« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

2013/08/16 もう一度朝もやの田園風景

上越市での滞在最終日も早朝に目が覚め、もう一度朝もやに浮かび上がる田園風景を撮り歩いた。

Nkn_4436山頂の砂利採取場がよく見える。
まだ暗かったのでISO1250で撮れていた。

Nkn_4443一番高いのは米山と教えられている。

Nkn_4449平素はのっぺりした平地に住んでいるので、こういう山の稜線が見える場所に憧れを持っている。

Nkn_44515時半を過ぎ明るくなってきた。

Nkn_4454しかし朝焼けは見ることができなかった。

(D600 + 70-300mm)

| | コメント (2)

2013年8月28日 (水)

2013/08/15 糸魚川散策(2)

Dscf3764北陸線の線路を渡り南に向かって歩いているとこんな緑道が姿を現した。これは多分、地図にあった天津神社の参道ではないだろうかと思い、寄ってみることにした。

すると途中に相馬御風記念館というのがあったので見学。(300円)
彼が作詞した校歌の歌詞の展示が主で面白くなかった。

天津神社の境内に入るとこのように半分草に埋まった祠?が眼に入ってきた。
Dscf3769風情はあるが本殿がある雰囲気はない。
蚊に喰われそうな気配でもあったのでここはパスした。

Dscf3766これが本殿なのかと思い近寄ったが、神社の規模の割りに随分簡素で不釣り合いだ。おかしいと思いながらもここをあとにした。

(帰京後ウェブで調べてみたらこれは拝殿であり、本殿は後ろの木立の中だと知った。勿体無いことをしたけれども、ふらっと街歩きをするのが目的だったのだから仕方がない)

次はショッピングセンターへ。
近頃の地方都市では、ショッピングセンターは車でしか行けない(車に乗らない者には)辺鄙な場所にあるのが普通だろう。しかしこの街の規模が小さいからなのか、15分ほど歩くと到着できる距離であった。駅の周辺では人はまばらだったのに、ここは賑わっていた。

買い物、食事、Wi-Fiスポットでの情報収集をして駅に戻る。


Dscf3773北陸線を越えながらショッピングセンターを振り返ってみた。

Dscf3777秋葉神社の松が大きかった。
赤い旗には少年相撲大会と書かれている。

Dscf3779変わった建物と変わった煙突に惹かれて撮った一枚。醤油工場のように記憶して通過したのであるが、改めて地図を見ると味噌醸造の施設なのかもしれない。

Dscf3787これは帰りの電車の車窓から。
この区間の北陸線はほとんどがトンネルである。たまにトンネルを出ると海が見る者を楽しませてくれる。

(FINEPIX F550EXR)

| | コメント (0)

2013年8月27日 (火)

2013/08/15 糸魚川散策(1)

家族の帰省で上越市には40年近く通っているのに糸魚川には行ったことがなかった。

そこでこの日は北陸線を使って糸魚川に行ってみることにした。

Dscf3744直江津からこの鈍行を利用。
折しも、長らく土砂災害のため不通となっていた大糸線がこの日から再開されたため、普段より車内が混雑したかもしれない。因みに、不通になっていた糸魚川・南小谷間は未電化区間のため、ディーゼル区間だそうである。

Dscf3747糸魚川駅前にて。
古くからヒスイで有名な地域だったことを示す像が立っていた。後方の駅舎では再来年に控えた北陸新幹線開業の準備が進んでいた。

Dscf3751駅から100mほど歩いた海岸に展望スペースがあったので登ってみた。この方向にしばらく歩けば海水浴場があるはずなのだが、今回は暑さに鑑みパスした。

Dscf3754これは展望台から見た山並みの一部。
左方向の谷を進んでいけば白馬の山々の麓に到達することになる。

Dscf3759市街地を通って北陸線の北に向かう。
上越市同様、商店街はがんぎ通りになっている。

(2)へ続く 

(FINEPIX F550EXR)

| | コメント (0)

2013年8月26日 (月)

2013/08/14 戸隠高原散策

この日は早朝にピックアップしてもらい戸隠高原に連れて行っていただいた。

早めに出たので、お盆休みに依る人波が押し寄せる前に散策することができた。

Dscf3740歩き始めの池。小鳥ケ池?

Dscf3742こういう木道が整備されていて歩きやすい。

Dscf3741自然休養林内は植物園になっている。
まだ暑いためかアザミのほかはツリフネソウくらいしか見掛けなかったものの、都内では見たことのないキツリフネが咲いていたので嬉しくなった。しかしコンデジの電池が予想外に早くなくなり撮れなかった。(ここまではFINEPIX F550EXR。これ以降はiPad)

Img_0157鏡が池に到着。
こんなに素晴らしい眺望に巡り会えるとは思っていなかったので感激した。
こういう場所なら半日でも眺めていたいくらいである。

Img_0161戸隠連山は険しい。
修験道の修行場として使われているらしい。

| | コメント (0)

2013年8月24日 (土)

2013/08/14 早朝の田園散策

夜の明ける前に目が覚めてしまったので、カメラを持って外を歩くことにした。

インターネットに繋がる環境がなければ夜も早くなり、朝も早くなるということである。

Nkn_4388朝もやの中に山の稜線と屋敷林が浮かび上がる。この景色はいつ見ても良い。

Nkn_4392日の出の方向は赤味がかっている。

Nkn_4401後ろの稜線の左の台形は妙高山、右の尖りは火打山。

Nkn_4418道端に植えられていたオミナエシ。

Nkn_4424サルビアの花壇越しに屋敷林。

Nkn_4425ちょっと存在感のあったトラクター。

(D600 + 70-300mm)

| | コメント (0)

2013年8月23日 (金)

2013/08/13 ナツズイセンとクリ

上越市滞在中、我が家の近所では見たことのないナツズイセンを見た。

Nkn_4376ひと目で彼岸花の近縁と分かる雰囲気だったが、帰京後あちこちのウェブで紹介されているのを見て名前を知った。

Nkn_4385こちらは栗。

(D600 + 70-300mm)

| | コメント (0)

2013年8月22日 (木)

2013/08/13 高田公園のハス(3)

Nkn_4319西堀の北端から。

Nkn_4325交配が進んでいるのが分かる。

Nkn_4326もう一度西堀を振り返ってみる。

Nkn_4329このあとはこの砂利道を進み、左側の北堀を回る。ここまで来るとカメラマンは私だけである。

Nkn_4343しかしこの北堀が一番花の密度が高いように思う。

Nkn_4345これは北堀の東端から高田駅方向を撮っている。

Nkn_4347北堀の北側は普通の車道である。
これはその車道の歩道から撮っている。

Nkn_4350私は蓮は撮っていると飽きないんです。

Nkn_4364右の黒いのが気に入って撮った一枚。

Nkn_4365北堀も西端が近づいてきた。

Nkn_4366落ちる寸前の花びらが振り袖のようだ。

(D600 + 70-300mm)

次の一枚は2002年7月末に北堀の東端を写した写真です。

C729m49

| | コメント (0)

2013年8月21日 (水)

2013/08/13 高田公園のハス(2)

西の濠に架かるオレンジ色の橋は西堀橋と呼ばれているようだ。

その橋を西に渡りながら撮り続ける。

Nkn_4296多少高いので上から覗き込むことが出来る。

Nkn_4293花びらを落とし切っていないハス。

Nkn_4301橋を渡り切ると逆光になる。

Nkn_4310今度は西の岸辺を北上する。

Nkn_4312濠沿いの花壇のムクゲ

Nkn_4311遊歩道脇の鉢のハス。

Nkn_4315これも鉢のハス。
(3)へ続く

(D600 + 70-300mm)

| | コメント (2)

2013年8月20日 (火)

2013/08/13 高田公園のハス(1)

縁ができて40年近くになるが、夏の高田に行く楽しみの一つは高田公園のハスである。
この日、一時間に一本のバスの一番早いのに乗って蓮の花を撮りに行った。

先ずは西側の外濠から歩き始めた。この濠はハス見物の中心となっている濠である。

Nkn_4262撮り歩きを始めた辺りでは、あまり密集して咲いているところはなかった。

Nkn_4268このように撮り頃のハスは、たまにしか見当たらなかった。今年の高田公園のハスは当たり年ではないのかもしれない。

Nkn_4272後方の橋は初めてここに来た頃は無かった橋である。城跡の北、西、南の三方を囲む外濠の西濠に架けられている。

Nkn_4279その橋上からの眺め。空気が澄んでいれば妙高山、黒姫山まで見えるのだが、この日は霞んでいて見えなかった。
(ここに写っている濠は城跡三方を囲む濠全体の1/5くらいの広さです)

Nkn_4285これも橋上から。水面が顔を出しているところはあまり無い。

(2)に続く

(D600 + 70-300mm)

| | コメント (0)

2013/08/19 岩合光昭写真展 ねこ へ

前日の地下鉄車内で中吊り広告の猫がジャンプしてる写真に魅せられ、翌日ヒカリエ9階で開催されている写真展を観てきた。

期待以上の数の写真に「いいね!」を感じた。

朝もやの中を出漁する漁船を見送る?ねこ、駄菓子屋のロシアンブルー、堤防上を撮影者に向かって悠然と歩いてくるねこ、出迎える家族ねこ、などなど、たくさん気に入った写真があった。

美しい風景や、見れば状況の分かるアングルの中でねこを活かしているのが見事だった。私だったら背景の方にピントを合わせて猫を何となく入れるだろうとも思った。

入場料が800円と手頃なのも、ほいと出掛けた理由の一つだったのだが、出入口に設けられているショップで出展されているのを掲載した写真集が1680円と手頃だったので、発色がかなり落ちるとは思いながらも購入。発色が良好で値段も手頃なポストカードを買う手も用意されているなど、なかなか商売もうまいと思った。地下鉄のポスターから併設グッズのショップまで一貫して見事にやられたなという感じである。

以下の写真はヒカリエの11階からの眺め。

Dscf3799路上は35度くらいの暑さのはずだ。

Dscf3801代々木体育館、代々木公園から西新宿の超高層ビル群までの位置関係が良く分かる。

Dscf3802広々した空間。

Dscf3803ちょっとコーヒーでも飲もうと思って行ったのだが、私が折り合えるような店はなかった。基本的に女性がターゲットの商業施設と見た。

(FINEPIX F550EXR)

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

2013/08/12 上越市へ

付合い帰省で上越市に行ってきました。

これは新幹線からほくほく線への乗換え通路で撮った越後湯沢の風景です。

Nkn_4243

(D600 + 70-300mm)

| | コメント (0)

2013年8月15日 (木)

2013/08/14 戸隠高原にて

コンデジがまさかの電池切れにつきiPadの写真です。

Image

| | コメント (0)

2013年8月10日 (土)

2013/08/07 不忍池のハスが見頃 (2)

Nkn_4197やはり夏の日差しは強い。
日の当たる花びらの色が飛ばない範囲に調整すると、葉は日が当たっているにもかかわらず、日陰や室内光を思わせるような明度に沈んでしまう。

Nkn_4204250mm、F5.6(開放 ^^;)
合焦した右の花までかなりの距離があるのに、ちょっと手前の花は予想以上にピントが外れて写った。APS-Cサイズの撮像素子よりボケを作り易いのが分かる。

Nkn_4208これは実際より明るめかもしれない。

Nkn_4216_2まるで葉が一輪の蕾を握り、差し出してくれているかのような構図で撮れていた。もちろん狙ったわけではない。

Nkn_4229特にコメントなし。只の記念写真です。

(D600 + 70-300mm)

| | コメント (2)

2013年8月 9日 (金)

2013/08/07 不忍池のハスが見頃 (1)

ウェブで見ていてそろそろ見頃或いは最盛期と思われる不忍池(しのばずのいけ)のハスを撮りに出かけた。この日はたいして早く起きられなかったので、上野御徒町駅に着いたのは8時半頃になっていた。

Nkn_4178この池は花がびっしり咲くわけではない。

Nkn_4174たまたま蜂(虻?)も写った一枚。

Nkn_4180日陰の一輪がなかなか妖艶であった。
だいたいの色合は再現できたように思うのだがまだちょいと違う。

Nkn_4185カメラのコントラスト設定は弱めにしてあるのだが、それをRAW現像時に更に弱くしても、なかなか目で見た印象に近づいてくれない。

Nkn_4191鯉の航跡が涼しげだったのでカメラを向けてみたが、思うようには写らなかった。でも水面に映る葉っぱは好きな感じ。

(2)に続く

(D600 + 70-300mm)

| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

2013/08/05の仙台街中散策

長沼から仙台に戻り、同行者が置き忘れたスマートフォンを無事回収した。

お世話になったお礼の気持を込め、ホテルのコーヒーショップにて、ちょっと高めのずんだパフェとコーヒーを注文し、ゆっくり休憩した。

ツアーの指定する列車の時間までまだ数時間あるので、ふたたび七夕飾りを見ながらぶらぶらする。

K_5_7946短冊を飾る竹の高さと、斜めにしならせて立てる飾り方が印象的だ。

K_5_7950東京より5度ほど気温が低かったので、吹流し状の飾りも涼やかに見えた。この写真に写っている辺りは繁華街でもはずれの方なので、通りのベンチで休憩しながらゆっくりできた。

K_5_7949仙台名物といわれる横丁の一つも歩いてみた。ドキドキである。東京でこういう横丁と云えば専ら飲み屋街。おっかないところという認識を持っているのだが、仙台の横丁は喫茶店あり、工芸品店あり、洋品店あり。一時代前の商店街の雰囲気が残っているようだった。

しばらくするとにわか雨が降りだし、アーケードの切れる交差点では軽くシャワーを浴びる感じとなった。しかし繁華街は大変な人波で、このくらいのお湿りでは水を刺されない様子なのだった。

夕方発の新幹線は進むにつれ雨脚が強まり、福島県内では雷雨となった。こんな中をよくぞ平気な顔して突っ走るものだと感心する。到着後のニュースで福島県北部で大雨被害が出たことを知り胸を撫で下ろすと同時に、いろいろあった今回の旅行のことが走馬灯のように頭をめぐったのだった。いやぁー、たまには旅行するもんですね ^o^

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

2013/08/05 伊豆沼のとなりの長沼へ

この日、早起きして東北線の下り始発に乗った。仙台発6時。
新田(にった)駅まで一時間余りである。
蓮の花を観るのだから朝は早いほど良いはずなのである。

松島駅の手前で東北線は一時的に海沿いを走った。
この海岸にも津波は押し寄せたのだろう。

新田駅からタクシーで15分ほど走り2450円で長沼の遊覧船乗り場に到着。

K_5_7893しかし辺りに人影がない。
蓮は岸辺に結構咲いているものの、不忍池のほうがおおいかもしれなかった。

K_5_7942これは船に乗ったあと写したものだが、到着時点でおじさんの歩いている先は鎖で閉鎖されていた。何と!観光船は9時から運航なのだった。

K_5_7907仕方がないので沼沿いに10分ほど歩いてみたが、ハスに近寄れる場所はなく、望遠をいっぱいに伸ばしてもこのくらいであった。

K_5_7917待つこと一時間強、やっと乗り場の岸辺に着くことができた。

K_5_7936舟からのハス。
残念なことに沖合を巡る舟のコースにはごくまばらにしか咲いていなかった。
岸辺は水温が高いので先に咲くのだとのこと。

K_5_7924おおむねこんな感じであった。
船頭さんがすまなそうに色々説明してくれたが、半分は分かって来たのだから仕方がないのである。

K_5_7935咲き茂る盛りに来れたらさぞや満喫できたことだろう。

K_5_7929岸辺の近くを通るとこういうのもあった。

K_5_7940これはチョウトンボと云うそうだ。
船上でもチョウチョ、或いは蛾が舞うように飛んでいたのを、船頭さんに教えられたトンボであるが、舟を降りると丁度うまい具合に舞い降りてくれた。

さて遊覧を終え9時半。隣接するヴィーナスの湯で入浴・昼食していくことにしていたのであるが、またここで10時の開場を待つことになった。

ここで今回の旅を思い付いたきっかけをご紹介。
(このあとは写真なしです。)

一度で良いから満開のハスを縫うように巡航する伊豆沼の遊覧船に乗ってみたかったのである。そこでいろいろと旅行の手段を調べたところ、新幹線往復と仙台での泊まり付きの格安ツアーを利用するのが安そうだとなった。通常であれば開花状況と好天の確認をしない限り出掛けない私であるが、費用に目が眩んだのである。

しかし今年は長梅雨のため伊豆沼の水位が上昇。ハスは沈んでしまい、はす祭りは中止となった。(お盆頃には咲くかもしれないとのこと)

ツアーは取り消すと手数料30%を取られてしまうのである。

そこで調べたところ、ファルコンさんのブログから、隣りの長沼は伊豆沼ほどの増水がなく、遊覧船を浮かべてのはすまつりも開催されることが分かった。温泉も楽しめるようなので行ってみることにした、と、いうような事情でございました。

次回は舞い戻って歩いた仙台の写真を載せます。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (4)

2013年8月 6日 (火)

2013/08/04 仙台散策

40年ぶりくらいで仙台へ。と言っても前回は仙台を通過しただけなので、街を歩くのは初めて。オマケに東北新幹線に乗るのも初めてだった。

K_5_7879仙台駅は数日後に始まる七夕祭りの飾りが飾られていた。

K_5_7880街中にもこんな飾り付け

このあとホテルチェックインの時間が来るのをロビーで待っていると突然の揺れが。
これは宮城県沖を震源とするM6.0の地震で、仙台は震度5弱であった。
未だに大地震の余震が続き、震度4の地震がたまに起きていることは承知していたが、震度5には驚いた。

K_5_7886ここは散策した定禅寺通りのケヤキ並木。
通りが広々としている上に、七夕祭りの影響なのか若い人の通行が多く、予想外に活気のある街だった。前橋、宇都宮などは中心部の空洞化が目に見えたが、ここはそうなってはいないのかもしれない。

K_5_7889目抜き通りの飾りも賑やかだった。

翌朝は早起きして始発に乗り、伊豆沼近くでハスの咲く長沼へ。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年8月 3日 (土)

2013/08/03の不忍池

昨日は比較的涼しかったので自転車で出たところ、とても快適に走ることができた。
それに味をしめて、今日は不忍池まで走ってみた。

K_5_7874着いたのは昼だったので花は閉じてしまっていたが、早朝なら随分な数のハスを楽しめそうだ。

K_5_7876せっかくなので近くで咲いているのを一枚撮った。
さて、走行距離は17.9kmと短かったのだが、今日は買い物自転車の家族の伴走だったので歩道専門。これは爽快感に欠けたし、陽が出るとさすがに暑く、帰宅するとすぐに居眠りが出てしまったのだった。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »