« 6/26 岩淵水門近辺を散策 | トップページ | 「写真がもっと好きになる。写真を観る編」 »

2012年6月27日 (水)

6/27 今朝の日経朝刊一面を読んで

昨日の一体改革関連法案採決を一面トップで伝えているが、いつもの割りと客観的なニュース記事であるトップ記事の下、紙面中央に社説風の論説が掲載されていて、この重大な政治的局面における経済新聞社としての政治的スタンスがよく出ていると感じた。

小沢グループの造反の旗印は、本当に彼らが現時点で最適な政策だと思って掲げているとは到底思えないのだが、この論説ではその点をバッサリ批判し、今回生まれた3党合意の枠組みを生かして、積み残しになりかねない重要法案の審議を処理していくべきだとしている。

私はその論点の妥当性を云々できるほどの見識を持つ者ではないが、現在の山積みした政治課題を、ある程度既成政党の枠組みを崩しながらでも処理して前進行くべきだと思っているので、この論説には同感するところが多かった。政治が機能しなければ、国としてあまたの重大課題を抱えながら立ちすくんでいるのと同じだからだ。

それにも増して、新聞社がこのように政治的立場をはっきり示して報道活動することを支持したい。今後も重大局面においては報道の原点となっている立場を表明し、その立場から見た政治の動きを、このように分り易く論説してもらいたいものである。

それにしても、痛みを伴わずに良い成果を期待できる選択肢はなさそうな現状だと思うのだが、人気取りを造反の大義に掲げ、本当の意図を隠していると思われる勢力を国民が支持するのかどうか、国民の政治意識のレベルが問われる局面になってきたと言わざるをえない。

最初から寄せ集めなので、民主党の空中分解は予想の範囲内だろう。それじゃあ今後は自民党の政治に戻るのか? 政党の再編成が必要なのではないか。そう考えていくと、寄せ集めで2大政党を形作らざるをえない今の選挙制度にも問題が大きいと思うのだが。

|

« 6/26 岩淵水門近辺を散策 | トップページ | 「写真がもっと好きになる。写真を観る編」 »

日経watching」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6/26 岩淵水門近辺を散策 | トップページ | 「写真がもっと好きになる。写真を観る編」 »