« 2013/01/30 江ノ島へ(2) | トップページ | 2013/02/07 福富川公園~木場公園~古石場川公園(1) »

2013年2月10日 (日)

2013/01/30 江ノ島へ(3)

最後に神社の奥の院に回って余裕があれば岩屋という洞窟の傍まで行ってみようと進む。
すでに岩屋の公開時間を過ぎているのは承知の上で、なぜか傍まで行ってみたくなったのである。高いところに並んで洞窟も好きだからだと思う。

K_5_6773 江島神社奥の院に咲いていたロウバイ

K_5_6785 何十メートルかの階段を降りると景色の開けた岩場に出た。こんな崖が夕日を浴びていた。

K_5_6790 外洋から直接波を受ける磯を見たのは一年前の銚子探訪以来だ。

K_5_6791 相模湾越しに富士山のシルエットが昼間よりはっきりしてきた。磯を散策している人も多かった。

K_5_6803 富士山手前の山並みは箱根らしい。しかしどのピークがなんという名前なのか、一応ウェブで調べたのだが分からなかった。

K_5_6810 伊豆半島に日が沈む。
この日の夕空も飛行機雲がよく見えた。考えてみると富士山上空は幹線の空路だ。

岩場から階段で崖の上に戻り、長い下り坂をのんびり歩いて島の入口に戻った。
K_5_6827 どんどん暗くなり、楽しい散策は終了である。小田急で藤沢に出て東海道線で帰京した。

今回の散策ですっかり江ノ島贔屓になってしまったのだが、その理由を考察してみた。

・何とも風光明媚である。
・外から見ると土産物屋で埋め尽くされている印象で敬遠していたのだが、迎える側はそのへんをよーくわきまえてらっしゃり、ソフトで気にならなかった。
・外から見た印象で、島内を歩いて出てくると幾ら掛かるのだろう、という心配があったが、やりようによっては一銭も使わず楽しく回ってこれることも分かった。
・アップダウンがきつければ、江島神社には手軽な料金でエスカレーターを利用できる。これは長崎のグラバー邸と同様。週末は連絡橋から岩屋の磯に船で直行することもできる。
・展望台入場料、休憩所の菓子代などの設定は安め

また季節を替え、天気の良い日にふらっと歩きに行ってみよう。

(K-5 + 18-250mm)

|

« 2013/01/30 江ノ島へ(2) | トップページ | 2013/02/07 福富川公園~木場公園~古石場川公園(1) »

夕景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/01/30 江ノ島へ(2) | トップページ | 2013/02/07 福富川公園~木場公園~古石場川公園(1) »