無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 5/19 旧古河庭園、西新井大師サイクリング | トップページ | 5/27 味の素スタジアム西競技場へ »

2012年5月24日 (木)

5/23 小石川植物園へサイクリング

2週間ほど前の園内がとても爽やかだったので、やや時期のずれた園内も見たくなり、再び小石川植物園にクロスバイクを走らせた。行きのルートはいつもと同じ永代通りで皇居大手門に突き当たり、お濠沿いに走って竹橋から白山通り、文京シビックセンターのところで都道436号に入りしばらくすると植物園の木立が見えてくる。

植物園に着くと、予定しておいたとおり先ずは薬園保存園と分類標本園で草本の花を撮影。今回の目当てはウツギのたぐいとユキノシタである。

K_5_2754 雑草には立て札が立っていないので名前が分からないが、野草図鑑を眺めるとニガナ、タビラコの類であることは確かだと思う。

K_5_2757 街でも咲き始めているドクダミ。

K_5_2758 これにはウマノアシガタと札が立っていた。

K_5_2779 この結構シックな色合いの葉は何と言うのだろうか。

K_5_2787 バイカウツギ

K_5_2793 人に聞いてやっとユキノシタを見つけた。
20年くらい前に訪ねた箱根仙石原の植物園の売店で鉢売りされているのを見たのが最初の対面だったのだが、その時は随分わざとらしい格好の花だと思ったものである。野草という感じがしなかったからだ。しかし植物園の片隅にこうして咲いているのを見ると自然の中で咲く姿が想像され、それにしてもかわいい姿だと感心するばかり。

K_5_2807 ウツギ

K_5_2813 シセンテンノウメというそうだ。

K_5_2824 これにはゴンズイという立て札が立っていた。

K_5_2832 ここではニワザキショウも堂々と咲いているように見える。

このあとは園の森の中を歩く。気温は高めだったが湿度は低く、木陰の散策は快適だった。
K_5_2850 ハコネウツギも他で見るより元気な気がした。

K_5_2865 キショウブ

植物園を出るともっともっとこの好天のもとで走りたいという気持ちになり、不忍通りの坂を上って千石、駒込と進み、染井銀座の馴染みのとんかつ屋「みのや」で昼食。
帰路は田端から山手線沿いに台地を進み、日暮里駅付近で谷中の住宅街に入るも、地図なし走行のため方向感覚を失う。

K_5_2879 しばらく迷走していたら大樹の下のこんな店先に出た。
ちょっとタイムスリップをしたような気持ちにさせてもらい、愉快だった。
このあとは谷中の墓地を通り抜けようと思ったのだが、うろうろ走っていると上野高校の脇に出て動物園脇に下ることとなり、束の間のミステリーツアーは終わったのだった。

K_5_2882 清洲橋通りを進んでいると久松町の辺りでアジサイが色付いているのを発見。季節の移ろいの早さに改めて驚かされたのだった。

走行距離は32.9kmと短かったが、アップダウンが多かったので翌日は久しぶりの筋肉痛となった。快適な走行をしての疲労感なので、これもまた心地良い。

« 5/19 旧古河庭園、西新井大師サイクリング | トップページ | 5/27 味の素スタジアム西競技場へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5/19 旧古河庭園、西新井大師サイクリング | トップページ | 5/27 味の素スタジアム西競技場へ »