« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

2013/02/28の夕空

今日は久しぶりのポカポカ陽気。
豊洲公園で夕空を撮る時間には気温が下がったが、それでもあまり寒く感じなかった。

Nkn_1469 (D600 + 105mmMacro)

| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

2013/02/27の夕空

豊洲公園にて

小雨が降り続く中外出し、図書館を出たら晴れていた。
豊洲公園に行くと夕空がきれいだった。しかしカメラがない。
選択肢は手持ちの携帯電話とiPadだった。
今回は多少なりともズームと明るさの調整ができる携帯を使用した。

パソコンで多少暗くし色温度を上げたものを縮小。

Kc3z0012a
手前のジュウガツザクラにはスズメも数羽写ってます (^.^;)>

| | コメント (0)

2013/02/25 向島百花園へ (2)

訪れた日は造園業者が入って2区画くらいを工事しているのだった。
この時期のハイライトであるはずのセツブンソウはそのあおりを食い、入り口管理事務所裏の棚にちんまりと鉢植えで飾られているだけだった。

Nkn_1378 ボケはまだ咲き始め。今年は実に遅い。

Nkn_1380 スイセンはあちこちで咲いていた。
平素よりなかなか見た色合いに撮れない花なので、RAW現像時にどんどん色温度を下げてみたら、4600Kで見た印象に近くなった。本当にこんな色温度の設定で良いのだろうかと気にはなるが、今後このくらいで撮るようにしてみることとする。

Nkn_1384 キブシ。狭い表面積が強く反射するので、よほど暗く撮らないと露出オーバーになりがちだと思う。

Nkn_1389 園の景観はこのように地味である。

Nkn_1390 名物の萩のトンネルもこの時期はこの通りであった。工事の影響もあるのかもしれない。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年2月26日 (火)

2013/02/25 向島百花園へ (1)

ここのところ毎日寒くて堪らないが、そうは言っても、家でくすぶってるばかりでは面白くない。そこでバスの一日乗車券を初めて利用し一回乗り継いで向島百花園に到達した。

Nkn_1342 ファーストショットは入り口のカシワ。
これがこの日では一番気に入った写真となった。

Nkn_1347 木によって咲き進み方に大きな差があるが、この梅は二分咲きくらいだった。この園では、梅にぶら下がっている木札に「梅」とは書かれず、品種だけが書かれていた。

Nkn_1353 しかし品種には興味がない。と言うより、とてもじゃないけど覚えられる気がしない。

Nkn_1362 梅は何と言ってもこういう枝ぶりがいいと思います (^o^)/ 枝垂れ梅もいいです。

Nkn_1365 ツバキ。最盛期も近いことだろう。
(2)へ続く

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

2013/02/23 青海散歩

夕方になって船の科学館の辺りを散歩してみたくなり、バスに乗って行った。
青海客船ターミナルから歩き始めた。

Nkn_1296 ターミナル隣接の海上保安庁の船溜まり。

Nkn_1297 南に向かうクルーズ船と羽田に降りる旅客機。

Nkn_1305 対岸のコンテナ埠頭

Nkn_1311 太陽は雲に隠れてしまった。

Nkn_1326 割りとあっさり暮れていった。

Nkn_1331 夕方は東海汽船のこのタイプの船を見ることが多い。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

2013/02/22 「写真展 絶対風景」へ

家族が電車の中吊り広告で知った標記写真展を覗いてきた。

私好みの、色彩感溢れる風景写真のオンパレード。大いに満足して帰ってきた。
一番気に入ったのは宮古島に打ち寄せる波を夕陽の逆光で撮った写真だった。
伊豆沼の、空が鳥でいっぱいの写真も迫力があった。

私から見て「なにこれ?」というような変化球の写真は出ていなくて、いずれも正攻法の力作揃いだった。無料だし、これは観に行かないと損しますよ。

| | コメント (0)

2013/02/21 木場公園の河津桜

すでに咲き始めている木場公園脇の大横川のカワヅザクラ。
葛西橋通りに近い運河沿いの木を運河の対岸から撮った一枚です。

Nkn_1270

| | コメント (0)

2013年2月20日 (水)

2013/02/17 自然教育園へ

園のHPの見ごろ情報でユキワリイチゲが盛んに咲いているのを知り、白金台の自然教育園に行った。

Nkn_1180 まずは(たぶん)アジサイの残骸に目が行った。花の構造の概略が分かって面白い。

Nkn_1186 園路の傍らにいつもの節分草。

Nkn_1196 家を出る時は晴れていたのに、白金台到着時は薄曇り。池の氷が寒々としていた。鳥狙いのカメラマンも散見された。

曇り空で嫌な予感がした通り、ユキワリイチゲはみな花を閉じてしまっていた。キンポウゲ科独特の蕊が魅力の花であるから、これでは来た甲斐がない。少し園内を散策して晴れるのを待つことにする。

Nkn_1214 こういうのも面白いと思う。

Nkn_1228a 別の場所に咲いていたセツブンソウの切抜き写真です。

思惑通り晴れてきたのでユキワリイチゲの場所に戻り20分ほど開くのを待ったけど、そんな速く開くわけもなく、開きかけのこんなのを撮って切り抜くのが精一杯となった。

Nkn_1233 これも切り抜きだが、更に切り抜いたのが次のです。

Nkn_1231b 園の2月13日付の見ごろ情報を参照すれば、もっとはっきり花の魅力を味わえます。ぐじゃじ~ (-_-)

Nkn_1236 出る途中でこんな木立も撮った。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (2)

2013/02/20の夕景

運動不足解消を目指し、夕方お台場方面へ自転車を走らせた。寒さのためご無沙汰していた自転車に乗ったのは、風が弱く穏やかだったからである。

K_5_6880 潮風公園から天王洲方向。

K_5_6881 その南に続く埠頭のクレーン群。

夕空自体は平凡だった。
日が暮れるとすーっと冷えてきて、自転車漕ぎで汗は出ているのに手や顔が寒く、まだ自転車で走り回るには寒すぎ、と思いながら帰路に着く。

K_5_6883 有明から豊洲埠頭に渡る橋上からレインボーブリッジ方向。走行距離は14.8kmだった。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (0)

2013年2月19日 (火)

2013/02/13 東京都薬用植物園の早春の花

開花の情報を得たので、セリバオウレンを観に都立薬用植物園へ。

Nkn_1101 野草というか雑草風にひっそりと咲く花だ。

Nkn_1144 雄花、雌花がある種類と聞くが、説明を読んでも私にはよく分からない。色の違うのが前後して写っているから、これで両方を撮ったことになるのかな。

Nkn_1103 節分草。
立て札のある場所に咲いていなかったのでおかしいなと思ったら、ほらあそこよ、と教えていただいた。立て札から1mほど奥に咲いていたのだ。このように、ちょっと離れると良く見えないほど目立たない花なのである。

Nkn_1095 フクジュソウ

Nkn_1107 アメリカマンサク

Nkn_1125 スハマソウと思われる。
清楚でいいです。肉眼だと中央の可愛さが私には見えないのが残念。

Nkn_1134 このロウバイは内側が赤紫で印象的だった。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

2013/02/11 曽我梅林へ

梅祭り開催中の曽我梅林へ。この日は流鏑馬も行われるという。
国府津乗換の御殿場線の窓から流鏑馬会場がよく見えた。田んぼに会場を設営してあるのだった。

K_5_6833 折よく、会場に着くと間もなく開始された。
これは御殿場線の土手を背景にして部署につく運営係役。履いてるものはこれでいいのかな。

K_5_6838 細いコースを疾走する駿馬の迫力に圧倒された。保存会の乗り手の半分近くが女性だった。

K_5_6839 流鏑馬の走路脇かぶり付き席の混雑を敬遠してるのだろうか、一本山側の道にも見物人が立っている。殆ど未開花の梅圃の後ろに控える山側には見晴台があるらしい。

K_5_6841a 矢が的を割った瞬間が撮れていたみたい。

K_5_6845 さて梅である。しかし開花状況は芳しくなく、木によって未開花、乃至はチラホラから一分咲き程度。来るのが早過ぎたようだ。

K_5_6850 それでも、梅圃を歩きながら梅の花を撮る。

K_5_6854 アイスクリームを食べながら箱根方向の空を撮影。これからも分かるように曇りがちであり、富士山も申し訳程度に顔を出しただけだった。
数年前に来た時は梅が終わりかけのうえ全くの曇り空で雨さえ落ちてきたのを覚えている。私とは折り合いが悪い場所なのだろうか。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (2)

2013年2月16日 (土)

2013/02/09 和田倉噴水公園~日比谷濠

皇居東御苑を歩いたあと、デジカメの機能を試しながらお濠沿いに歩いた。

Nkn_1043 この噴水では高速シャッター。
1/2500がこれ。これ以上速くしようとするとISOが上がってしまうので面倒になり次に移る。

Nkn_1048 F13に絞り、手前から二番目の噴水でスポット採光とピント合わせをして、どのくらい被写界深度になるのか試してみた。(1/50)

Nkn_1055 東京駅に通ずる大通りの冬木立。

Nkn_1058 お濠のカモメ。左上に影が入っていた。

Nkn_1061 お濠の白鳥は飛べないんだなー。

Nkn_1062 アクティブDライティングも試した。
HDRに似た機能だと思う。補正の強さをオートにして撮ったのだがさほど効果が上がっているとは思えない。「強」に設定して試してみる必要がありそうだ。ホワイトバランスも工夫が必要だったように思える。

Nkn_1074 これはオマケで豊洲に戻ってから撮ったのだが、いかにも画角が狭くて夕空をカバーできず、早々に退散した。空は飛行機雲の残骸だらけで、引っかき傷やゴミを思わせるような雲がたくさん浮いていた。

(D600 + 105mmMacro)

| | コメント (2)

2013年2月15日 (金)

2013/02/09 皇居東御苑の早春の花

ちょこっと梅の開花状況だけ見てみようと大手町駅から皇居東御苑に歩いた。

Nkn_1002a 大手門休憩所近くのミツマタ。

Nkn_1005 二の丸庭園入り口のロウバイ。
こういう色合いと花の勢いを見ると、春が来たんだと実感する。

Nkn_1011 平川門側の梅林では開花が始まっていた。これは薄ピンクの梅。ウメの蜜を吸いに来るメジロにはカメラマンが群がっていた。

Nkn_1017 これは気に入っている写真。背景の空の色が花を引き立てているのだろう。サザンカだと思うが、ツバキかもしれない。

Nkn_1023 本丸広場南端近くのマンサク。

Nkn_1034 これは大番所に降りる坂の途中に咲いていたマンサク。シナマンサクと札が立っていたかもしれない。光の当り方とアングル、構図、どれも気に入ってます。

(D600 + 105mmMacro)

| | コメント (0)

内容変更のお知らせ

音楽、読書、映画、テレビなどの感想は今後別のブログに掲載することに致しました。

興味のある方は
http://ameblo.jp/takacci48/entry-11293541919.html もよろしく ^^)/

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

2013/02/14 お台場の夕暮れ

夕方になってから晴れたのでお台場を散歩。

K_5_6866 対岸は天王洲のようだ。
海面に浮いているのは鴨の群れ。

K_5_6871 レインボーブリッジの方向はこんな感じだった。期待したような夕空にならなくて残念でした。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (0)

2013/02/07 福富川公園~木場公園~古石場川公園(3)

木場公園南端付近の一番早くから咲いている梅はもう見頃である。

Nkn_0971 逆光で霧中のように写ったものをコントラストを上げて現像した。
次いで偵察した大横川沿いのカワヅザクラの花芽は先日のレポートの通り。

Nkn_0980 カワヅザクラ並木のユキヤナギ。
かなり前から始まっている咲き始めは満開の豪快さと全く違う。しかしこういう狂い咲き風の咲き方は例年通りのものであり、標準偏差の範囲内と思う。

門仲で用足し後古石場川親水公園を東に進む。

Nkn_0993 ここではコサギをよく見かける。

Nkn_0997a ハクモクレンの花芽。
開花まで一ヶ月以上あるのにこんな状態で待ち続けるとは、中でどんな成長がなされているのだろうか。

Nkn_0998 夕暗闇の中でスイセンを撮った。

Nkn_0999 この時期にしては整ったバラも咲いていた。F2.8開放ってこんな中でも結構速いシャッター切れるので便利だと再認識。

Nkn_1000 カメラ遊びが楽しかった日の通例で、すっかり日が暮れたのにこんなものにカメラを向ける。

(D600 + 105mmMacro)

| | コメント (0)

2013年2月13日 (水)

2013/02/13 早春の花が続々開花

Nkn_1100 セリバオウレン、薬用植物園にて

Nkn_1162001 カワヅザクラ、木場公園脇にて
(実際より明るく調整して載せ直しました)

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年2月12日 (火)

2013/02/07 福富川公園~木場公園~古石場川公園(2)

現代美術館から木場公園に入り南下するも、公園の北半分にはちらほら梅が咲き始めている以外目立った開花は認められなかった。素通り状態で三ツ目通りに戻り橋を渡る。

Nkn_0911 仙台堀川沿いのグリーンベルトで菜の花?が咲き始めていた。ことによると違う種類かもしれない。

Nkn_0915 わずかに葉の付いたヤナギが賑やかになるのももうすぐだろう。

Nkn_0925 木場ミドリアム裏の広場でツツジが咲き始めていた。超早咲きの種類なのだと思う。ソメイヨシノの少し前に咲くミツバツツジとも違うような気がする。

Nkn_0937 そのそばで旺盛に咲きまくっているサザンカの一厘をクローズアップ。

Nkn_0940 そのまたそばではエリカの花。

Nkn_0945 都市緑化植物園の梅。一分咲き程度。

Nkn_0955 ウメの咲きかけは可愛いです\(^o^)/

(3)に続く

(D600 + 105mmMacro)

| | コメント (0)

2013/02/07 福富川公園~木場公園~古石場川公園(1)

近所の早春の花を見て回ろうと、先ずはバスで福富川公園へ。

Nkn_0860 この紅梅が咲けば私の心の中での春はもう本番である。

Nkn_0855 初の試みとして連写をしていたら鳥の横切りを捉えてしまった。

Nkn_0841 花弁がおわん形で好きな梅です。

Nkn_0868 こういう花の付き方のサザンカ?って時たま遭遇することがある。

Nkn_0869 公園を北に向かうと梅のピンクがいい感じだった。

Nkn_0883 一厘だけ日を浴びていて印象的。

Nkn_0891 公園を出て昼飯を求め旧区役所通りに向かう道筋に植えられていた菊の一種^o^;

Nkn_0895 旧区役所通りで見掛けた飾り付け。
実際より明るめの写真です。この商店街はこれに限らず何かと小さな集客努力をして頑張っている印象がある。

(3)まで続きます ^o^;

(D600 + 105mmMacro)

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

2013/01/30 江ノ島へ(3)

最後に神社の奥の院に回って余裕があれば岩屋という洞窟の傍まで行ってみようと進む。
すでに岩屋の公開時間を過ぎているのは承知の上で、なぜか傍まで行ってみたくなったのである。高いところに並んで洞窟も好きだからだと思う。

K_5_6773 江島神社奥の院に咲いていたロウバイ

K_5_6785 何十メートルかの階段を降りると景色の開けた岩場に出た。こんな崖が夕日を浴びていた。

K_5_6790 外洋から直接波を受ける磯を見たのは一年前の銚子探訪以来だ。

K_5_6791 相模湾越しに富士山のシルエットが昼間よりはっきりしてきた。磯を散策している人も多かった。

K_5_6803 富士山手前の山並みは箱根らしい。しかしどのピークがなんという名前なのか、一応ウェブで調べたのだが分からなかった。

K_5_6810 伊豆半島に日が沈む。
この日の夕空も飛行機雲がよく見えた。考えてみると富士山上空は幹線の空路だ。

岩場から階段で崖の上に戻り、長い下り坂をのんびり歩いて島の入口に戻った。
K_5_6827 どんどん暗くなり、楽しい散策は終了である。小田急で藤沢に出て東海道線で帰京した。

今回の散策ですっかり江ノ島贔屓になってしまったのだが、その理由を考察してみた。

・何とも風光明媚である。
・外から見ると土産物屋で埋め尽くされている印象で敬遠していたのだが、迎える側はそのへんをよーくわきまえてらっしゃり、ソフトで気にならなかった。
・外から見た印象で、島内を歩いて出てくると幾ら掛かるのだろう、という心配があったが、やりようによっては一銭も使わず楽しく回ってこれることも分かった。
・アップダウンがきつければ、江島神社には手軽な料金でエスカレーターを利用できる。これは長崎のグラバー邸と同様。週末は連絡橋から岩屋の磯に船で直行することもできる。
・展望台入場料、休憩所の菓子代などの設定は安め

また季節を替え、天気の良い日にふらっと歩きに行ってみよう。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年2月 9日 (土)

2013/01/30 江ノ島へ(2)

江島神社を左から迂回するように登り島の南側に至ると見晴らしの良いスペースが有った。

K_5_6734 北東方向を見る。
ヨットハーバー越しに腰越の岬、そこから右に稲村ヶ崎まで続く海岸線がよく見えた。地図で見ると、その右は逗子、葉山と続いているようだ。写真が趣味の一つになって随分経つけど、こんなに遠くがはっきり見える眺望に出会えたことはないような気がする。
高いところから景色を見るのは大好きなので、この景色を見て舞い上がりましたです。
\(^o^)/
因みに飛行機に乗るなら絶対窓側に座りたい男です。

K_5_6739 西の方向を富士山に合わせてズームアップ。見えます?

K_5_6740 次はあの展望灯台に。

K_5_6751 これは展望台に併設されたフラワーガーデンのチューリップのひとつ。フリンジ咲きという種類のようだ。

K_5_6757 展望灯台の上から再び鎌倉方向。

K_5_6758 その西に続く片瀬の海岸線。

K_5_6763 南は外海で、遠く沖には強烈な逆光の中に伊豆大島が浮かんでいた。

K_5_6769 展望台から江島神社奥の院に向かう途中、断崖の上の茶店で饅頭を頂きながらの一枚。この辺りは断層が走る地溝帯だそうで、むき出しになった関東ローム層を見ることもできた。江ノ島はここを挟んでひょうたん島になっていることを初めて知った。
と言うことはこれからまた登りがあるということでもある。

(3)に続く

| | コメント (0)

2013年2月 8日 (金)

2013/02/07 木場公園脇の河津桜の花芽

近所の梅を撮り歩いたついでに木場公園脇のカワヅザクラ並木を偵察した。

Nkn_0985

歩き疲れていたので遅咲きのゾーンしか見なかったが、花芽はもうこういう状態だった。もう早咲きのゾーンでは開花してもおかしくないのではないだろうか。遠目に見た早咲きゾーンに花の色は確認できなかったけれど、次回は覗いてみようと思う。

| | コメント (0)

2013/01/30 江ノ島へ(1)

なでしこの手形にタッチしたあと、再び小田急で江ノ島を目指す。

片瀬江ノ島行きに乗ったのでそのまま座っていれば到達できるところを、藤沢で江ノ電に乗り換えた。とっても懐かしいし、今でも風情を感じる路面電車、江ノ電。これの沿線に子供時代随分お世話になった親戚の家があったので、今はどうなっているのか、辺りを歩いてみたいと思い、江ノ島の前に探検することにしたのである。

K_5_6712 江ノ電藤沢駅。

記憶に沿って歩いた周辺は全く様相が変わっており、浦島太郎状態となった。
しかし、幾ら歩いても当時のランドマークが見つからなかったので後日調べてみると、どうも降りる停留所を一つ間違えたようだった。これは要再チャレンジですな。

K_5_6714 この電車でいよいよ江ノ島へ。

K_5_6717 江ノ電江ノ島駅からこの橋まで、それからこの橋自体も結構な長さであった。

K_5_6719 右手に霞んだ富士山が薄く見えた。夕方になればシルエットを楽しめそうである。

K_5_6725 賑やかな参道が江ノ島神社に続いている。この辺りまでは持っていたイメージ通りの江ノ島である。テレビでよく紹介されるイメージの他、子供の頃連れて来られたことがあるのかもしれない。

K_5_6727 ここから先は恐らく初めて。

K_5_6730 江ノ島神社では茅の輪くぐりに列ができていた。これは参道の階段から地面からの目線で撮った写真。

(3)まで続く予定です ^^;)>

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年2月 7日 (木)

2013/02/05 野川公園へ (2)

次は自然観察園の節分草の近くに咲いていた蝋梅。

Nkn_0778 実物はもう少しスキっとした色合いだった。

Nkn_0781 隣りには少し濃い色のロウバイ。

Nkn_0791a 小さな池に居た(たぶん)コサギ。

Nkn_0808 オオイヌノフグリは出始めという感じ。

Nkn_0819 自衛隊機が度々北から上空を通過。
立川の基地の機材だろうか。民用機と違う音と運動性だった。
ちなみに公園の南に隣接する調布飛行場に着陸するセスナを一機見かけたが、プロペラ音は比べ物にならないくらい小さな音だった。公園で見かけた騒音測定者はどちらをターゲットにしているのだろうか。両方だと思うけど。

Nkn_0827 多摩線多磨駅から見えた外語大。
キャンパスを歩くのも予定の中にあったのだけど、予想外に疲れたので、到着した府中行きのコミュニティーバスに飛び乗った。するとバスはキャンパスの脇を通ってくれたので、だいたいの様子は分かったのだった。
それにしても体力が落ちてるなーと、少々情けない気持ちで帰路につく。

(D600 + 105mmMacro)

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

2013/02/05 野川公園へ (1)

ウェブで節分草が咲いていることを知り、三鷹からバスで野川公園に行った。
数年前に紅葉狩りで歩いた武蔵野公園の隣にこんな素敵な自然観察園があるとはついぞ知らなかった。

Nkn_0741 冬枯れの公園を抜けて歩く。
新しく仕入れた105mmマクロレンズだけのため広々とした公園はアングルに入らなかった。

Nkn_0743 野川を渡り自然観察園へ。
川沿いはジョギング、散歩、サイクリングをする人の天国に映った。

Nkn_0759 セツブンソウ。
この時期でこんなに咲きそろっているとは想像もしていなかった。午前中ならもっと陽当りがいいそうである。

Nkn_0765 写真を見た家族から「去年までの写真と同じじゃない?」とコメントされむっと来たが、そうであることに間違いはない。しかし、ちょっと離れてみると紙くずが散らばっているようにしか見えないこの花が、厳しい寒さの中元気に咲いているのを見るのがとても楽しいのであーる。近接撮影すると蕊が超カワイイのである。

Nkn_0752 レンズの使い勝手も良好だった。

Nkn_0800 フクジュソウ。
これは結構近くで撮ることができた。この花は日陰の方が撮りやすいですネ。
(D600 + 105mmマクロ) (2)へ続く

| | コメント (4)

2013年2月 3日 (日)

2013/02/03の木場公園の梅

木場公園の道端の早咲きの梅は順調に咲き進み、だいぶ賑やかになってきていた。

Nkn_0699 なかなかピントが合わないけど、春の花を写すのは楽しいです。

Nkn_0700 同じ枝です。

Nkn_0703 都市緑化植物園の梅も順調に開花し始めていた。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013/01/30 大和なでしこ広場へ

かねてよりニュースで承知していた大和駅前のなでしこ広場。なでしこジャパンで活躍した選手の出身地として手形を飾ってあるそうだ。行ってみようかと調べていたら小田急江ノ島線の駅であることが分かり、それなら常々散策したいと願っていた鵠沼や江ノ島をまとめて回れば満足度が上がりそうだ、との思いから、ひょいと小さな旅に出た。

K_5_6703 駅前のなでしこ広場はすぐに分かった。しかしお目当ての手形は見当たらず、結局駅の周りを一周してしまった。この表示板にもどこにも手形の場所の案内がないのだった。交番があるので聞けば簡単な筈ではあったが、それでは面白くないので昼食をとりながらiPadでニュースを再確認した。
ニュース写真の川澄選手の脇に写っている記念碑の大きさを確認した後、しばし探し歩くとようやく発見。前出の交番のすぐそばだった。

K_5_6710 大野、川澄、上尾野辺、小野寺各選手の手形が飾られていた。意外にひっそり飾ってあるんだな。

K_5_6708 おおー、偉大な大野さんの手形じゃ~\(^o^)/
今年はリヨンで大活躍してくれるといいな。

K_5_6709 うひゃ~。うひゃ~。
これからは貴女がチームを引っ張るんだ、という気概でやってね。心より応援します。

押し付けて型取りした凹んだ手形に手を合わせると、恐らく握手してもらうより遥かに各選手を身近に感ずることができ、大、大、大感激であった^^;)。大和市はもっと積極的に広報すればいいのにと思う。

| | コメント (0)

2013年2月 2日 (土)

2013/01/28 江東区北部、梅偵察サイクリング(2)

香取神社から亀戸天神へ移動。ここでは見渡したところ一株だけ花を付けていた。

Nkn_0676 咲き始めは花が少ないのですっきりした写真を撮れるように思う。

Nkn_0677 寒桜の季節が始まるまでの梅は本当にありがたい被写体だと思う。遅咲きの梅はソメイヨシノの頃でも咲いているように記憶しているけど、その頃になると一顧だにしなくなるのを少し申し訳なく思う。

Nkn_0685 境内にはロウバイが数株咲いていて、早春の喜びを感じさせてくれる。肉眼だと一体となって見える日陰の花が、撮った写真では「暗い部分に咲いているのも蝋梅?」と思えるほど差別化されて見える。コントラストの調整で多少輝度差を見た目に近づけることはできるとは言え、そうすると絵の生気が抜けてしまうように思う。花にしろ夕空にしろ、見た目に忠実に撮れるカメラができればな~と思うことが多い。
話し始めたついでにもう少し。手持ちで縦位置の写真を撮ろうとすると不自然な格好を強いられるではありませんか。これだけカメラが普及しているのに何故、縦でも横でも同様に撮れるカメラが当たり前でないのか、不思議です。更におかしいと思うのはPCディスプレーの形状。縦でも横でも同じサイズで写真を楽しむためには画面が正方形、または+型でないといけないと思っています。特に私は一切プリントアウトしないので、横位置に比べ小さくしか表示できない縦位置の写真は滅多に撮ることがありません。

Nkn_0689 太鼓橋から冬枯れの藤棚越しに本殿。


Nkn_0691 立て札に当たるまだらな光が面白かった。

(D600 + 24-120mm)

なお、この日はちょこっと走ろうということでヘルメットは被らず厚着をして走ったのだけど、多少漕ぎ込むとすぐ汗びっしょり。かと言って意識的にゆっくり走れば北風が刺すように冷たく感じられ、難しいものだと思った。この時期に自転車を楽しもうとするなら、カメラとの両立を諦め軽装でガンガン走ったほうがマシなようだ。走行距離22.3km。

| | コメント (2)

2013年2月 1日 (金)

2013/01/28 江東区北部、梅偵察サイクリング(1)

そろそろ自転車で花巡りしてみようと思い、江東区北部で梅の咲く場所を回った。

Nkn_0649 北部ではないが先ずは木場公園の梅。

Nkn_0650 仙台堀川公園を横切る貨物の引込み線の鉄橋。デジカメのアクティブD-ライティングという機能を試した一枚。撮れた写真は気に入らなかったのでRAW現像時に手を入れた写真です。

Nkn_0659 仙台堀川公園の北の端に近く。
この背中方向に早く咲く梅があるのだが全然咲いていなかった。

Nkn_0661 小名木川の東端の番所橋から大島小松川公園に入ってみた。梅のある場所ではないにしても、なんにも咲いていなかった。それはそうとこれは何の建物なのだろう。
→ 調べたら旧小松川閘門の跡地らしいので、閘門の施設ではないかと思う。

Nkn_0666 香取神社の梅は一厘だけ開きかけの蕾があっただけだった。蕾も小さく、見頃はずうっとあとのようであった。
(2)に続く

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »