« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

2013/05/27 近所の花散策 (3)

豊住のテニス場から回り込み、次は木場公園。

Nkn_3346 これはよく見るアジサイだが、悔しいことになかなかブルーを見た感じ通りPC画面上に再現できない。

Nkn_3348 日陰の咲きかけ。
これからどんな色に変化して行くのか定点観測したら面白そう。

Nkn_3361 園内の都市緑化植物園に入ると、このツキヌキニンドウの上にセンダンが咲いていた。

Nkn_3358 もっと低いところで咲かせてもらえないのかなあ。その上ちょっと暗すぎる。

Nkn_3362 一株だけ低い枝が払われていない栴檀があったので近接撮影。しかし日陰なのが残念だった。枝が風にそよぐので、ピントが合う確率は低かった。この写真は結構粘って撮りました。

(4)へ続く

(D600 + 105mm macro)

| | コメント (2)

2013年5月30日 (木)

2013/05/27 近所の花散策 (2)

散策は木場を通り越して東陽に地を移した。
東陽と言われて私が思い浮かべるのは東西線東陽町駅付近。
この辺りは洲崎、という想いが強いのだが、住居表示上その地名は残っていない。

Nkn_3324 ビヨウヤナギ。これは小さめの花がつく種類らしい。

Nkn_3327 ランタナ。
現像時にコントラストを落としたのだがまだ落とし足りないかもしれない。色合いもイマイチ調整が必要かも。

Nkn_3328 大門通りにて。タチアオイもそろそろ見頃。

Nkn_3331 豊住のテニスコート脇にて。
バラはまだ元気に咲いている。

Nkn_3337 同じ場所でキンシバイ。

Nkn_3338 同じ場所。
ええーと、また名前を忘れてしまいました。そして調べまくりオオヘラバコと判明。ヘラオオバコというほうがウィキペディアにも載っていることから正しいのかもしれない。

(3)に続く

(D600 + 105mm macro)

| | コメント (0)

2013年5月29日 (水)

2013/05/27 近所の花散策 (1)

この日の早朝たまたま目が覚めてしまったので近所を散歩したら、アジサイが結構楽しめる季節になっていることを実感した。そこで昼頃にカメラをぶら下げて出直し、気の向くまま花を撮って歩いた。

Nkn_3290 塩浜にて。
ユリ科だと思うものの、我が家の園芸植物には出ていなかった。

Nkn_3294 塩浜にて。シモツケ。

Nkn_3297 塩浜にて。開花が進んだガクアジサイ。
一昨日これを近接撮影した分を「ガクアジサイ」として掲載している。

Nkn_3306 塩浜にて。カタバミ。

Nkn_3310 塩浜にて。ドクダミ。

(2)へ続く

(D600 + 105mm macro)

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

2013/05/28 一之江境川親水公園へ

東陽町裏の菖蒲田の開花状況を見るついでに荒川を渡り、一之江境川親水公園を南西から北東に走り抜け、新中川の西岸を南下して葛西臨海公園と走る予定でサイクリングした。

11288951 東陽町裏の横十間川親水公園にて

11288963 ハナショウブの季節が始まっている。

葛西橋を渡り一之江境川親水公園に入るとアジサイがいろいろ咲いていた。

11288967 ここでも花が咲き始めていた。

11288972 こんな渋い色のは初めて見た。

11288977 この白は季節が進むと色付くような気がする。

11288978 こういう感じの流れが延々と続く。

それにしてもこんな長い公園だったかな、と変に思いながら走っていると、どこで方向が狂ったのか、南西にある公園の入口に戻ってしまった。狐につままれたような気分となったがもう戻れないと諦め、環七経由葛西臨海公園に向かう。

11288986 途中、総合リクリエーション公園でこの噴水をまた撮ったが、曇り空のためあまり楽しめなかった。

11288991 こんな暗い色のアジサイも見られた。

そして葛西臨海公園から荒川の東岸を清砂大橋まで北上の上、荒川を渡って江東区に戻った。走行距離は32.7kmだった。

(E520 + 70-300mm、フォーサーズなので画角は140-600mm)

| | コメント (0)

2013年5月27日 (月)

2013/05/27 ガクアジサイ

今日は近所の道端や公園の花を撮って歩いた。
私にしては気に入ったのが撮れたので、とりあえず横1600のを3枚Flickrに載せました。
お時間がありましたら左の「他アカウント」のリンクからご覧ください。

これはその中の一枚で、横1024。(D600 + 105mm macro)

Nkn_3301

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

2013/05/25 ノジマフットボールパークへ

ノジマが設立し選手を社員に採用、グランド、社員寮など諸設備も用意した、という女子サッカーでは恵まれた環境のもと、初参加のチャレンジリーグ(なでしこリーグの下部リーグ)で目を見張る活躍を見せているノジマステラ神奈川の試合を観戦するために、相模原市南区まで出掛けて行った。対戦相手はASエルフェン狭山。今年なでしこリーグから降格してきたチームでありながら、開幕戦であるホームの試合で新興ノジマに1-2で破れている。

試合の模様や選手の写真は撮ってはいけない、となっているので試合の記事は省略。

どんなところだったかだけをレポートします。

Blfenboccaeveea 人工芝に座っての観戦です。
傍でのプレーは迫力満点だが、逆サイドや逆のゴール付近のプレーは、何をやっているのかよく見えない。
これはネットで隔てられた道路から携帯で撮っているのだが、道路から遠巻きに観戦している人も二十人くらい居たような気がする。そういう人達をこそ女子サッカーは取り込んで行かなければならないのに、と思う。

Dscf3653 西隣りは相模川の河川敷。

以下はJR相模線相武台下駅への帰路で撮影。

Dscf3659 田んぼと畑に囲まれた道です。

Dscf3660 カンカン照りながら風は爽やかだった。

Dscf3667 相武台下駅で電車を待つ。
運行頻度は一時間に二~三本。
我が家からの所要時間は2時間強。実際とても遠かった。駅からボールパークは10分程度と近いのが救いだが、夏の暑さや風雨の際はさすがにめげてしまいそうである。

(FINEPIX F550EXR)

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

2013/05/23 枝川の花

今日はアジサイの開花状況を知るために近所の枝川を歩いた。

Nkn_3268 まだこういう状態のものが多い。

Nkn_3264 ガクアジサイの向こうの縁で炎が燃えたっているようにも見える写真だ。

Nkn_3267 このアジサイは色付き済みながら、花はまだ咲いていない。

Nkn_3277 左のアジサイは墨田の花火とかいう種類だと思う。好きな訳でもないのに、なぜかこの種類だけ覚えてしまった。

Nkn_3271 ビヨウヤナギ。
蕊の先端をできるだけたくさん撮りたかったのでF18まで絞ってみた。

(D600 + 105mm macro)

| | コメント (0)

2013/05/15 谷津バラ園のバラ

行ってからかなり時間が経過してしまったが、やっとのことで谷津バラ園の薔薇を撮った中から比較的気に入ったものを選び出しました。

Nkn_3196 Nkn_3203 Nkn_3188 Nkn_3222 Nkn_3224 Nkn_3241 (D600 + 105mm macro)

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

2013/05/17 水元公園へサイクリング (4)

バラを撮り終え野草園に戻ると、一角が黄色い小さな花で覆われていた。

K_5_7695 立て札によるとキンポウゲ。
セツブンソウからフクジュソウ、ニリンソウだのと早春を飾ってくれたキンポウゲ科の仲間がこの時期でも咲いていて、しかもキンポウゲ科のキンポウゲというくらいだから「御本家キンポウゲ」を拝めたような気がして嬉しくなった。

K_5_7698 これはそのアップで撮った一枚。

K_5_7694 直径5cmほどのかわいい花。
モクレンの仲間だと思う。どこかで見たか名前を覚えたかした気がするのだが、名前を思い出せない。→ オオヤマレンゲでは、と教えていただいた。いまさんありがとうございます。

K_5_7702 グリーンプラザを出たところのユリノキの花。最盛期を過ぎているので少し干からびた感じがする。

このあたりで4時前後となった。まだまだ園内を散策したい気持ちを抑え、帰路につくことにした。日が暮れてしまうと、爽快に走り抜けるという感じを味わえなくなるからである。
安全面を考えれば歩道をゆっくり走らざるを得なくなる。
公園に着いた時点で22kmだった距離計は27km前後を表示していた。やはりここでたっぷり楽しむには自転車が必要。園内でレンタサイクルしてくれればいいのに、といつも思う。

K_5_7704 西の出口付近でお決まりの一枚。

このあとはいつもなら大場川沿いに中川の水門まで走り中川沿いを南下するのであるが、堤上の狭い一方通行の道を歩道を使って逆に走らざるをえないので今回は別を考えた。かと言って飯塚橋東詰めの交差点まで真っ直ぐ南下する道は道幅の割に交通量が多いので気持ち良く走れない。そこで公園の外周沿いに内溜まで戻り、葛飾清掃工場前を経由することにした。公園の外周は桜土手?に沿うサイクリングロードを通ったのだが、これは凸凹で走りにくかった。大震災の影響なのか、凸凹になったままのサイクリングロードはまだあちこちで遭遇する。 このあとはいつもの曳舟川親水公園の通りと中居堀通り経由で東陽町まで走る。途中で道端のアジサイが色付いているのを見たが、ペダルを止めることはしなかった。

K_5_7707 東陽町裏の横十間川親水公園菖蒲田ではハナショウブがチラホラ。季節は移ろいますなー。

走行距離は46.6kmだった。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年5月21日 (火)

2013/05/21 アジサイの色付き始め

今日神保町へCD(中古)を探しに行くついでに木場公園を通ってみたら、アジサイが咲いていた(?)。花が咲いているわけでもなさそうなので色付いていたというのが正確なのかも。

Dscf3646

帰り道の東日本橋や浜町付近の清洲橋通り沿いの植え込みでも、ガクアジサイを含めて、早くも観て歩くに値する段階に達しているように見えた。これはうかうかしていられません。

(FINEPIX F550EXR)

| | コメント (2)

2013/05/17 水元公園へサイクリング (3)

今回は水元公園のグリーンプラザという施設の敷地内とその周辺で撮ったシャクヤクとバラ。

K_5_7676 このシャクヤクには前衛絵画のようなド派手な色彩とタッチを感じさせられた。

K_5_7679 この白いのは生クリームのような質感を連想させてくれる。

K_5_7681 シャクヤクの脇で咲いていたバラ。

K_5_7683 そのまた横のバラ。

K_5_7689 グリーンプラザに隣接するバラ園のような一角のバラ。花だけに薄日が当たっていていい雰囲気だった。気に入っている写真です。

K_5_7692 その横の日陰で咲いていたバラ。
やっぱ、バラは美しくも愛くるしいですね。 (4)に続く

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

2013/05/17 水元公園へサイクリング (2)

K_5_7661 湿地越しにソメイヨシノ林とラクウショウ林。
何の変哲もない野原に見えるだろうが、さえずりまくる野鳥の賑やかさを覚えておくためにも、と思って撮った写真。考えれば動画を10秒ほど撮れば囀りを記録できたのだ。勿体無いことをした。

K_5_7667 キショウブがたくさん咲いてる場所に遭遇。
これだけまとまって咲いてくれていると、面白い写真が撮れそうな気がしてくる。

K_5_7668 太陽光のホワイトバランスで撮影。
確かに背景のWBは合っている。日陰と両方を見た目に近づけるにはどうすればいいのだろう。

K_5_7672 同じところにて。
日陰のWB設定を大幅に微調整(!?)して撮ったものをRAW現像時にまたいじくっている。
太陽光の設定より色温度設定が大幅に高く色相も緑寄りに調整した色合です。

K_5_7673 ちょっと小合溜に出てみるとアオサギが。
これ、左を見ながら私を警戒してるんです。
(3)に続く

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)

2013/05/17 水元公園へサイクリング (1)

ここのところ続く晴天に誘われ、また、例年より涼しい気候を活かしたくなり、久しぶりに水元公園まで走ってみることにした。この時期の水元公園は行った記憶がなく、まあ新緑に浸れれば良いのではないか、という想定で出発。

いつもの経路である中居堀通り、曳舟川親水公園とは気分を変えたくなり、また、三ツ目通りは道幅が広く走り易いことも手伝って、今回は三ツ目通り~水戸街道の一本道で金町まで走った。しかし、荒川を越えてからの水戸街道は例によって交通量が多く、ここの部分は歩道をゆっくり進んだ。スポーツ自転車の魅力はある程度のスピードが軽く出るところもあり、その風を切る爽快さは捨てがたいものであるが、頑張って足を使い過ぎると残念ながらバテてしまう。そういう観点から見て歩道を使ってゆっくり長距離を走るのも捨てたものではない。しかし買い物自転車よりタイアの空気圧が高いので、段差や凸凹には相当の我慢を強いられることになる。

金町駅前で昼食後、東端から公園に入った。

K_5_7618 走ってきた都会の幹線道路の喧騒を一気に忘れさせてくれる落ち着いた公園であった。

K_5_7620 まずはベンチで一休み。

この公園の菖蒲田は名所なのだが、まだ花は咲いていなかった。

K_5_7639 しかし睡蓮の池はこの通り。
これが見られたのなら来た甲斐があったじゃないかと思う。

K_5_7633 380mm相当までのズームレンズが役に立った。あまり使い勝手が良くないながら手放せないレンズである。
あとで気付いたことだが、手前の葉の上にイトトンボが二匹写ってます。ピントは合ってないけど。

K_5_7649 ベンチで園内唯一の売店で買ったソフトクリームを舐め、ついでに絞り込んだらどのくらいピントが深くなるのかを試してみた。手前の花壇にピントを合わせF13で撮影。思ったほどピントは深くならなかった。

K_5_7654 サクラソウと思われる植え込みが朧気に輝き印象的だった。

K_5_7655 いつもの大好きな公園風景。

(2)に続く

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

2013/05/15 谷津バラ園

今日は南船橋駅から歩いて谷津バラ園を見てきた。

開花状況は満開という感じ。

明日から生田バラ園の公開が行われるはずだが、期間が終わるまで花が持つのだろうか。

Nkn_3228 (D600 + 105mm macro)

| | コメント (2)

2013年5月14日 (火)

2013/05/13 旧古河庭園へ

バラフェスティバルが始まった旧古河庭園に行き薔薇を楽しんできた。

Nkn_3172 園内はもう見頃のようだった。

まず洋館横のジャーマンアイリスを見ると、黒いのがあってびっくりした。
Nkn_3111

Nkn_3102 あとはひたすらバラばかり撮った。

Nkn_3115 品種には興味ないので以降説明なしです ^^;)> 撮った中で相対的に気に入った方から掲載しています。

Nkn_3119 Nkn_3121 Nkn_3124 Nkn_3155 Nkn_3156 Nkn_3159
日が陰っていたのは残念だったが、日が当たれば当たったで、発色は格段に良くなるのと引き換えに、光が暴れて手が付けられなくなる。写真に残そうとするより現物を楽しむのが妥当と思えるくらいである。それでも次は日の当たるバラにチャレンジしてみたいものである。

(D600 + 105mm macro)

| | コメント (2)

2013年5月11日 (土)

2013/05/09の皇居東御苑

ヤマボウシの見頃がそろそろではないかと思い、皇居東御苑へ自転車を走らせた。

大手門から入場し坂を上る途中にエゴノキが咲いていた。
Nkn_3034 早くも見頃という感じだった。

Nkn_3037 コアジサイ、ユキノシタ科。

Nkn_3049 バイカウツギ、ユキノシタ科

Nkn_3077 ユキノシタ。

Nkn_3052 ヤマボウシ。
数年前これを見るまでは近所の小さな木しか知らなかったので、大きさと派手な花の付き方に驚いた木である。その時の印象が強すぎるせいか、あの時ほど盛大に咲いているようには思えない年が続いている。今年はまだ最盛期ではないのかもしれない。

Nkn_3058 近くでホワイトバランスをオートにして撮った一枚は、実際より赤みが抜けて写っていると思うが、花の白さは陽が当たった時の色に近いように思う。

Nkn_3054 カノコという種類のバラ。

Nkn_3071 二の丸庭園では既にカキツバタが咲き出していた。都内ではあまり見られない花だと思う。

Nkn_3084 トチノキ並木。
ホテルペニンシュラの脇です。

(D600 + 24-120mm) 走行距離は14.4km。

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

2013/05/10 江戸川区総合レクリエーション公園フラワーガーデン

少し気温が高めではあったが、昼を過ぎると日が陰り走りやすそうになったので、葛西臨海公園を目指し自転車を走らせた。清砂大橋で荒川を渡り船堀街道を南下。陸上競技場のところから新左近川に沿って東に走るうちに、江戸川に突き当たってから臨海公園に回りこむコースを思い付き、景色を楽しみながらゆっくり走った。

そうしていると、今度はフラワーガーデンのバラを偵察してみるか、という気持ちが沸き起こり、右に大きく旋回する感じでバラ園に到着した。

咲き始めているだろうかと思っていたバラはもう充分見頃になっておりビックリ。さっそくリュックからコンデジを取り出して写し始めた。

Dscf3628 Dscf3631 Dscf3635 Dscf3636
液晶画面で見るとまともに写っていないように見えた写真ばかりだったのだが、RAW現像時に色合いと明るさを調整するとかなり見た目に近くできたような気がする。

Dscf3639 これは敷地内の変わった噴水。
そのうち一眼レフでシャッタースピードを変えながら撮ってみたいものだ。

このあとは所期の計画通り葛西臨海公園に行ったが特に目立つものはなく、ソフトクリームを食べてすぐ立ち去った。帰路は荒川沿いに北上し葛西橋から江東区北東部を気儘に散策。走行距離は29kmだった。

(FINEPIX F550EXR)

| | コメント (0)

2013/05/03 和田倉噴水公園にて

小石川植物園の帰りに和田倉噴水公園を通り掛かったので、またデジカメの高速シャッターを試してみようと思うに至った。

Nkn_3023 1/4000で撮影。
この速度はこのデジカメの最速であり、使ったのは今回が初めてだった。もちろん絞りは開放のF4だが、通常100に設定してあるISO感度を、デジカメは自動的に280に上げていた。

Nkn_3028 これも1/4000。ISO280。

Nkn_3026 こちらは1/2000、ISO110。
噴出される水の粒々は同様に見えているので、この噴水をこのように撮ろうと思うなら1/4000のシャッタースピードは必要ないということなのだろう。

Nkn_3031 これは自分でも何故そうしたのか思い出せないのだが1/1600で撮っている。左下の二人の女の子の動きがちょっと気に入っているので掲載です。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

2013/05/03の小石川植物園 (2)

園の谷側を一番奥まで進んだあと丘側へ。

Nkn_2944 第一の目的だったヒトツバタゴ。
花は葉の上に咲くので、高いところの花は少ししか見えない。

Nkn_2957 前回も確かカメラを向けた気持ちのよい大樹。

Nkn_2964 オオアマナ。
雑木林のあちこちに小群落を作り、涼し気な白い色で輝いていた。

Nkn_2976 クロミノサワフタギ、ハイノキ科と立て札あり。

Nkn_2987 ヤマハゼと立て札あり。

Nkn_3003 ウマノアシガタ

Nkn_3007 シャクヤク

Nkn_3016 ハナヒョウタンボク、スイカズラ科。

Nkn_3021 ツユクサは雑草なので立て札なしである。

ここ以外では見掛けたことのないハタケニラという性悪の雑草も可愛い花なのだが今回は省略。
今回掲載しなかったが印象的だった花は、コデマリ、ツキヌキニンドウ、ツクバネウツギ、ハクウンボク、咲き始めのエゴノキ、ハナウド、ハナイカダ、ギョリュウ、フタリシズカ、ハマナス、サクラバラ、サンショウバラ、ヒメウツギ、イチハツ、ジャーマンアイリス、八重咲きヤマブキだった。

帰りは和田倉噴水公園に寄ったほかは特に寄り道をせず、走行距離は20.7kmと短かった。東京も山の手線内は地下鉄も駅の間隔が狭く、電車利用だと結構遠く感じる場所であってもサイクリングすると意外に近いことが多い。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (2)

2013年5月 7日 (火)

2013/05/03の小石川植物園 (1)

小石川植物園のヒトツバタゴも観ておこうと思い自転車を走らせた。
経由地は竹橋・神保町・春日。低めの気温のもと、ゆったりと走行を楽しんだ。

園到着後は、いつもと逆回りで谷側の園地から観て歩いた。

Nkn_2908 ここではツツジがまだまだ元気。

Nkn_2909 ツツジはどう撮ったらいいのかも、撮った後の色相の調整の仕方も良くわからない、難しい花であるように思う。

Nkn_2917 大きなタニウツギ。

Nkn_2926 ハルジオンだと思う。
蕾はピンクなのに咲くと白なのが不思議な花だ。

Nkn_2931 5月の声を聞くと緑の輝きも強烈になったように感じられた。

Nkn_2933 アヤメだと思う。

(2)へ続く

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (2)

2013年5月 5日 (日)

2013/05/02 お台場海浜公園にて

この日の夕方はお台場地区の潮風公園からお台場海浜公園をのんびりサイクリングした。

K_5_7616 レインボーブリッジの手前下に見えるのは陸続きになっていないお台場。

K_5_7617 夕日の当たる海上で何やらしている景色を撮ってみた。どうやら屋形船の屋根に椅子を並べて遊んでいるようである。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

2013/05/02の木場公園の花

近所のお花はどういうのが咲いているのかを見て回った。
トチノキ、ヤマボウシは咲き始めているもののチラホラ程度だった。

木場公園ではニセアカシアが咲いていた。そこにあるのを知らなかった花である。

K_5_7600 フジに似た花だと思ったら同じマメ科だった。

K_5_7597 地味な花だと思う。

以下は公園内の都市緑化植物園にて。

K_5_7603 フジ。こんな咲かせ方も風情があるのでは。

K_5_7605 ジャーマンアイリス。

K_5_7606 上の中の一つをクローズアップ。

K_5_7608 カモミールだと思う。

K_5_7611 シャクナゲ。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

2013/05/02 そろそろバラのシーズン

あと10日もするとバラフェスティバルを開催する庭園が出てくる。
そこで近所のバラはどのくらい咲いているのだろうかと思い、古石場川親水公園を覗いてきた。

K_5_7591 確かに咲き始めてました。

K_5_7593

K_5_7596 毎年思っていることだが、今シーズンは気に入る写真を撮りたいものである。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (2)

2013年5月 2日 (木)

2013/04/28 カルガモ親子

先日区内の親水公園を自転車で走っていたら水辺に人垣ができていた。
何だろうと覗いてみたらカルガモの親子が餌を漁っているのだった。

K_5_7587 ニュースで紹介されるのを見たことはあるが、実物には初めてお目にかかった。やはりひなの動きはちょこちょこしていて何とも可愛い。
通りがかりのご婦人によると「随分減っちゃったわね」とのこと。厳しいんだろうけど何とか生き抜いてほしいものである。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

2013/04/29の皇居東御苑

開花状況のページを見てコゴメウツギとヒトツバタゴを見たくなった皇居東御苑を訪れた。

先ずは一階部分と言っていい二の丸庭園を回る。

Nkn_2862a コゴメウツギ。
去年可愛い花だなと思って名前を調べ好きになった花です。

Nkn_2871 池の藤棚。

Nkn_2872 本丸の階?に上がる坂のスイバ。
全体の形も近づいての個々の花の姿も楽しい花だと思う。
残念なことにここから先は日が陰ってしまった。

Nkn_2873 エゴノキ科ハクウンボクと札のあった木。

Nkn_2875 そのアップです。確かにエゴノキの仲間に見える。これの後ろにヒトツバタゴが咲いていたが、他の木が邪魔になってダメだった。小石川植物園のヒトツバタゴもすっきり撮れるアングルが見つからないことを思い出した。

Nkn_2879 これはアヤメの仲間でイチハツ(一発)というらしい。ジャーマンだの、ダッチだののアイリスに続きアヤメの仲間も咲き出しているということは、ハナショウブの季節も近いのだなあと思わずには居られない。

Nkn_2883 オオアマナ。

Nkn_2887 タニウツギ。

Nkn_2889 トチノキ。

Nkn_2897 咲き始めのヤマボウシ。

エゴノキ、トチノキ、ヤマボウシ、と、発汗を連想させる花の名前である。
汗の季節になる前に楽しんでおきたい気持ちが強いのだが、いかんせん、今シーズンは曇りの日が多いように感じるのである。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (2)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »