無料ブログはココログ
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 「写真がもっと好きになる。写真を観る編」 | トップページ | 7/2 青海地区散策 »

2012年6月29日 (金)

6/25 太田吉沢ゆりの里へ

NHKのニュースで一面に咲くユリの花の景色が紹介されたので、さっそく友人の車に乗せてもらって行ってきた。

K_5_3774 K_5_3772
早めに出て開園前に到着できたので、人の少ないうちに見物することができた。
あいにく曇り空で時々雨粒が落ちてくるくらいであったから、写真は実際より明るめに調整した。

K_5_3815 この写真は実際より少し暗め。

ゆり園の次には新田氏ゆかりの金山城跡へ。
ひと気のない急な山道を分け入った山上の駐車場から更に5分ほど歩く。

K_5_3849 途中でトラノオが咲いているのを見ることができた。

K_5_3853 眼下に太田市を見おろす。
晴れていると新宿や富士山まで見渡せるらしい。

K_5_3859a 金山城跡は思いの外大規模で堅牢な山城だった。
それでも半年の籠城の末北条氏の軍門に下った歴史があるそうだ。

K_5_3874 こんな高い場所によくぞ築城したものだと感心するばかりだった。

K_5_3877a 登った道を戻る途中にネジバナを発見。切り抜きです。

やはり新田氏ゆかりの反町館跡に立ち寄ったあとは天神山古墳に連れて行ってもらった。
K_5_3883 全長200mを越える東日本最大の前方後円墳だそうだ。
今は田んぼに囲まれているが、濠だった部分の一部は自動車道路になってしまっていて、なんだか畏れ多いような、もったいないような感じがした。

K_5_3887 古墳に入る道は一本しかないが古墳の上を歩き回れる。
ここでも人の墓の上に居るのだと思うとちょっと変な気持ちがした。

今回はユリ見物で行ったにもかかわらず、ユリ園は意外に単調な印象だった。
色々なユリ、というより、同じ種類のユリを一遍に咲かせて豪快さを味わせようという所だったからだろう。しかしながら古墳好きの友人の案内で思いもよらぬ歴史に触れられたことは驚きであった。太田市にこんな凄い歴史遺産が散在しているとは全然知らなかったのである。連れて行ってくれた友人に心から感謝・感謝。 m(_ _)m

« 「写真がもっと好きになる。写真を観る編」 | トップページ | 7/2 青海地区散策 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

takacciさん、今晩は。
 この金山城はすごいですね。こんな山城が残っていることにすごく感動しました。 


tamaさん、コメントありがとうございます。
知らないところにも凄いものがあるんだ、と驚くばかりでした。自分が立っているところで数百年前に眼を血走らせた軍勢が睨み合っていたと思うと迫ってくるものがありましたです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「写真がもっと好きになる。写真を観る編」 | トップページ | 7/2 青海地区散策 »