« 2013/10/26の夕空 | トップページ | 2013/10/27の夕空(2) »

2013年10月28日 (月)

2013/10/27の夕空(1)

この頃我がクロスバイクの一番よく使うギアが遊ぶようになってしまった。そのギアでの走行中にベダルに力を掛けると、チェーンがギアを掴み損ねてがくっと一歯分空回りするような感じである。ショップで見てもらったらギアの摩耗のせいだと分かった。

そこで、安いとは思えない費用をかけてギアとチェーンを交換してもらった。そのギアの使用を避けて別のギアで走れば一応解決する問題ではあったが、2年で3500kmと、私にしてはよく走ったのだから、それは当然生じる保守費用、と割り切るほうがいいと考えたからである。

交換作業後、その自転車に乗って走り始めたら実に良い漕ぎ心地であった。
こんなにペダルの力がしっかりギアに伝わるとは、と感心し、すっかり良い気分になった。

そこでのんびり走りを楽しみながら、臨海部の青海埠頭まで至る。強い北風に背中を押され、尚更快適な走行だった。

この日中は全くの快晴だった空だが、夕方になると多少の雲が浮かんでいた。

K_5_8103横から光線が当たると、快晴であってもかなりの粒子が浮いていることが分かる。

K_5_8109まもなくすると陽の光が急に色付き、視界がすべて金色(黄土色?)に染められた。夕空を追いかけていると、たまにこういう光の状況に遭遇できるのである。ブラック・アウトならぬゴールド・アウトとでも名付けたくなる状態だ。

K_5_8110いやー輝かしいです。
愛車をスポットライトが当たる位置に置けば良かったですね。

(2)に続く

(K-5 + 18-250mm)

|

« 2013/10/26の夕空 | トップページ | 2013/10/27の夕空(2) »

サイクリング」カテゴリの記事

夕景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/10/26の夕空 | トップページ | 2013/10/27の夕空(2) »