« 12/15豊洲公園の夕空 | トップページ | 12/16 林試の森公園へサイクリング »

2011年12月20日 (火)

「RAILWAYS 愛を伝えられない」を見て

予定されていた断水の日なので映画館に避難。今度からはシニア料金1000円で映画を見られるようになったのでとても助かる。

表題の映画は主演の三浦友和さんがテレビのトーク番組に出て宣伝していたのを見たし、鉄道のローカル線が舞台、ということにも興味をそそられたこともあり、躊躇なくこれを選んだ。

構成のしっかりした良質な映画だと思った。

始まってすぐ映し出される三浦友和演ずる運転手の横顔の映像を見て、「いい横顔だな」と思うと同時に、「これはいい映画のようだ」と感じさせられた。彼の表情のアップはたくさん使われており、これが主人公の半生をよくあらわしていて素晴らしいと思った。三浦友和は際限もなくカッコよく見えたが、そうではあっても彼の演じる主人公はとても人間的で、弱点もあるし心の動揺も隠さない。そんな主人公を等身大に好演しているように思えた。

旦那が定年退職する辺りによく起こる夫婦の危機、という親近感の湧くテーマであったのも、私を映画に引き込んだ要因だろう。

反面、スクリーンに映し出される美しいローカル線沿線の風景の映像は、「さあこれが美しい映像ですよ」というふうに提示される割にはそれほど美しくなかった。あのような劇場の大きなスクリーンに映し出すのに無理があるのだろうか。コントラストが足りないように感じたのだが。素材の美しさに頼り過ぎているのだろうか。

ストーリー展開にもちょっと無理があったように思わないでもない。それでも、いい映画を見られて良かった、と思って映画館を出たことに変わりはない。

|

« 12/15豊洲公園の夕空 | トップページ | 12/16 林試の森公園へサイクリング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/15豊洲公園の夕空 | トップページ | 12/16 林試の森公園へサイクリング »