人生における理不尽の連続にはらはらさせられ通しで、読み終えた後は重い長編映画を見終わった時のような、ずしんと身体に残るインパクトがあった。まさに波乱万丈。小説を読むことにより自分とは違う人生を体感できるのは読書の醍醐味の一つだと思うが、それこそ目の回るような、気が遠くなるような主人公の人生を感じさせてもらえた。

ただし文体が重かった。それに加え一つひとつの文章が長く、読み進むのがかなり大変だった。まるで、現代語訳で垣間見た源氏物語のセンテンスのように感じながら読んだ。読む人によってはかなりの障害になるだろう。

また、まだまだ続きそうな筋書きなのでネットで調べたところ、続編に当たる作品もあるようである。「櫂」を読むのに相当時間がかかったので、続けて読む気にはなれないが、後日読みたい本が増えて嬉しく思う。

|

« 定年後 - 豊かに生きるための知恵 | トップページ | 宮尾登美子 「春燈」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定年後 - 豊かに生きるための知恵 | トップページ | 宮尾登美子 「春燈」 »