« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

2013/03/31 千鳥ヶ淵のサクラ

夕方になってから神保町に、以前から欲しいと思っていた中古CDを探しに行きたくなった。

それなら、まだ終わっていないかもしれない千鳥ヶ淵のサクラも覗いてみようと思い、半蔵門駅から歩いて行った。

K_5_7454 千鳥ヶ淵交差点に着くと5時を過ぎていた。

K_5_7460 サクラは意外に残っていた。

K_5_7479 これは靖国通り側から撮っている。

K_5_7480 北の丸公園入り口から九段下方向。

暗いのでISO400~800で撮り歩いた。
それでも、花の時期、時間帯、いずれの面でもぎりぎりセーフだったのは幸いだった。
その上、見物人も寒さのせいか少なくて、落ち着いて写真を撮れたのも良かった。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (4)

2013年3月 ホノルルへ (2)

さて二日目である。

滞在の手始めにダイアモンドヘッド近くの海辺の公園(カピオラニ公園)まで散歩してみることにした。ベランダ(ハワイではラナイと呼ぶようだ)から左下に見える運河の終点まで歩けば、動物園とカピオラニ公園の一帯に到着する。

K_5_7087 歩き始めの運河の散策路から対岸。

K_5_7085 水中の魚の多さに驚かされた。

K_5_7091 ここは動物園の脇。
到着当初大いに感心した大きな樹であるが、間もなく当たり前の風景となっていった。

K_5_7095 ベンチで休んでいるとこんな小鳥が平気で寄って来るのだからびっくりである。

K_5_7096 週末だからなのか、野外ステージでこんな演奏も聴かせてもらえた。チャリティーか何かのイベントのようだった。

一休み後は、公園の浜辺からダイアモンドヘッドの下方向に散策路が続いていたので歩いてみることにした。

K_5_7100 ワイキキ・ビーチを振り返るとこうです。

K_5_7118 途中までヘッドが見えていた。

K_5_7123 しばらくすると散策路は切れ、交通量の少ない車道沿いに進む。道はゆるやかに登り、こんな風景の場所を過ぎるとサーファーが集まるようなビーチの上を通過。
登り口があったらダイアモンドヘッドに登ってしまおう、との考えも抱きながらぶらぶら歩いたわけであるが、閑静な住宅街が続くばかりであった。(あとで調べると、ヘッドへの入り口はクレーターの反対側に一箇所あるだけだった。)

そうこうするうちにトイレに行きたくなったが、そのような施設は全く見当たらず、最悪の事態を避けるため、歩行中何台か追い越していった路線バスの次のを待ち乗車。

以下は主に住宅街で見掛けたお花です。

K_5_7107 これはハイビスカスでしょう。

K_5_7125 ? 沖縄で似た花を見た覚えがある。

K_5_7126 プルメリアではないかと思う。

K_5_7127 ジンジャー系の花だろうか。

さて、乗ったバスの進行方向にはこちらで日常的なショッピングモールがあるはずだったので、しばらく乗車。まだ着いていないと思う地点で大きめなショッピングセンターが見えたので下車し、食事と買物をした。しかしながら、これも後日調べてみたら、むしろ行き過ぎていたことが分かった。こんな行き当たりばったりの動き方をしても、こちらではバスがどんなに乗り続けても2.5ドル均一料金なので、懐を心配する必要がないのがいい。

| | コメント (0)

2013年3月30日 (土)

2013年3月 ホノルルへ (1)

何年ぶりの海外旅行になるのか忘れたくらい久しぶりの海外へ。
確か前回はバリ島だったような気がする。10年ぶりくらいかな~。

成田発深夜の便だったので、出発の日中は近所のお花を観て歩いていた。

Nkn_1879 汐浜運河のハクモクレンです。

ホノルル到着は現地時間で同日の朝の10時頃。
ハワイの時間は日本より19時間遅れているのだが、日本の時間に5時間足して24時間引く、と考えたほうが簡単である。

滞在するホテルの部屋は空いておらず、荷物を預け15時のチェックインまで近所の街なかを、偵察がてら散歩して時間を潰した。今回初めてコンドミニアムを利用するので、食料がどのくらいの値段で仕入れられるのか、にも興味津々。

物価は少々高めであった。超と名の付いてもおかしくない観光地であるのだから仕方ないのだろう。同行者は「日本で売られている単位より量が多いのだからそんなに変わらない」と言っていたが、確かにサンドイッチ3.85ドルも二人の軽い軽食には十分だった。

K_5_7083 で、これが40階の部屋からの眺望。
もう滅多に海外には行かないだろう、との思いから、私にしては張り込んだのである。

K_5_7082 ベランダの先に立って右を見降ろせばロイヤルハワイアンなども見える。雨季が終わり掛けているお空はイマイチぱっとしないが、それでも海がこんなにエメラルドグリーンなのだから凄いものである。

K_5_7080 これは左側。
運河を挟んでゴルフ場、その上は住宅街、その先は結構険しそうなお山になっている。

到着したままの長袖長ズボンでも丁度良く感じる気温なのに、街は半袖半ズボン、素足にビーチサンダルという出で立ちばかりであることに少々戸惑いながら、早めに就寝。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (2)

2013年3月29日 (金)

2013/03/29 近所の桜を観て回る

近所で用事を済ませながらコンデジで桜を撮り歩いた。

Dscf3500 枝川一丁目(1)

Dscf3502 枝川一丁目(2)

Dscf3504 豊洲のケヤキ並木の新緑

Dscf3505 豊洲の街路樹のサクラ。種類不明。

Dscf3510 深川公園にて

Dscf3516 越中島橋から門前仲町側の大横川

Dscf3521001 同じ橋の反対側
こういうような色合いの違う桜を並べて撮るのって好きです。

Dscf3527 黒船橋から西の大横川

今日の散策ではついに桜が散り始めているのに気付いた。
あと数日は花を楽しめるだろうけれども、予報はパッとしないので、近所のサクラは青空バックの写真を撮れないまま終わってしまいそうである。でもまあ来年があるさ。

(FINEPIX F550EXR)

| | コメント (2)

2013年3月28日 (木)

2013/03/28 辰巳、お台場の桜を見て回る

野暮用で出遅れたが、陽が出ているのにこの時期家に居るのが勿体無くて、夕方自転車で辰巳・お台場を回ってきた。

Nkn_2262 辰巳の森海浜公園の一本桜

Nkn_2273 辰巳緑道公園の桜並木

Nkn_2277 これは逆光での一枚

二枚とも見た目より明るく調整してます。平日は人が少なくて勿体無いくらい。

Nkn_2287 お台場の大きな山桜も見頃だった。
左後方はレインボーブリッジ。

Nkn_2291 人を入れて大きさが分かるようにした。

Nkn_2299 いつものようにお台場中央部の窪地からも見上げてみる。素晴らしい枝ぶりです^o^)/

Nkn_2303 木の下から夕陽を写すのも一興。

走行距離は14.6kmだった。
(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013/03/26 水元公園のソメイヨシノの中から一枚

こんなうららかな花見は理想的ですね! やはり桜と青空の取り合わせはいいです。

Nkn_2115

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (4)

2013年3月26日 (火)

2013/03/26 水元公園で花見

度々訪れる水元公園であるが、ソメイヨシノの満開の時に行ったことがなかったので訪ねてみた。今回は都バスの一日券と京成バスを利用。

Nkn_2073 今回はここが一番気に入った場所になった。
また、都内では見頃になっている枝垂れ桜がここではまだ咲き始めの段階だった。

我が家の近所の花を見た時も感じたことだが、咲き揃っていない、と言うか、木によってはまだ満開になっていない。咲き進んでいる木を見ても豊潤に咲いているという感じがない。私の桜への思い入れが強すぎるのだろうか。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

2013/03/25 大横川沿いの桜並木

海外旅行中にソメイヨシノが満開宣言が出されていたので、本日は曇り空ながら慌てて様子を見にいった。場所は門前仲町から富岡にかけての大横川沿い。

Nkn_1941
確かに見頃ではあったが木によって咲き具合はまばらだった。
全体としては6~7分咲きと見えた。これなら明日の雨で散ってしまうことはないだろう。
青空に映える満開のソメイヨシノを後日楽しめそうである。
そう言えば実際の満開は毎年「満開宣言」が出されてから二、三日あとになるのだった。満開になると散り始め、一週間弱で終わるように記憶している。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (2)

2013/03/18 ダイアモンドヘッドからの眺め

珍しく海外旅行に行った。(ホノルル)

たくさん写真を撮ったがRAW現像が終わらないのでとりあえず一枚。

K_5_7193 ダイアモンドヘッドの頂上から至近の海岸線。折良く水上スキーが通過した。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

2013/03/12 北の丸公園

神保町へ中古CDを求めに行くついでに、北の丸公園の様子を覗いてみることにした。この日は気温が高めの穏やかな日だったので久しぶりに自転車を利用。

K_5_7038 竹橋から皇居側に渡る橋のたもとのコブシは例年通り早めに咲き始めていた。

K_5_7044 坂を上る途中のトサミズキ

K_5_7046 なかなか盛大に咲いていた。

北の丸公園に着くと先ず池と広場に回ったが、咲いている花は見当たらなかった。まだ早かったか、と思いながら武道館で折り返し清水門の上まで行くとびっくり、何やら派手に花を付けている樹が見えてきた。

K_5_7053 これである。
桜の仲間であることは付けている花から明白であったが、さて何と言う種類なのか、幹に付けられている札を見てまたびっくりした。カワヅザクラだったのである。そう言われて見れば確かに河津桜の花であった。こんな大きなのを見たことがなかったので思いもよらなかったのである。

K_5_7070 お濠側に回るとだいぶ印象が違う。

K_5_7073 全くの逆光側からも無理やり一枚。

K_5_7061
これはすぐそばの大きなコブシの木。かなり密に花を付けていて、そのうえ枝ぶりが素晴らしい!

K_5_7067 その中からアップで写した一枚。

このあと神保町と御茶ノ水で、探していた中古CDを滞り無く見つけることができたし、なかなか満足度の高い小サイクリングとなったのである。^^)/ 走行距離は25kmだった。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

2013/03/12 永代橋東詰めの桜

K_5_7032 寒桜系と思われる緋桜。
やはり晴天下だと映えますね。

K_5_7036 割りと小さい花が下向きに垂れ下がる。
分からないとなおさら名前を知りたくなる。去年隣りの交番、江東区役所で聞いてみたけど警察官は「河津桜だと言う人が居ましたよ」、区役所はたらい回しの末結局分からなかったのである。

K_5_7033 大寒桜はこうであった。
西詰めの大寒桜は日陰になっていたためパスし、北の丸公園に向かった。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013/03/12 木場公園脇、大横川沿いの桜並木

今年は北から南までいっぺんに見頃を迎えた大横川沿いの河津桜並木。

K_5_7008

普段は立ち入れない永代通り方向の岸辺も開放され、いつも「どういう種類の桜なのだろう」と遠巻きに眺めていた桜を間近に見ることができた。

K_5_7023 「隆司桜」と札が付けられていたのだが、ウェブで検索しても詳しく知ることはできなかった。マイナーな種類なのだろうか。

K_5_7025 その花のアップを一枚。
(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013/03/12 汐浜運河の白木蓮並木

前回の観察から2日経過した汐浜運河のハクモクレン並木。
今回は東陽町側の東陽橋から観始めた。

K_5_6996 前回と余り変わらない開花に見えた。

K_5_7000 木によってはこのように、まあまあ盛大に開花しているのだが、蕾のままの木も散見された。
今年も去年同様咲き揃わないのかなあ、、、、

K_5_6999 晴天下だと一層元気な花に見える。
(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013/03/07 前橋散策

鎧を着たまま火砕流に埋もれた人骨を見学した後、前橋行きのバスで途中下車し萩原朔太郎記念館に寄った。北前橋という停留所から徒歩20分ほど。

K_5_6971 前橋市街地にあった朔太郎の生家から土蔵、応接室、書斎を移築し保存したもので、小さな無人施設となっている。右奥の土蔵に名高い詩集の初版本が展示されていた。他の二棟は入れない。しかしここに北原白秋や室生犀星が訪ねてきて朔太郎と歓談したのだと思うと感じるものがあった。

K_5_6979 隣接する敷島公園のベンチでこんな景色を見ながらコンビニのサンドイッチを食す。

K_5_6991 公園から利根川の川べりに出て前方に写っている大渡橋までぶらぶら散歩した。なぜか利根川には惹かれるものがあって、水上の露天風呂から眺めた利根川、柏の北でサイクリングロードから眺めた利根川、銚子で眺めた河口の姿、それぞれに魅力を感じている。

橋の左にあった停留所から前橋駅に行き、往路で死ぬほど退屈した高崎線を敬遠して両毛線で小山、宇都宮線通勤快速で帰京。里山を遠くに近くに眺めながらの両毛線の旅は、思いの外自然の残っていなかった沿線風景を割り引いても十二分に楽しい行程であった。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

2013/03/10 永代橋の寒桜開花状況

永代橋東詰め北側の大寒桜は本日このくらい咲いていた。
Nkn_1837

西詰め南側の大寒桜はこのくらい。
Nkn_1849

Nkn_1852 これは東詰めの大寒桜付近のサクラ。
寒桜系の緋桜のようだが種類は分からない。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (3)

2013/03/10 木場公園脇のカワヅザクラが一気に見頃に

例年であれば北の部分から徐々に開花が進む木場公園脇、大横川沿いの河津桜並木が、季節外れのポカポカ陽気に後押しされたのか、今日見たら一挙に見頃となっていた。

Nkn_1798 大横橋から南方向

Nkn_1805 豊木橋から南方向
大横橋の左奥のサクラは河津桜ではない。(種類は分かりません)

お詫び: これまでの記事で「富士見橋」と記していた橋の名は、実は豊木橋という名であることが分かりました。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (2)

2013/03/10 汐浜運河沿いのハクモクレン並木

二日前に見た時には開花間近しと思えた汐浜運河沿いの白木蓮並木であるが、バカ陽気に誘われたのか、今日は開花していた。

Nkn_1776 まだ開いていない蕾も多い。
去年はあまり咲き揃わなかったので今後の進み方が気になる。

Nkn_1788 咲いてから時間の経過が短いと見え、花に汚れがなくて美しい。

Nkn_1785 旬のハクモクレンはいいですネ ^^)/

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

2013/03/07 鎧を着た古墳人を見学

いよいよ今回の小旅行の主目的である群馬県埋蔵文化財センターに向かう。

K_5_6912 渋川駅前のバス乗り場に向かう道すがら、渋川市街越しに見えた榛名山。

K_5_6923 利根川の河岸レベルにある最寄りバス停から急坂を20分弱登るとセンターに到着である。これは途中眺めの良い所で撮った一枚で、丘の下をバスが通る国道17号線、その先を利根川が流れているはずである。

K_5_6926 大汗をかいて着いた展示会場周辺は交通整理をする係員が大勢立っており、人気の程が窺われた。入場を待つ60人ほどの列もできていた。

K_5_6928 発掘現場の状況説明をしていただくと次は入場、見学となる。左の道路工事現場から右のような状態で、1500年前の火山性堆積物の層から発掘されたそうである。榛名山二ツ岳からの火砕流に巻き込まれたとみられるとのこと。

K_5_6936 遺骸は地面に膝をつきうつ伏す姿勢になっている。左上に後部が失われた頭蓋、その下に折り畳まれた左腕。

K_5_6934 これは反対側から。
膝をついた姿勢が分かる。鎧は上半身のみ着用していたようである。
左側に回ると腰骨がよく見え、とても生々しかった。

遺骸は今後鎧と人骨を分離して保存されるため、こういう形で見ることができるのはこれが最後、とのことだった。(展示は3月8日で終了してます)

以下の二枚は併設の発掘情報館の展示物です。

K_5_6941 これはレプリカなのだが、この写真を見た家族は、埴輪を模して現代に作られたんだ、と言って譲らないため困っている。

K_5_6947_2 両手で抱えないと持てないくらいの大きさがあるとは知らなんだ。

以下の二枚はバス停に戻る路傍の雑草です。

K_5_6958 ぺんぺん草

K_5_6959 ホトケノザの群生

このあとは萩原朔太郎記念館に回る。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

2013/03/08の木場公園脇大横川のカワヅザクラ開花状況

本日は写真なしです。

初夏並みだというポカポカ陽気に誘われたのか、大横川の河津桜の開花はぐっと進んだ感じで、豊木橋から南は一律に一~二分咲きになっていた。

なお、本日街なかを歩いていてハクモクレンの開花に気付いたのだが、汐浜運河沿いの白木蓮並木での開花状況は街なかより少し遅れている感じで、白い蕾が付いているものの、開花はごくわずかだったように感じた。(路線バスの窓からの観察なのでこのくらいしか分かりません)

| | コメント (0)

2013/03/06 渋川の夕景

ニュースで報道された「鎧をきたまま掘り出された人骨」を見学しようと渋川に出掛けた。

早朝に出れば日帰りも十分可能であったが、他にもついでに回ってみたかったこともあり、渋川に一泊することとした。

午前中にホテルをウェブ予約し、昼頃出発、渋川到着は夕方の少し前となった。着くとさっそく一度は歩いてみたいと思っていた市内へ。市街地は数年前青春18切符で訪ねた沼田市と似た町だという印象だが、沼田市街は台地の上で平らなのに比し、渋川は南北に流れる利根川を挟んで緩やかな斜面に発達していると見えた。

K_5_6887 市内のどこを歩く、という目標を立てずに歩き始め、結果としては榛名山の眺めが良いところを探し歩くうちに日が暮れていった。

K_5_6888 御殿場、富士宮で富士山を撮ろうと思った時と同様、自分の勘だけで歩くと、家屋や電線に邪魔されず山容を撮れる場所はなかなか見つからないものである。今回もカメラをぶら下げリュックを背負ったよそ者が静かな住宅の軒先を徘徊することとなった。

K_5_6897 榛名山の山容を撮りたいなら利根川を渡った反対側の丘陵からの方が良さそうだ。しかし今回はそれが目的ではない。

K_5_6895 渋川市街越しに赤城山。

K_5_6901 北には小野子山三山と子持山の山塊が横たわっている。

K_5_6902 さて日も暮れそうだ。

K_5_6906 こういう明治?頃の建物も散見された。

K_5_6907 駅に続く坂を下って行き夕食。
さて翌日は「鎧を着た人骨」の見学である。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

2013/03/05 新宿御苑の寒桜

ウェブ情報ではそろそろ新宿御苑のカンザクラが見頃になったようなので見に行ってきた。

Nkn_1713 大きな寒桜です。満開寸前か。
この左にも同じくらいの大きさのカンザクラがあるのだが、そちらはチラホラ咲き始めであった。

Nkn_1719 横から見るとこうです。
近くから望遠で蜜を吸いに来てる小鳥を狙う人、花狙いの人、花見を決め込み座ったり横になったりの人々などに取り囲まれている。

Nkn_1716 花のアップも撮りました。

Nkn_1747 こちらは園内で一番早く咲く寒桜

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

2013/03/04 イヌノフグリ

カワヅザクラの開花状況を見に行った木場公園でベンチに座り休憩していたら、3mmくらいの小さな花が咲いているのに気付いた。これまでに見た覚えのないかわいい花だった。肉眼では花の作りが分からなかったが、帰宅後PCディスプレイで見ると色と花のサイズ以外はオオイヌノフグリにそっくりであった。

ウェブで検索するとシロバナイヌノフグリ、コゴメイヌノフグリなどが候補として浮かんできたものの、それ以上の特定はどうでもいいやという気持ちが先行し検索を中断したのだった。(^^;)

Nkn_1630

| | コメント (0)

2013/03/04 永代橋の大寒桜を偵察

ウェブ情報では新宿御苑の寒桜がそろそろ見頃とのこと。
さすれば永代橋の両側のオオカンザクラだって咲いてるかも、と思い見に行った。

Nkn_1604 中央区側では一厘だけ開いていただけ。

Nkn_1609 江東区側はチラホラ開花していた。

Nkn_1607 その同じ一角の緋色の寒桜と思われる木も一厘だけ花を開いていた。

全般的に遅れているけど、本格的な春はすぐそこのようです^^)/

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

2013/03/04の木場公園脇大横川の河津桜

曇り空で残念だったが大横川のカワヅザクラの開花状況を見てきた。

Nkn_1686 例年通り北の部分から開花し、葛西橋通りと豊木橋の間は、今日現在木によっては見頃を迎えていた。何故か木によっては未開花のものも。

Nkn_1666 広角側で一本の木を撮影。

Nkn_1659 この花はやはり陽に当たっている方の色合いが好きである。

豊木橋と大横橋間の中間部はチラホラ咲き始めだった。

大横橋から南のメインパートは全く未開花だった。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

2013/02/28自然教育園で撮ったフクジュソウ

なかなか肉眼では見えにくい細部まで撮れていたので掲載です。

Nkn_1464 陽が当たらないほうが撮りやすいようだ。
(D600 + 105mmMacro)

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

2013/03/02 亀戸天神の梅

また寒くなり北風も非常に強かったが、再びバス一日乗車券を利用して亀戸天神と小村井の香取神社を回ってきた。昨日までの陽気に後押しされたのか、双方ともパッと灯りがついたように梅が見頃を迎えていた。陽の光、ウメの開花状況を見ている限り、すでに春になっている。

Nkn_1515 本日はその中から亀戸天神での一枚。
(D600 + 24-120mm)

| | コメント (2)

2013年3月 1日 (金)

2013/02/28 自然教育園のユキワリイチゲ

前回曇り空のため花が閉じていたユキワリイチゲを再訪した。
この日はポカポカ陽気で花も気持ち良さそうに咲いていた。
光もふんだんに降り注いでいたので絞った写真も撮りやすかった。

Nkn_1433 F20 1/80 ISO200

Nkn_1426 開きかけもとても可愛い花です。

リベンジ成就!、と思いきや、帰宅後PC画面で見ると意外に見た印象と違った。
あれこれいじっては見たのだが、実際の場の雰囲気とは少し違うかもしれない。
(D600 + 105mmMacro)

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »