« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

7/30 日テレベレーザ対伊賀くの一

平塚競技場で行われたなでしこリーグの日テレベレーザ対伊賀くノ一戦を観戦してきた。

入場料無料、競技場のメインスタンドのみを開放しての試合だった。平常時どのくらいの混み方なのかは知らないが、この日はワールドカップ優勝の余波が続いているのだろう、私一人の席を探すのに時間がかかるほどだった。

観客には割りと年配の人が多く、かなり意外な感じがした。何回かJリーグの試合にスタジアムに足を運んで見た感じだと若い人中心だったからだ。この日の観客構成はどうしてなのだろう。入場料無料だったからか。

試合開始前になでしこジャパンの佐々木監督が観客席に現れ、周辺の観客が取り囲んだ。見事な采配でなでしこを優勝に導いた偉大な監督をこの目で見られたことは誠にラッキー。私も立ち上がり、拍手の輪に加わった。監督の柔和な笑顔は魅力的だ。ワールドカップ決勝のPK戦前に見せた笑顔とオーバーラップする。心底尊敬する。

さて試合だが、楽しみにしていた岩渕選手は出場しなかった。リザーブにも登録されていなかった。試合後に行われたワールドカップ優勝報告と挨拶には岩清水選手と共にユニフォーム姿で登場したのに、なぜ出場できなかったのだろうか。ワールドカップの初戦で見せたあの胸のすくような鋭いターンと速いドリブルをこの目で見たかったのに、誠に残念。怪我でもしていたのか。

試合内容では日テレベレーザが伊賀を圧倒していた。ちゃんと形を作って攻めまくるベレーザは、ワールドカップ決勝でのアメリカのようだった。しかし、散発的、非組織的ながら、数少ないチャンスの一つをモノにしたくノ一が追い付き、試合は引き分けとなった。実にサッカーは何が起こるかわからない。数あるチャンスをモノに出来なかったベレーザには気の毒な結果となったが、やはりサッカーは点を入れないとこういうこともある、という見本のような試合だった。

テレビ中継であれば分からなかったと思うが、ベレーザのCB二人がMF陣よりかなり後方に控えていたのが目立った。くノ一のカウンターに備えた位置どりなのか。もっとコンパクトに布陣すれば攻撃に厚みが増し、多少失点しても勝利する確率は高まったと思うのに。

さて、蛇足ながら、久しぶりのサッカー観戦の印象をひとこと。

私がスタジアムに足を運ばない一因はうるさい応援なのである。落ち着いてゲームに浸れなくなるからだ。野球にしろサッカーにしろ、素人が練習試合をしている横で眺めているのは実に楽しい。選手、コーチ、応援の家族・友人が発する声は見ている私をうきうきさせてくれる。しかし平塚競技場でも小規模ながら鳴り物入りの応援をする応援団が居て、選手が発する声が聞こえなくなった。幸いなことに応援団の鳴り物はのべつ幕無し鳴り響いていたのではなく、鳴り物の音が止んでいる間に聞こえる試合そのものの音響は心地良かった。応援団の方々は応援するチームを盛り上げようと頑張り続けているのはよくわかる。声を揃えての応援は結構だ。でもあの一本調子の太鼓を叩くのはやめてもらえないだろうか。笛、太鼓、鳴り物の応援は子供の運動会や学生の応援団がルーツなのか、日本の伝統と言えるのかもしれない。でも応援を声に限ってもらえたら、スタジアムでの観戦はずうっと楽しくなると思う。私はもっと足しげくスタジアムに通うようになるだろう。

もうひとつ。

どんより曇った競技場では、特に試合後半、夏の夕方にしては薄暗くなり、選手の背番号も良く見えなくなってきた。立派な照明設備があるのに使えないのは選手に気の毒な気がした。

最後にまたもうひとこと。 なでしこリーグの結果はNHKのJリーグタイムでも紹介されなかったし、翌日の日経朝刊にも何も報道されなかった。ナショナルチームの動向はけっこう注目されるのに寂しいです。 まだまだなでしこジャパンは勝ち続けなければならないようだ。

| | コメント (0)

2011年7月27日 (水)

7/26 日光植物園へ

青春18切符を使い、宇都宮経由日光まで日帰りしてきた。

以前から宇都宮で餃子を食べてそのまま帰る旅行を思い描いていたのだが、乗り換え案内で見ると、あと40分電車に乗れば日光に行けることを知り、これまで訪れたことのない日光植物園も見られるし、夏になると毎日のように降雨表示が出る栃木北部の気候も体験できるだろう、と期待しての出発となった。

11266713_640x480 宇都宮駅前の餃子像 駅前の店で餃子二皿を食べ昼食とした。

特別おいしいものではなかった。

日光駅を出ると雨が降り出し、バスが来るまでの時間は土砂降りとなった。

気温は平地より低くて嬉しかった。電車の中とあわせ、結構な避暑をすることができたと思う。

植物園に着くと、雷鳴が轟いていたが雨はほぼ止み、人影の少ない園内を散策した。

シーズンを外れているので花はとても少なかった。

11266716_640x480

11266720_640x480 トラノオの仲間でしょう。

11266722_640x480 キョウカノコに似ているが葉っぱが違うような気がする。

11266723_640x480 萩くらいは知っている。

11266732_640x480 園内は大谷川の谷沿いであるためアップダウンがやたら多い。

11266748_640x480 11266728_640x480 でも落ち着いた散策をすることができた。

11266754_640x480 こんな急流を眺める場所も用意されていた。

11266770_640x480 帰りにJR日光駅前にて 隣接する東武日光駅に比べるとひっそりしている。

このあと帰り道でも宇都宮でネギ味噌焼餃子を食す。

日光がゆったり日帰りできる場所にあるということを確認できた一日でもあった。

(いろは坂を登るとバス代が掛かるので、日帰りはもったいないです)

| | コメント (2)

2011年7月24日 (日)

7/24 がんばれ、なでしこリーグ

ドイツでのワールドカップ優勝の結果、メディアも女子サッカーに目を向けるようになり、今日はwowwowの無料放送で神戸対千葉のなでしこリーグの中継を見せてもらえた。

試合会場には、ワールドカップで感動したのだろう、17,000人の観衆がつめかけ、女子サッカー界には大変喜ばしいリーグ再開になったように見える。ドイツ大会以前は平均900人程度の動員だったのだからえらい差だ。この盛況が続くといいのだが、そのためには見に来た観客が試合を堪能して帰れるようにならなければならないだろう。

試合の中身はどうだったか。私には「これじゃあ今後長い間大観衆を集め続けるのは無理だろう」と思えた。リーグの中で唯一サッカーに専念できる環境の神戸には有力選手が集まっていて、千葉との力の差は大きかった。神戸以外のチームの選手は仕事を済ませてから夜練習するのだそうだ。それじゃあ神戸と対等に張り合うのは無理だろう。

それにしても相手チームにはもっと勝利への執念を見せてもらいたかった。アマチュアだからそんなに勝つことに執着しなくてもいいのだろうか。

しかし、今の経済環境だと女子サッカーリーグがプロ化してやっていくのも無理だろう。

やはり日本代表のなでしこが勝ち続け、なでしこに憧れる若者で女子サッカーの競技人口を増やし、裾野を広げていく、という、時間のかかる道筋を進むしかないのかなあ、と思う。国内の女子サッカー競技人口は4.6万人と聞く。その国の代表チームが競技人口200万人を越えるアメリカからワールドカップ優勝を奪ってしまったのだから驚くが、これを機に大幅に競技人口が増えたら、と願う。

こんな意味でも、9月のアジア地区最終予選を楽しみにしている。

| | コメント (0)

2011年7月22日 (金)

先人への謝意、強さに (22日日経朝刊)

本日の日経朝刊スポーツ欄のコラム「アナザービュー」は、なでしこジャパンの快挙に寄せた一文で、一読して我が意を得た気持ちになった。
まずは、なでしこが磨き上げつらぬいた独自性が重要だったと。この部分は私としては「そんなに独自のものではなく、磨き上げられたパスサッカーと相手の自由に動かさせないポジショニングの成果」と思った。相手に走り負けしないスタミナも勝因の基礎として忘れられないだろう。

しかし次の「(今もそう変わってはいないが)不遇の時代を懸命に支えてきた先人たちへの謝意」が彼女たちの強みだとする意見は全く同感。今後も後進の道を広く開拓するために頑張って欲しいと思うし、今回の快挙はその方向に大きく貢献するのは間違いない。男子選手もこの辺りを考えてみないといけないと思う。

筆者の武智さんは、しっかり休んで9月のロンドンオリンピックアジア最終予選に備えてくれと心配している。
中国で開催される最終予選は9月1日から。タイ、北朝鮮、韓国、オーストラリア、中国と戦って上位の2チームに入らないと、ロンドンオリンピックの出場権を逃すことになる。タイ以外のチームは、なでしことそんなに変わらない力を持っているので、厳しい戦いになるのではないだろうか。ワールドカップ優勝という金字塔は忘れて掛からないと痛い目にあう。どのチームにも日程は共通だとはいえ、最初の3戦は中一日という気違いじみた強行スケジュールである。だから一層思う。予選に向けてコンディションをうまく調整してください、と。ワールドカップでのモーティベーションとコンディショニングを維持できれば出場権獲得は可能、と考えるものの、サッカーは何が起きるか分からないのである。(だからワールドカップで優勝できたのだが)

ところで心配事。アジア最終予選はテレビ中継してくれるんだろな。

→ NHKが独占中継するとのこと

| | コメント (0)

2011年7月19日 (火)

下流の宴

NHKのドラマ「下流の宴」最終回は思いも寄らぬ展開と結末だった。

教会でのシーンは実にドラマチックで胸を締め付けられるように感じた。

ユーモラスなタッチでありながら、とてもとてもシリアス。

林真理子の小説は図書館で何ページかめくったことがあるのだが、あまり面白くなさそうだったのでまだ読んだことがない。さっそく読んでみようっと。

| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

祝なでしこ優勝

終わってしまって寂しくなると思っていたのだが、メディアはワールドカップ・ドイツ大会優勝のニュースのオンパレードで、ゴールシーンを繰り返し繰り返し目にすることとなり、不思議なことにそのたびに感激を新たにしている。よくぞ諦めずにプレーを続け追い付いたものだと、心から選手の皆さんに敬意を表したい。

それにしても信じられないような快挙だ。ワンランク上だと思っていたドイツに競り勝ち、私には浮沈戦艦のように勝ち目がないように見えたアメリカと引き分け、PK戦を制したのだから。

誰から見ても立派な優勝なのだが、何かすべてがうまく行き過ぎてしまったような、繰り返しになるがやはり信じられないようなワールドカップとなった。

でも、ドイツやアメリカより強くなった、とは思わないほうがいいのではないだろうか。

この大会を戦う中でなでしこは着実に成長したと思う。ついに最強レベルのチームと互角に戦える段階にまで至ったと思う。このレベルを今後も是非とも保って欲しいと願うものだが、それはなかなか難しいだろう。競技人口も少ないし。

この偉業を目にした少女たちの中からサッカーをやり始める子がたくさん出て、国内の女子サッカーがもっと盛んになればいいのだが。そして、日本代表としての国際試合しかメディアに乗らない女子サッカーが、せめてJリーグ中継くらいの頻度でも良いからテレビで見られるようになって欲しいものだ。

蛇足ながら、サッカー好きの皆さんにはFIFA.comのホームページの女子サッカー・ワールドカップ・ドイツ大会のホームページに掲載されているNewsと、その記事に投稿される世界のサッカーファンからの反応を一読されることをお勧めする。(英語) 日本のメディアとは違った観点でなでしこを見ているのでとても面白い。特に、優勝したあとの記事を読むと、なでしこの快挙がどんなに大きく評価されているのかが分かり、沢の偉大さが再認識できるようになると思う。

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

祝なでしこ決勝進出

準決勝の対戦相手であるスウェーデンは準々決勝でオーストラリアを3-1で一蹴して準決勝に進出してきた。その試合もテレビで観戦したのだが、スウェーデンって凄く力強い上に組織的なサッカーもできるチームだという印象を持った。オーストラリアって日本代表が対戦するとなかなか勝つことができないチームなのである。そのオーストラリアをスウェーデンはほぼ完璧に抑え込んで勝っていた。スウェーデンとの過去の対戦成績を見るとなでしこにとって比較的相性のいいチームではあったが、あの力を見せつけられると、なでしこが力を出し切っても五分五分の勝負になるのではないかと思わざるを得なかったのである。(因みにドイツとは二分から三分くらいしか勝ち目がないと思っていた)

それが蓋を開けてみると、相手をほぼ完璧に抑え込み3-1で快勝した。

最初の失点はなでしこがよく失点するパターンで、ディフェンスでの玉回しのミスを衝かれて先制されてしまったのだが、ここでどたばた慌てなかったのが凄いと思った。なでしこは攻守のバランスを崩すことなく体勢を立て直し、そんな時間が経過しないうちに鮮やかな速攻で同点に追いついた。このワールドカップで初めて先発した川澄選手の得点で、後半にも得点した川澄選手はなでしこの豊富な戦力を印象付けた。

なでしこはゲームを全般的に支配し、好機を作っては効果的に加点する、という理想的なゲーム運びを実現、予想外の快勝となった。同点に追いついた後の試合は危なげなかった。ドイツ戦でも感じたことだが、日本の守備の前に相手の獰猛さと言うか力強さが抑え込まれてしまうのだった。私のような素人から見ると、それがなぜなのか、ちょっと不思議な気持ちがしないでもない。攻撃する相手に掛ける守備のプレッシャー。相手のパスコースを消す。一対一で抜かれてはならない場面ではたちまちのうちに相手を複数の選手が囲い込む。忠実に走り回る選手たちは疲れを見せなかった。むしろスウェーデンのほうが後半動きが落ちたように見えた。

考えてみればなでしこの試合日程は主催国ドイツがこなすべき道筋だったのだ。スウェーデンが前の試合から中二日でこの日に臨まねばならなかったのに対し、日本のほうは中三日。これは主催国ドイツが予選リーグを一位で通過し準々決勝でも勝つことを念頭に入れて工夫された日程だったのではないだろうか。そのドイツを破ったことでこの恵まれた日程をもぎり取ったのである。

その意味では、中二日のきついスケジュールでもブラジル、フランスと打ち破ってきたアメリカの体力、精神力は超ド級のものと言わねばならない。アメリカはブラジル戦で退場者を出し一人少ない中、敗戦寸前のところを神がかった時間ぎりぎりのゴールで追いつきPK戦で勝ち上がってきた。

日本のアメリカに対する対戦成績は確か0勝3分け21敗とのこと。あの「絶対勝つんだ」という気持ち丸出しのプレーは時としてラフなところがある。おそらく決勝では日本の選手がアメリカの選手に吹き飛ばされる場面を何回も目にすることになるだろう。

この大会を通してなでしこは急成長した、と思うので、決勝戦は女子サッカー・ワールドカップ史上語り継がれるような、好試合になることを期待したい。そしてあわよくば勝ってくれたら、と願うものである。そして普段はなでしことしての国際試合しかメディアに載らない国内の女子サッカー認知度が上がり、国内リーグを目にする機会が増えてくれればなお嬉しい。

| | コメント (0)

2011年7月13日 (水)

7/12 葛西臨海公園へサイクリング

暑い暑い日ではあったが、家で暑さに耐えているより外で風に吹かれるほうが気持ち良いので、自転車で外を走ってみることにした。夏空に浮かぶ積雲の写真も撮ってみたいと思っていたこともある。

速乾性の長袖、スポーツタイツに半ズボンという今夏用のウェアに加え、最近家族から贈られた保冷剤を首に巻いて万全を期した。

Imgp1800_800x536 清砂大橋で荒川を渡る。

強烈な海風を右方向から受け、カメラを構える体がずいぶん揺すられた。

でもそういう風は速乾性ウェアを吹き抜けるので気持ち良かった。

Imgp1811_800x536 橋を渡ると護岸のサイクリングロードを左方向に下った。

完全な向かい風で数段ギアを落とさないと漕ぐのがきつかった。

Imgp1819_800x536 荒川河口橋を過ぎて下ると、若洲の風車越しにゲートブリッジが威容を見せていた。

Imgp1822_800x536 臨海公園沖合いの船はいつもの風景だが、強風で白波が立っていた。

Imgp1824_800x536 公園内に咲く合歓の花

Imgp1827_800x536 この並木道の木陰は涼しくて、ベンチでリゾート気分を味わえた。

Imgp1837_800x536 強烈な日差しの逆光下での一枚

このあと公園の売店でソフトクリームを求め日陰で食べたあと、荒川河口橋を渡って帰る。

保冷剤は出発から一時間半ほどで冷たさを失っており、帰りの行程はとても暑かった。

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

なでしこ、ドイツから金星

一次リーグ最終戦(対イングランド)で見せた意外な弱さ、疲れと、そのあと中継されたドイツ対フランスの試合でのドイツの圧倒的力強さを考えると、ベスト4をかけた今朝の試合の結果は到底想像できなかった。イングランド戦でやや影を潜めていたファイティングスピリットが今回戻ってくるだろうとは予想していた。イングランド戦では負けても決勝トーナメント進出が決まっていたが、今回は負ければおしまいだからである。この点に関しては予想通り戦意が高く、また前試合から今朝にいたるまでのコンディション作りにも成功したようで、選手の動きも軽くなっていたと思う。

ドイツのあの高さ、力強さを考えると2~3点の失点は覚悟すべきだと私は考えていた。なでしこに勝機があるとすれば、それを上回る得点を得意のパスサッカーで取り、乱戦に持ち込むことだろうと思っていた。

しかし、結果としてドイツに得点を許さず、延長後半に数少ないチャンスを決めて勝ってしまった。決定的得点機はドイツのほうが圧倒的に多かったのだが、チャンスでドイツのシュートがことごとく枠を外れたのは、単に運が良かったのではなく、なでしこが必死に相手にプレッシャーを掛け続けたからだ、ということを抜きに考えられない。もちろん運も味方だったのだが。

サッカーは必ずしも強いほうが勝つとは限らない。だからゲームを見ていて面白いのであり、選手のやる気にも繋がっていると思う。あれだけ屈強なドイツを相手に最後まで諦めず走り続けた選手たちを賞賛したい。

試合後の談話で選手の多くが「勝ってびっくりした」、「勝てるとは思わなかった」ともらしていたが、試合前のインタビューでは「最善を尽くして勝ちます」と言っていたのを思うと、本音ではやはり苦戦を覚悟していたのだと分かり微笑ましいと思った。

今日で見納めになる可能性が高いと思って見ていた今大会でのなでしこを、あと二試合も見られるようになったのはとてもありがたいことだ。選手たちに悔いが残らぬような、力を出し切れるような試合をできるよう祈りたい。

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

7/4 千葉公園の大賀蓮

千葉公園のホームページの開花状況案内によるとそろそろピークのようなので、総武線に乗って見に行った。ハスは昼前に多くが花を閉じてしまうので、できるだけ早く公園に着こうと、朝食を食べずに家を出た。

Imgp1729_800x536 週末を避けたので比較的ゆったりと写真を撮ることができた。

また、かんかん照りではなかったためか、自分に気に入る写真をたくさん撮れた。

Imgp1713_800x536 Imgp1714_800x536

Imgp1760_800x536 散りかけてもなお妖艶

Imgp1733_800x536 葉の影で咲く一輪も撮ってみたら、見た目と異なり日向の色合いのように写っていた。

Imgp1747_800x536 蓮の香りにうっとりしているのか、近づいても逃げないでくれた。

Imgp1765_800x536 強い風が吹くと葉が捲り上げられ、一瞬蓮田の色合いが変わってしまうのが面白かった。

Imgp1783_800x536 いつものように出口のところに咲き残るアジサイを撮った。

帰りは千葉駅を越え、モノレール沿いに京葉線の千葉みなと駅まで歩くことにした。未踏の地をさまようのはいつもながら楽しく、沿線の街も想像以上に開けていて面白かったのだが、こんな街並みの先で線路が途絶えてしまった。

Imgp1790_800x536 Imgp1791_800x536

千葉駅から3方向に走っているモノレールの、関係ない方向の線に沿って歩いてしまったのだ。そこから千葉みなとへの道は簡単に分かったが、最短距離の3倍くらい歩くこととなり、あやうく熱中症か、と思うような羽目に。もう少し地図を頭に入れておけば良かった。

| | コメント (0)

2011年7月 2日 (土)

6/29 向島百花園へサイクリング

晴れた蒸し暑い日だったが、追加入手したタイツに半ズボン、上は速乾性長袖インナー、頭には日よけシェード付きのキャップを着用し自転車を走らせて見た。行き先は未定で出発し、木場公園、大横川親水公園、東京スカイツリーと通過するうちに、はずみで向島百花園まで至った。

もう少しコンディションが良ければ隅田川を渡って南千住辺りまでも、と思うところだが、今回は百花園を回って先は断念した。やはり「暑い」のである。タイツは日焼けを防いでくれたが通風性が期待したほどなく、快適とは言えなかった。むしろ保温性が高く、冬のインナーとして使うのが適当そうだ。

Imgp1676_640x428 Imgp1680_640x428 木場公園都市緑化植物園にて

Imgp1681_640x428 木場公園テニスコート脇の七夕飾り

Imgp1683_640x428 トラノオの一種だと思う。向島百花園にて

Imgp1688_640x428 これから咲くアジサイも見かけた。花期が長くて楽しませてくれる。

Imgp1693_640x428 椿が実をつけていた。この実から椿油が取れるのだろう。

Imgp1700_640x428 帰りに亀戸天神の横を通ると、深い木立の森のような繁みに目を奪われ寄り道してみた。それは善應寺(読み方不明)普門院の木立だった。伊藤左千夫の墓があった。なかなか趣のある境内だったが、蚊の猛襲を受けほうほうの体で退散した。タイツ越しに5ヶ所ほど被害を受けた。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »