« 祝なでしこ決勝進出 | トップページ | 下流の宴 »

2011年7月18日 (月)

祝なでしこ優勝

終わってしまって寂しくなると思っていたのだが、メディアはワールドカップ・ドイツ大会優勝のニュースのオンパレードで、ゴールシーンを繰り返し繰り返し目にすることとなり、不思議なことにそのたびに感激を新たにしている。よくぞ諦めずにプレーを続け追い付いたものだと、心から選手の皆さんに敬意を表したい。

それにしても信じられないような快挙だ。ワンランク上だと思っていたドイツに競り勝ち、私には浮沈戦艦のように勝ち目がないように見えたアメリカと引き分け、PK戦を制したのだから。

誰から見ても立派な優勝なのだが、何かすべてがうまく行き過ぎてしまったような、繰り返しになるがやはり信じられないようなワールドカップとなった。

でも、ドイツやアメリカより強くなった、とは思わないほうがいいのではないだろうか。

この大会を戦う中でなでしこは着実に成長したと思う。ついに最強レベルのチームと互角に戦える段階にまで至ったと思う。このレベルを今後も是非とも保って欲しいと願うものだが、それはなかなか難しいだろう。競技人口も少ないし。

この偉業を目にした少女たちの中からサッカーをやり始める子がたくさん出て、国内の女子サッカーがもっと盛んになればいいのだが。そして、日本代表としての国際試合しかメディアに乗らない女子サッカーが、せめてJリーグ中継くらいの頻度でも良いからテレビで見られるようになって欲しいものだ。

蛇足ながら、サッカー好きの皆さんにはFIFA.comのホームページの女子サッカー・ワールドカップ・ドイツ大会のホームページに掲載されているNewsと、その記事に投稿される世界のサッカーファンからの反応を一読されることをお勧めする。(英語) 日本のメディアとは違った観点でなでしこを見ているのでとても面白い。特に、優勝したあとの記事を読むと、なでしこの快挙がどんなに大きく評価されているのかが分かり、沢の偉大さが再認識できるようになると思う。

|

« 祝なでしこ決勝進出 | トップページ | 下流の宴 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝なでしこ決勝進出 | トップページ | 下流の宴 »