« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

10/31 旧中川サイクリング

まだ行ったことのない亀戸北の旧中川沿いを走ってみようと出発した。

10o31o002 途中の亀戸中央公園でこんな紅葉を見かけた。

紅葉はきれいでよいのだが、紅葉が進むと同時に寒くなるので寂しい感じが付きまとう。

10o31o005 公園の裏手で旧中川に行き当たり川沿いに北上する。

上流と下流が水門で管理されているとは言え、都市河川とは一味違うのどかな雰囲気だった。

10o31o009 こんな趣き深い門構えに興味をそそられ自転車を止めると、

立花大正民家園 旧小山家住宅と表示しており、園内を見学できるようだった。

10o31o011 これは保存されている旧民家の中から庭を撮った一枚。

思いがけず一昔前の世界に迷い込んだような懐かしい気持ちになることができた。

10o31o013 小さな家ではあったが、旧中川を散策する時に立ち寄ったら有意義に時間を過ごせる場所だと思った。写真の後ろの煙突は銭湯の煙突だった。

10o31o015 もう少し進むとこんな変わった形の煙突があった。

帰宅後調べてみたら墨田清掃工場の煙突であることが分かった。

10o31o018 旧中川はこの工場の脇で水門により荒川と繋がっていた。

荒川の向こう岸では中川が荒川に繋がっており、昔は一本の川だったように思われる。

できたらそのうち、葛飾区内の中川沿いも走ってみたいと思うが、相当体力を鍛えないと難しそうだ。

10o31o019 このあとはこの土手に沿って北上し鐘ヶ淵の辺りで引き返そうと

走り始めたのだが、疲れたのと雨が降り出しそうな空模様のため途中で日和り、

ここまでの道々姿を見せていた東京スカイツリーに寄って帰ることにした。

10o31o024 これは確か押上近辺で撮ったと思う。

10o31o028 これは浅草通りの真下に近い場所で撮った。展望台の外装がかなり出来上がっている。

10o31o030 帰り道での一枚。サクラの紅葉が始まっているようだ。

サクラは紅葉するとどんどん落葉してしまうので、あっという間に終わってしまう、という感想を持っている。

|

2010年10月30日 (土)

10/29 牛込・新宿方面サイクリング

ドン曇りではあったが健康増進のためサイクリングに出た。当初の予定は神楽坂の裏側の町をうろうろし市谷の防衛省の辺りを回ることで、そのあとのことはその時の気分で決めようと思った。

神楽坂の賑わいに比べ、その西側は意外なくらいひっそりしており地味であった。また、裏町は道が入り組んでいて、地図を見ながら右往左往したが、これも知らない土地を自転車で走る楽しみである。防衛省の裏には「お札と切手の博物館」というひと気のない施設があった。かなり人里離れたところで行きにくく、よほど関心のある人しか訪ねないだろうと思った。

10o29o000

防衛省の敷地が切れる辺りにこんな集合住宅があり、この日の一枚目を撮った。

このあとは、走ったことのない靖国通りを走って新宿に行ってみることにした。

新宿は人で溢れておりとても街なかを走れないので、一気にガードをくぐり西新宿へ。

疲れたのでみつ豆を食べて英気を養い高層ビル群をさまよった。超高層ビルに囲まれるとさすがに迫力があるし、非日常性も感ずるのであった。しかし写真を撮るとなると撮りたいビルは限られてくる。

10o29o002 これは形が変わっているし、ざるで覆われてような外観も面白かった。

10o29o005 都庁舎はやはりフォトジェニックだ。

10o29o008 意外にもこんな紅葉が楽しませてくれた。

10o29o010 これは中央公園側に回りこんでの一枚。

できれば中央公園でゆっくりしてから帰りたかったのだが日が暮れてしまい断念。

通ったことのない道を選び、代々木、千駄ヶ谷、元赤坂と回り、赤坂見附から帰ってきた。

10o29o011 これは赤坂で撮った夜景。

10o29o012 丸の内ではこんなイルミネーションで楽しんだ。

|

2010年10月28日 (木)

10/27 北総花の丘公園へ

先日ニュースで蕎麦の花が咲いていると聞き、千葉ニュータウン中央駅から北総花の丘公園に行ってきた。

10o27o010 蕎麦の花、いろいろな場所に咲いていたが花期の終わりに近かった。そのかわり、右上に見えているようにコスモスが綺麗に咲いていた。

10o27o009a 蕎麦の花は小さく、私の肉眼では蘂がどうなっているのか見えなかった。写真を拡大して初めてどんな様子か分かった。

10o27o021 10o27o025 コスモスの写真を沢山撮った。

10o27o047 花の沢山咲いている箇所から南に歩こうとすると、こんなにコスモスの咲いている場所があった。

10o27o063 こんな一本道を延々と歩くと、バーベキュー広場や自然生態園の池があった。何枚か写真を撮ったがこちらは省略。

10o27o065 ブタクサがいい雰囲気で風に揺れていた。

10o27o090 最初の場所に戻る頃にはだいぶ日が傾いていた。

|

2010年10月25日 (月)

10/23 六本木、青山方面へサイクリング

健康増進とまだ見たことのない東京探訪を兼ね、地図を見ながら六本木、青山方面へサイクリングをしてきた。

10o23o017  神谷町の辺りで解体作業中のビルが見えた。

10o23o022  タワーを足元で見上げるとさすがに迫力があった。

10o23x029  六本木に上がる芋洗坂の入り口での一枚。

中央下部には六本木ヒルズとテレビ朝日の建物が写っている。

10o23o025  人混みの六本木交差点を越えてミッドタウンに着いた。

10o23x034  ブラタモリで見たことのある坂を下り、国立新美術館の前で、また空を撮った。左下に美術館の一部が写っている。

10o23o031  青山霊園から東の方の空を撮った。蚊が多かった。

10o23o034  南青山陸橋から六本木ヒルズを望む。このあと赤坂を抜け、国会議事堂前にも寄り道し、桜田門のところで日没を迎えた。

10o23o035  もっと暗く撮れば白潰れを防げたと思うが、明るめに撮ったお陰で中央のビルの手前に補修作業中の国会議事堂が見えている。撮影した時には在るのも分からなかった。

|

2010年10月22日 (金)

10/22 椿山荘へ

先日目白のほうまでサイクリングした時に脇を通った椿山荘だが、その庭園をまだ見たことがなかったので一度訪れてみたくなった。神楽坂を散策し江戸川橋で神田川を渡り、川沿いの遊歩道に開いている門から敷地に入り庭園を散策した。中は期待したとおり良く整備されていて、深い緑が心をゆったりさせてくれた。

10o22o003  これはカフェテラスからの眺望。三重塔は室町時代のものを広島から移築したものだそうだ。

10o22o007  ホトトギスが咲いていた。

|

2010年10月19日 (火)

10/18 旧古河庭園へ

10o18o075 秋のバラフェスタが開催されている旧古河庭園に行ってきた。

10o18o030 10o18o034 10o18o041

まだ咲き揃っていない感じで来るのが早過ぎたかと思ったが、この夏の猛暑があったのだから花だって影響が出てるだろうとも思った。

10o18o043 10o18o051 10o18o058

薄曇りだったので白つぶれなく撮れた。陽が出ればもっと発色が良かったろうが、そうなればハレーションのコントロールが難しいからどっちもどっちだ。

10o18o018 こんなオブジェ、以前から置いてあったかなあ。

|

2010年10月18日 (月)

10/18 今日の夕空

今日はさほど澄んだ空でもなかったので夕焼けには期待していなかった。

日没の時間が近づいたので気分転換のためカメラを持って家を出た。

暗くなる一歩手前であったため、撮影の場所まで懸命に自転車を漕いだ。

10o18x069 いつもの豊洲公園に着くと夕空は暗くなりかけていた。

デジカメの特性だと思うのだが、実物より晴れに近い空に撮れている。実際はもっとどよんとしていた。

10o18x079 これはこの日最後に撮った写真。天頂の辺りに浮いている雲の感じが好きだ。私の持っている魚眼レンズ(ズーム)ではこれで最も広角側だが、180度見渡せて地面の四方を撮れたらもっと面白いだろうと思う。

|

2010年10月17日 (日)

10/17 今日の夕空

品川から五反田・大崎と自転車で回った後の帰り道、築地でこんな夕空を撮ることができた。曇りがちで夕焼けは期待していなかったのだが、夕焼けで一日を締め括れるのは嬉しいものである。

Temp

|

10/16 江東区民祭り

今日明日と江東区民祭りが木場公園で開催されている。

何年前だかここで鼓笛隊の演奏に魅せられたことがあり、それを期待して開幕パレードを覗きに行ってきた。

10o16o005 会場は人垣ができており容易に撮影が叶わない。

因みに、後ろに移っているスカイツリーはこの日で高さが488mとのこと。

10o16o006 幼稚園生のパレードは制服が可愛かったが音楽と言うには至るものではなかった。

10o16o007 こういう民族衣装を見られたのは良かった。

期待した鼓笛隊の行進はやはり楽しかったが、ほんの短時間で終わってしまい残念でした。

10o16o008 人波に押されてパレードを撮影するより、上空の秋空の方が楽しめた。

|

2010年10月14日 (木)

宮尾登美子 「もう一つの出会い」

宮尾登美子の自伝的小説の四部作の最後に当たる「仁淀川」を読んで、そのあと「綾子」がどうなったのかを知りたくてこのエッセー集を読んだ。昭和57年に出た本であるから、これが書かれた時から現在までの期間はどうなったの、という興味も湧くのだが、いずれにせよ著者の離婚して再婚する頃の出来事や心のあり方が書かれていて、当初の読み始めた目的は部分的に満たされた。しかしその量は少なく、「仁淀川」に続く小説の誕生が待ちどおしくなった。ほかのエッセー集にも関連するエピソードは出ているらしく、機会があれば目を通してみたいと思う。しかし小説の中の集中した物語の緊張感はこのエッセー集の中にはあまりなく、やはり「仁淀川」の続編が読みたいと感じるのだった。

|

2010年10月13日 (水)

秋のバラのシーズンに

近所のバラ園を見たらかなり咲いていた。

植物園ではバラフェスタが開催されているし、見に行きたいものだ。

Temp

|

2010年10月11日 (月)

10/11 今日の夕空

早稲田、目白方面へサイクリングした帰り、皇居前広場で夕空を撮影した。

10o11o034  標準ズームでは地平沿いに広がる夕焼け雲をカバーできなかった。

10o11x012  しかし魚眼レンズで撮るにしては雲の領域が狭かった。

とは言え、快晴の一日を締め括るパノラマを満喫できてシヤワセだった。

|

2010年10月10日 (日)

10/10 今日の夕景

今日は昨日からの雨が午前中は残り、外出する気になれず部屋で鬱々としていた。

夕方晴れ間が出たので、魚眼レンズを付けて豊洲へ自転車を走らせた。

豊洲公園の入り口ではこのように夕陽を受けた雲の列が楽しめた。

10o10x000

10o10x002  公園の水辺に出ると、一帯の空気が夕陽で金色に染まっているように感じた。その強烈な輝きに向けてシャッターを押しつつ、こんな強い光を撮影してもどこまで忠実に撮れるものやら、とも思ったものである。

10o10x014  場所を晴海大橋に移し撮影を続け、大いに楽しんだ。

10o10x025  日が暮れると続々と屋形船が橋の下を下っていった。

|

2010年10月 8日 (金)

10/8 今日の夕空

昼は曇りがちだったが夕方は晴れた。北から南に細長い、筋のような雲が何本も西から東に流れていった。昨日走り回った疲れが出ていて、本日はベランダから撮影した。しかし、やはり、魚眼レンズで空を撮影するなら、視界の開けたところでした方が良かったと思った。

10o09x003  10o09x006  10o09x010

|

2010年10月 7日 (木)

10/7 今日の夕空

10o07o090 10o07o098

中央区の晴海大橋にて撮影。魚眼レンズでも撮ってみたくなる空だったが、この日は遠出の帰り道であり、荷物を軽くするために持っていなかった。

|

2010年10月 6日 (水)

10/6 今日の夕景

Temp 豊洲公園にて撮影。今日は綺麗な夕焼けを見られなかった。

|

2010年10月 5日 (火)

10/5 今日の夕空

この日は田町のほうまでサイクリングしたら帰り道で疲れてしまい、勝鬨のコーヒーショップで休憩した。そこを出ると爽やかな夕空が茜色に染まってきたので、晴海に渡る橋の上でひとしきり撮影した。

10o05x011

まだまだ夕空を楽しめそうだったので、晴海から豊洲埠頭に渡る橋の上で続きを撮った。

10o05x018  10o05x020 10o05x026

夕空もこれで終わりだろうと適当なところできりを付け、豊洲のスーパーで買い物をして外に出ると、今度は小焼けとでも言うのだろうか、今日最後の夕映えの空だったので、急いでカメラを取り出した。それで撮ったのが次の写真。

10o05x028

|

10/5 芝、田町、芝浦サイクリング

昼食を食べようと新川へ自転車を走らせた。空は晴れたり曇ったりで、少し暑かった。

10o05x005 左上から流れる秋の雲と対照的に右下には積雲が。

食後宝町の公園で一服しこれからどうするか長考の末、日比谷通りを一直線に南下してみようと思い立った。

10o05o026  昔、会社に入る時の検診を受けた慈恵医大が懐かしく寄り道してみたら、緑濃い小山が見えてきたので近寄ると愛宕山だった。

10o05o027 芝公園では東京タワーを撮った。

日比谷通りを直進すると田町で第一京浜と突き当たった。

田町の雑踏を抜け、線路を越えて芝浦のほうへ回った。

10o05o029 これは珍しい古い造りの店があった。

10o05x009 この秋空は芝浦の運河に掛かる橋の上で撮った。

(以下、10/5 今日の夕空に続く)

|

2010年10月 4日 (月)

10/4 若洲サイクリング

曇り空で時たま雨がぱらつくなか、健康増進のため若洲を自転車で走ってきた。

天候が悪いので、持参したカメラはコンデジ。

10o04p001 若洲北端の船着場。舟でゴルフに来る人もキャンプに来る人も居ないだろうに、なぜ船着場があるのか不思議だ。

釣り人が集う防波堤の向こうには、建設中の東京港臨海大橋(仮称)が。工事もかなり進んだ感じだった。現在は通行止めになっている入り口を見る限り、自転車の通行は認められそうもない。何とか通れるようにしてもらえないものだろうか。

10o04p006

10o04p007  ここそこに彼岸花が咲いていて風情を感じた。

10o04p013 今シーズンは百日紅をまだ撮っていないことを思い出し撮った。

10o04p012 ゴルフ場脇のサイクリングコースを走り抜けようとすると、このようなパネルが道端に展示されていることに気付いた。見ると広重の東海道五十三次が全部、何十メートル置きかの間隔で展示されている。これまでにこの浮世絵をゆっくり見たことがないので、これは良い機会だと思い、一枚一枚、自転車を止めながら鑑賞させてもらった。

10o04p009 中には鳥の糞で汚れ見るに堪えないパネルもあったが、概ねゆったりと楽しむことができた。こんなところで思いがけず美術鑑賞ができたことに大いに喜び、改めてこの画集の素晴らしさを確認することもできた。

10o04p014 帰り道ではこんなくっきりとした朝顔が咲いていた。

|

2010年10月 2日 (土)

10/2 今日の夕景

さっぱりとした秋の空気と晴天に誘われ、今日は魚眼レンズを装着して豊洲に出掛けた。

撮影した場所はララポートの裏。

10o02x021 私の頭の中ではこの辺りはちょっと前までIHIの工場だった場所

Temp 今までララポートの裏にこんな小庭園があるのを知らなかった。

10o02x028 これは太陽の形を出したくて、思いっきり暗く撮影した。

10o02x034 もっと雲が出てくれたらよかったのに、と思う。

10o02x044 これは豊洲の超高層住宅を枝川側から撮っている。

|

2010年10月 1日 (金)

10/1 今日の夕空

晴れても暑くならないのは、天からの何よりの贈り物のように思えてくる。

今年の夏は本当にきつい夏だったが、やっと快適になってきた。

10o01o005

今日の午後、豊洲のララポートの裏でこんな空を撮影したのだが、一旦家に帰りベランダから見ると夕空も綺麗になりそうだったので、再び豊洲へ。豊洲公園で撮影した。

10o01o017 10o01o018 10o01o020_2

夕日に染まった雲の帯は夕空を横断して東側まで伸びていた。

魚眼レンズを持ってきていれば面白い写真を撮れたのに、と悔やまれた。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »