無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 三浦知良著 「やめないよ」 新潮新書 | トップページ | 5/1 日比谷公園散策 »

2012年5月 2日 (水)

4/29 稽古総見とハナミズキ見物

K_5_1930 早朝に目が覚め、外を見ると夜明けの水面が鏡のようだった。
じゃあ国技館で行われる稽古総見を見に行ってみようかという気分になり家を出た。
自転車で20分ほどで国技館に着く。8時前だというのに客席はかなりの入りで、一階の最後列に何とか席を見つけることができた。あとで知ったのだが、この日の入りは前年を大幅に上回ったそうだ。

K_5_1953 会場はこんな感じだった。

K_5_1963 ISO400に設定し土俵上の力士でスポット採光して撮影。
稽古総見を見たのは初めて。稽古とはいえ、一人の力士が何回も申し合いをするのは物珍しく、楽しめた。
終了後、ハナミズキを見に芝浦にクロスバイクを走らせた。

K_5_1967 金杉橋JCTの下を通るといつも同じアングルで写真を撮っている。

K_5_1976 浜松町の公園で咲いていた藤を撮る。

K_5_2010 このシーズンに一回は見に行くハナミズキ並木
都内でよく見かけるハナミズキ並木ではあるが、ゆっくり写真を撮れるここが気に入っている。

K_5_2002 K_5_2008 ハナミズキは赤が好きなのだが、なかなか咲き誇っているのを見ることができない。

K_5_2003 この木が一番雰囲気が良かった。

K_5_2009 こちらは一番咲きっぷりの良かった木

K_5_2013 ちょいと物足りなくて田町の方に足を伸ばすと、こちらにもハナミズキ並木があることを発見。

今回感じたこと。
・ハナミズキって同じ並木の中でも早い木と遅い木があり、ソメイヨシノ並木のように咲き揃うことはないようだ。
・花と同じ時期に葉もたくさん出てくるので、白一色、赤一色の姿を見られるわけではない。
・それにしても、今シーズンはハナミズキの一番きれいな時期を見損なったようだ。

K_5_2020 帰りの晴海大橋で、持参したが使う機会のなかった魚眼レンズを使ってみた。中央部はあまり歪まないので、使い方によっては気持ち悪い歪み方を抑えた写真も撮れる。(走行距離26.5km)

« 三浦知良著 「やめないよ」 新潮新書 | トップページ | 5/1 日比谷公園散策 »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

東京は街路樹にハナミズキが多いですね。都の花にでもなっているのですかね。
 私は、多摩の他に、根津神社と上野東照宮の花まつりに行ってきました。人出は多かったですが、なかなか見応えがありました。

調べたら都の花はソメイヨシノでした。
なぜハナミズキがこんなに多いのでしょうね。アメリカに贈った桜の返礼がハナミズキだったと聞いてはおりますが。

この季節になると葉っぱが優勢になって、花に春の歓びを感じる季節は終わったのだなあと感じます。都内の花を楽しまれたようで祝着です ^^

天候が回復したら藤を見に行きます @^^v
このあとは花菖蒲、紫陽花と続き、ハスを撮ると私の花巡りは夏休みとなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三浦知良著 「やめないよ」 新潮新書 | トップページ | 5/1 日比谷公園散策 »