無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「面白くて眠れなくなる数学」 桜井進著 PHP研究所 | トップページ | 10/10 夢の島熱帯植物館 »

2011年10月 9日 (日)

コンデジに回帰できるか

龍人さんのブログで、今はRAWで撮れるコンデジが出ていることを知り、型落ちして

安くなっているFINEPIX F550EXRというデジカメを購入した。絞りは3段しかなく、

プリセットのホワイトバランスの微調整もできないが、24mmから始まる15倍光学ズーム、

動画機能、ダイナミックレンジ拡大機能などは使って面白そうだと思った。

以下の2枚は本日の初撮りより

Dscf0021_800x450 JPGでは我が家のスクリーンと同じアスペクト比で撮れる。

空の色あいやコントラストは実際見た感じに撮れていた。(カメラはオート設定)

Dscf0007_800x600 RAWから現像。撮影時より1.0EVほど暗く調整したのみ。

以前使ってみたコンデジのような変な癖がないのでほっとした。

そして軽さが助かる。通常、写真を撮って回る時には本体に標準ズームを付け

もう一本交換レンズを担いで行きたかったのだが、それだとだいたい1500gになり

大変重い。特に最近凝っているサイクリングでは、バスケットに荷物を入れたまま

手を放すと、止めてある自転車は軽いのですぐに倒れてしまう。今度のデジカメの、

込みで220gという軽るさはそういう意味でも助かるし、もちろんペダルを漕ぐ力を

セーブすることにも繋がる。

一方、一枚のRAWファイルは25MB近くあり、現像に時間がかかるのは残念な点だった。

これまで使ってきた一眼レフではCCDの画素数がこのコンデジの3/4程だったとは言え、

一つのファイルの大きさは8~10MBと比較的小さかったので、3月にPCを新しくしてから

はすいすい現像できていたのである。

少なくとも当分の間は、あちこちで撮り試しをする予定です。

毎日が日曜日でも、ここのところ、やりたいことだらけで忙しく感じています^^

« 「面白くて眠れなくなる数学」 桜井進著 PHP研究所 | トップページ | 10/10 夢の島熱帯植物館 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「面白くて眠れなくなる数学」 桜井進著 PHP研究所 | トップページ | 10/10 夢の島熱帯植物館 »