« 「もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら」 | トップページ | 10/17 船の科学館近辺の夕景 »

2011年10月16日 (日)

10/16 お台場・暁埠頭方面サイクリング

ちょっと夏が戻ってきたような、30度近い気温になったこの日だが、3時頃になってから健康増進のためクロスバイクに乗って出発した。やや南の風が強かったけれども、ギアを一段程度落とすと苦にならなかった。この程度の気温であれば風を切って走ると気持ちがいい。横1600の画像はこちら↓に載せてますので、宜しかったら見てください。

https://picasaweb.google.com/100414152601280790856/16Oct?authkey=Gv1sRgCLeBtbidiubdqAE

Dscf0220 お台場の海岸にて

スキー場のリフトのような装置を使ってこんなことをやっていた。

コンデジの連写機能を試そうとシャッターを押し、カメラで確認する限り記録されたはずなのだが、PCに移したらなぜかこの一枚しか残っていなかった。(翌日カメラを設定し直して添付のソフトでPCに移すと上手く行ったが)

Dscf0227 もう一枚お台場にて

Dscf0232 潮風公園の木々は紅葉し始めていた。

以下の二枚も潮風公園にて。フォトジェニックなシーンに遭遇できて嬉しかった。

Dscf0236 Dscf0237

暁埠頭公園では羽田に最終アプローチ中の飛行機の撮影を楽しんだ。

平日はコンテナトレーラーで満杯の道路が空いていて、すいすい走ることができた。

(左の写真は切り抜きです)

Dscf0245 Dscf0247 Dscf0244

日没が近くなったので青海埠頭公園に移ろうとすると、分離帯のすすきが綺麗だった。

Dscf0252

Dscf0253 青海埠頭のコンテナ越しに船積み用クレーンが光っていた。

スターウォーズに出てくる帝国軍の戦車のような動きを感じるクレーンだ。

Dscf0255 大江戸温泉の隅に夕陽が注いていた。

Dscf0258 いつも撮影する青海埠頭のクレーン。

Dscf0262 青海の海岸から日没を眺めることができた。

Dscf0271 Dscf0278 丁度点灯する時に居合わせられたようだ。

背景の雲の色彩がどんどん変わって行くのがドラマチックだった。

Dscf0281 有明から豊洲埠頭に渡る橋上でラストショット

手すりに肘を固定して撮ったがちょっとブレてしまった。シャッタースピードは1/4。

総じて、この目で見た色合いが結構再現されており、FINEPIX F550EXRはこれからも重宝しそうだと改めて思った。CMOSが小さいせいかノイズが気になるけど、良しとする。

なお、家に着いてスピードメーターを見ると、走行距離は21kmだった。

|

« 「もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら」 | トップページ | 10/17 船の科学館近辺の夕景 »

夕景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら」 | トップページ | 10/17 船の科学館近辺の夕景 »