« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

6/27 祝なでしこ緒戦勝利

女子サッカーワールドカップのグループリーグ緒戦、面白かった。
全体的に優勢を保っていたが、フィジカル勝負を挑まれると抑えきれない局面がどうしても出てくるので、失点は計算して観戦したほうが良さそうだと思った。平均身長ではニュージーランドの方が5cmも高いのだそうだし。一対一のボールの取り合いでも結構負けていたが、集団の囲い込みによりまたボールを奪取してしまうチーム力はさすがだと思った。全体的にゲームを支配してはいたが、後半の中盤辺りまでは「引き分け、最悪負け」もありうると思いながらのスリリングなゲームをテレビ観戦できたと思う。もちろん、点は取られてもより多く得点して勝つ可能性が高そうだと思ったし、そう信じて応援したのだが。
終盤になってニュージーランドの方が先にばててしまったので、「この試合は勝てそうだ」と思うようになった。あれだけ相手にプレッシャーを掛けながらスタミナで凌駕したのは心強かった。
なでしこはスピードのあるフォワードが揃っていて、攻めに迫力があり、魅力的だった。

| | コメント (0)

2011年6月25日 (土)

6/23 有明方面ぶらりサイクリング

暑い日であったが、日が傾き始めてから自転車でふらりと外に出て、気の赴くままに湾岸方面へ向かった。

11236672_640x480 辰巳の森海浜公園で夕日を浴びる木陰が印象的だった。

11236673_640x480 湾岸道路を横切り一番海側の道から東京ゲートブリッジが見えた。

聞き及んでいた通りもう繋がっている。

11236677_480x640 そこから有明の島に渡る橋の上での一枚

11236680_640x480 ビッグサイトの横で。上空のちぎれ雲を入れるため広角レンズ使用

11236691_640x480 ゆりかごめの引込み線を越え鉄鋼埠頭など未踏の地を走り、有明西埠頭公園に出た。ここにこんなスペースがあることさえ知らなかったので、なにかわくわくした。

11236696_640x480 そこから日没とは反対方向に浮かぶぼぉーっとした雲を撮った。

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

6/22 世界報道写真展2011

そっち方面をサイクリングしたついでに、恵比寿の東京都写真美術館で開催されている「世界報道写真展2011」を見学してきた。入場料700円ならちょっと見ていこうという気持ちになれる。

写真展を順路どおり回ると、まずは社会問題を告発したり大災害を報道する写真がずらずらと並べられていた。ポスターに使われている鼻を削がれた女の写真とか、ハイチ大地震、四川大地震の惨状を伝える写真、人殺しの過程を写した写真などなど。陰惨なものをたくさん見せられるのは覚悟していたので、写真からショックを受けることはさほどなかった。むしろ作り物の映画のほうが怖いかもしれないと思う。更に感じたのは、こういう写真はニュース記事の横に置かれて初めて存在価値があるのではないか、という点。夥しい数の死体が横たわっている写真も、私の目には単に裸の男たちがうつ伏せに寝ているのかな、と見えたくらいで、どういう状況で何を撮影した、という説明がないと恐ろしさが分からない。

そんなことを考えながら順路を進んでいくと、野鳥の写真が数枚展示されていた。生き生きしているし、生命を維持するのに必死に生きている姿が、説明を読まなくても瞬時にして理解できた。

次に展示されていたポートレート群はどこが報道写真なのか良く分からなかったが、カメラを意識した人の表情を見ると、優れた人物写真って本当にいいよな、と再認識させられた。

スポーツ部門の写真は「決定的瞬間」ものがほとんどで、野鳥写真と同様、超望遠レンズと夥しい枚数の撮影が必須と思われた。職業としてそういうシーンを狙うのは理解できるが、個人的には気の向かない分野である。

付属の小部屋では東日本大震災の報道写真がスライドショーとして映し出されていた。当然ながら画面を見れば何が写っているのか良く分かる。10分ほどの上映時間だが、画面に釘付けにされあっという間に見終わった。ここでは「インパクト」狙いが見えみえな写真は、すぐそれと分かってしまうことが分かった。それにしても、このように写真美術館と名の付く場所で紹介するのであるから、もっとプロジェクターのピントを良くできないものだろうか。元となる報道写真はきっちり写っているもの、と想像するのだが。

| | コメント (0)

6/22 恵比寿、目黒、白金方面へサイクリング

父の日に子供からもらったアウトドア・ウェアのひとつである長袖の速乾性インナーを試そうと、自転車で少し遠くまで走ってみることにした。おりしも恵比寿の東京都写真美術館で「世界報道写真展2011」が開催されているので、今回のサイクリングはそれと引っ掛けて挙行。

11226629_640x480 浜離宮庭園脇の水路は通るたびにカメラを向けている。

30度を越す気温ながら、上半身薄でのインナー一枚だと風通しが極めて良いうえに、長袖なので日焼けせず、色が黒なので透けることもない、といいことずくめであった。

おかげで恵比寿には労少なくして到着することができ、写真展も気持ちよく見られた。

その後目黒駅前のうどん屋で昼食をとり、白金台から白金高輪へ降りる坂を途中で左折、これまで足を踏み入れたことのない白金の高台を見学し下界に戻った。この間写真に撮りたいものには出会わなかった。地図なしで走ったため白金で方向感を狂わされ、田町に出てしまった。

11226641_480x640 そして芝公園をしばらく散策することにした。

11226648_640x480 増上寺脇の惣門をくぐって中の公園を探検。

11226642_480x640 ネジバナをここで見られるとは思わなかった。

Photo 何枚か撮った中から切り抜いたのがこれ。私の肉眼では白い部分のつぶつぶ感は全く判別できない。

11226664_640x480 11226670_640x480 夕暮れ時は晴海埠頭公園で写真を撮った。

| | コメント (0)

6/21 小岩菖蒲園へ

これまで行ったことのない小岩菖蒲園に行ってきた。

菖蒲園は江戸川駅から歩いてすぐの江戸川の河川敷にあり、背景に対岸の国府台の台地が控えるなかなか風光明媚な場所にあった。

Imgp1622_640x428 Imgp1626_640x428

Imgp1646_640x428 園のすぐ脇を京成線が走っている。

Imgp1638_640x428 Imgp1642_640x428

ハナショウブは、被写体が減ってくるこの季節、アジサイと並んで私を楽しませてくれる。

Imgp1674_640x428 京成の鉄橋をくぐり、JR小岩駅まで歩いてみることとする。

気温が高めだったことと最短距離を歩かなかったこととで、ちょっと疲れて駅に付いた。

Imgp1675_640x428 でもって、フラワーロードのファミレスでパフェを食べて休憩した。

| | コメント (0)

2011年6月17日 (金)

6/16 明治神宮御苑へ

早めに目が覚めたので明治神宮の花菖蒲を見に行くことにした。

深い森の中の菖蒲田という趣のところで、朝早ければあの猛烈な人ごみを避けられると思ったからである。

11166531_800x600 11166533_800x600

例年通りの景色の撮影を楽しめた。この日は気温も低めで快適だった。

一通り写真を撮って引き返すと、バスガイドの旗に導かれた大勢様と遭遇。

11166581_800x600 いつもの好きなスポットでこれを撮ってから園の外に出た。

明治神宮の宝物殿前を経由し西門から出て代々木公園に寄ってみた。

11166603_800x600

公園の外縁の土手は丁度目の高さに花が咲いており、近接撮影を楽しんだ。

11166610_800x600 11166613_800x600

| | コメント (2)

2011年6月14日 (火)

6/13 堀切菖蒲園へサイクリング

梅雨もまだ前半なせいか比較的過ごし易い気温が続いている。

そこで荒川を木根川橋で渡り堀切菖蒲園に自転車を走らせた。

11136454_800x600 花菖蒲は見頃。平日なので混雑もなかった。

11136465_800x600 11136473_800x600 11136497_800x600 11136507_800x600 140-600mm相当の望遠レンズが役立った。

11136508_800x600 休憩所内に飾られていたこの株、外光の透過が美しかった。

11136515_800x600 帰り道、墨田区の荒川土手でこんなアジサイを撮影。

このあと亀戸であんみつで休憩し帰宅した。

前日の王子同様、帰路の後半は若干ばてた。もっと鍛えなきゃいけないです。

| | コメント (2)

2011年6月13日 (月)

6/12 飛鳥山公園脇のアジサイ

どんぐりさんに教えていただいた飛鳥山公園脇線路沿いの紫陽花を見てきた。

移動手段は自転車。不忍通りから田端駅前を横切り、明治通りから王子に回り込み、アップダウンを避けた。

11126436_800x600 左側は飛鳥山、右はすぐJRの線路である。

11126428_800x600 この小道は飛鳥山公園の横幅の分伸びていて結構長い。

11126425_800x600 近所の方々の格好の散歩道、という感じだった。

アジサイはまだまだたくさん咲きそうだった。

11126393_600x800 11126412_800x600 11126431_800x600

帰りは隅田川沿いに少し遡ったあと、鹿浜橋から荒川河川敷を一路河口まで

走ろうとしたが、逆風にめげて四つ木から三つ目通りを使用。

11126439_800x600 向島の路傍でこんなあでやかなガクアジサイを見つけた。

| | コメント (2)

2011年6月10日 (金)

6/10 横十間川親水公園のハナショウブ

区の能講座を受講するついでに、近所では一番まとめて花菖蒲を見られるこの公園を訪れた。
夕闇迫る中、割と気に入った写真が撮れたので一枚掲載。
11106376_1024x768


| | コメント (0)

2011年6月 9日 (木)

6/9の季節の花

読書会の課題本を求めに神保町へ自転車を走らせた。

途中、いつものスポットで、例年通り咲いている花の写真を撮った。

11096362_640x480 タチアオイ、江東区永代にて

11096364_640x480 江東区永代にて このガクアイジサイは一つひとつの花に周辺部の顎と同じ色の小さな顎が付く珍しい種類だ。

11096372_640x480 永代橋西詰めにて ここのアジサイは咲くのがいつも早い

神保町から北の丸公園に回った。武道館はAKB48のイベントが開かれるらしく、九段下から武道館まで大変な人波で、自転車を押して歩かねばならなかった。

11096373_640x480 北の丸公園の池ではハナショウブガ見頃になっていた。そろそろハナショウブを撮りに行って見ようと思った。

11096375_640x480 江東区豊洲にて。これは堀切菖蒲園でも見たことのある外来種の花なのだが、名前は覚えていない。

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

6/8 豊海水産埠頭へ

梅雨空が続いているが、午後になると晴れ間が出たので、ぷらぷらと自転車を走らせた。

まずは相生橋の中ノ島公園のガクアジサイが綺麗だった。ここはもう見頃だ。

11086352_640x480 11086353_640x480

清澄通りを直進し豊海水産埠頭に突き当たる。空が綺麗だった。

11086360_640x480 お台場とレインボーブリッジ方面。こちらの方向は気に入った写真が撮れたことがない。

11086355_640x480 竹芝桟橋方面

11086356_640x480 築地魚河岸、勝鬨橋、聖路加方面

11086358_640x480 スカイツリーは所定の高さに達しクレーンを解体中だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

6/3 谷津バラ園

梅雨の晴れ間を有効に使おうと思い、谷津バラ園を訪れた。

Imgp1592_640x428 バラ園の入り口には「満開」と表示されていた。

すでに終わって朽ちかけている花も多かったが、十分撮影を楽しめた。

Imgp1584_640x428 販売されている鉢の一角は特に見事な花が多かった。

以下は撮った中の割と気に入った写真を列挙します。

色飛びを抑えようとするとどうしても暗めに仕上がってしまうのが難点とは思いますが、、、

Imgp1533_640x428 Imgp1536_640x428 Imgp1539_640x428 Imgp1544_640x428 Imgp1546_640x428 Imgp1547_640x428 Imgp1561_640x428 Imgp1566_640x428 Imgp1567_640x428 Imgp1576_640x428

バラ園を出た後は健康増進のためJR津田沼駅までぶらぶら歩く。

事前に地図を見ずに歩いたため、最短距離の2倍ほどを歩くこととなった。

途中は平凡な住宅地で何も面白くなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

6/3 アルストロメリア

本日は谷津バラ園へ。

バラは最盛期を過ぎた感じがしたものの、まだまだ綺麗に咲いていた。

バラ園を出ると、好きな花、アルストロメリアが咲いていた。

Imgp1613_800x536

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

6/1 葛西臨海公園へ

サッカーの国際試合の中継が始まる前に体を動かしておこうと思い、葛西臨海公園へ自転車を走らせた。いつものとおり荒川河口橋を渡るのにひと汗かいたほかは快適なサイクリングだったが、曇っていて景色は冴えず、公園の花もあまり咲いていなかったのでちょっとがっかりした。

Imgp1525_800x536 睡蓮は、水鳥から守るためなのか、周りを網で囲まれていた。

Imgp1528_800x536 このお花畑は最盛期ではないように見えた。

帰宅後サッカーU22の日本対オーストラリアの試合とフル代表日本対ペルーの試合を連ちゃんでテレビ観戦。サッカーがいくら面白くても、二試合を立て続けに見るのはさすがに集中力が続かなかった。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »