« 9/6 ウズベキスタン強し | トップページ | 「素晴らしき自転車の旅」 »

2011年9月 7日 (水)

「自転車ぎこぎこ」

伊藤礼著 平凡社

伊藤礼氏による自転車エッセーを読むのはこれで3冊目となった。図書館で借りた直後数ページをめくってみると、さすがにもう読み飽きた内容なのかなと感じた。しかし読み進むとそんなことは全然なかった。大変大変面白い。ためになる。大いに著者の心情に共感する。

不覚にも、この読後感想文を書くに当たり、どんなことが書かれていたのか忘れてしまったので、ちらちらを読み返してみたのだが、面白くて面白くて、とても読み飛ばせなくなった。

全く本格的ではない自転車ではあるが、私も自転車で走りまわるのを大いに愛する者であるので、氏の思うこと、感じることにはいちいち頷きながら楽しんだ。病弱だったお年寄りがここまでできるのだから、私だってまだまだできることがあるはずだ。

時間がないので切り上げるが、自転車を愛好する人、特にそのうちもう若くない人には是非一読をお勧めする。

|

« 9/6 ウズベキスタン強し | トップページ | 「素晴らしき自転車の旅」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9/6 ウズベキスタン強し | トップページ | 「素晴らしき自転車の旅」 »