« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

2013/12/25の向島百花園 (3)

Nkn_5953aフジバカマのようだ。

Nkn_5966立て札によるとアシズリノジギク。

Nkn_5968同じくフリソデヤナギ。

Nkn_5972
野イチゴの仲間のような気がする。

Nkn_5975??
何という花だったのか、皆目見当が付かない。

Nkn_5979ボケ。
ボケは随分花期の長い種類だと思う。(4)に続く

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (2)

2013年12月30日 (月)

2013/12/25の向島百花園 (2)

Nkn_5946ツバキだと思う。
写真を撮るのが趣味になった頃、ツバキはとっぷり春にならないと咲かない花、という感じがしていたのだが、種類によっては年も明けないうちから咲くようだ。

Nkn_5949キブシの残り葉がとても立体的に見えてきれいだった。(写真はそう写っていないかもしれませんが)

Nkn_5954ヒメカジイチゴ、との立て札が立っていたのだけど、本当にこんな大きな葉のイチゴなのだろうか。

Nkn_5956イタドリの残骸が規則正しくて美しく見えた。

Nkn_5959立て札がなかった。
ツバキなのかサザンカなのか、近い仲間なのだから私にはどちらでもいい。

Nkn_5960
これも花の時期に見れば種類が分かるような気がする。

(3)に続く
まだここの写真で気に入ってるのがある上に、28日には小石川植物園でまた撮り歩いたので、年明けも今年の分を載せ続けそうです。私には年が進むからどうのという意識はないので、普段通りに楽しむばかりです。しかしさすがに大掃除だの買い物だのに無関心で居ると風当たりが強く、100%自己流を貫くのは困難な時期でもあります (^.^;)>

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月29日 (日)

2013/12/25の向島百花園 (1)

時期外れの植物園にも何か撮るものがあるだろうと思い、都バス一日券を利用して向島百花園へ。

Nkn_5925先ず目に付いた入口付近のカシワ。
風が吹くとガラガラと音を立てるのだが、この日は穏やかで静かだった。

園を出る時にこの下で上を見上げてびっくりして撮ったのが次の写真。
Nkn_5992陽に透けるとこんな色彩が浮かぶとは!
まるでお札の透かしのようだ。

Nkn_5931スイセン。

Nkn_5937スイフヨウ。

Nkn_5939? 鮮やかな朱色だ。
たぶんよく知っている花の植物なのだが、、、
サツキの仲間?

Nkn_5940秋にここで咲いていた花から考えると、これはカリガネソウだろうか。そうであれば随分姿が変わるものだと思う。(2)に続く

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月27日 (金)

2013/12/24 北の丸公園にて

この日は久しぶりに走り回ってやろうと思い自転車に乗った。
先ず向かったのは日比谷公園。池端のモミジが残っていたら、と思ったのだがきれいに散ってしまっていた。
次に向かったのは北の丸公園。前回訪れた時は全く青々していた千鳥ヶ淵寄り土手のモミジを確認したかったからである。

Pc240677土手の上で残っていた黄葉。

その少し下の、モミジ見物用と思われる四阿の辺りでは、こんなのを楽しめた。

Pc240678

Pc240683同じ場所。
まだ紅葉していない葉にピントを合わせて撮った一枚。

このあと靖国神社を横切り神楽坂近くで昼食後、新目白通りで山手通りに入り要町の名曲喫茶ショパンへ。店主のおやじさんにオーディオに関するためになる話をひとしきりしてもらってから更に山手通りを北上。中山道で明治通りに入り飛鳥山、高台沿いに谷中、上野公園に抜ける。
低い気温も手袋とネックウォーマーのお陰で気にならず、少々疲れたながら楽しいサイクリングとなった。走行距離は意外に長く42.9kmだった。

(E-P3 + MMF-3 + 14-54mm)

| | コメント (2)

2013年12月26日 (木)

あとから気に入ってきた写真 (3)

Nkn_58902013/12/16 上野公園にて

Nkn_5905同上

Nkn_5906同上

Nkn_5914同日、谷中霊園にて。仏花?

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (4)

2013年12月25日 (水)

あとから気に入ってきた写真 (2)

12月15日の夕空 青海にて

Pc150645
どうせ潰れてしまう太陽とその反射を木で隠して撮りました。

Pc150648
羽田を離陸して左に旋回しながら上昇中。

Pc150649船の科学館脇の海王丸
一応富士山も写ってます (^.^;)>

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (0)

2013年12月24日 (火)

ムクドリの大群

夕方になると近所で飛び回るムクドリの大群です。騒音、糞害を引き起こしています。Nkn_59212013/12/16撮影

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月)

あとから気に入ってきた写真 (1)

紅葉もほぼ終わり。間もなくロウバイが咲き始めると思いますが、取り敢えず紅葉や花の写真を撮る季節は一段落したでしょう。

私が写真を撮ってる主な目的の一つに、自分のPC画面上でのスライドショーのため、というのがあります。その中から、見ているうちに気に入ってきた写真をポチリポチリとアップします。

Nkn_56062013/12/02平林寺にて
(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

かわった色合い

12月4日に六義園から飛鳥山を歩いた際に写した中で、かわった色合いのだと思う写真を掲載してみます。

Nkn_5726六義園にて、枯れ葉の中で咲くサツキ

Nkn_5750同じく六義園のムラサキシキブ?

Nkn_5778西ヶ原にて。
やけに葉っぱが黒ずんだサザンカだった。ツバキかもしれない。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

2013/12/17の自然教育園(2)

「森の小道」は山の手線の内側に居ながらハイキングをしているような気持ちになれる場所である。

K_5_8304_2この木の紅葉は最盛期を過ぎたようだ。
去年はびっしり詰まった紅葉だったことを思い出す。

K_5_8311武蔵野植物園近くの紅葉。

K_5_8319入り口からの道を突き当たり少し左に行った場所の紅葉。この日見た中で一番印象に残った。

K_5_8323その右下の部分をアップでもう一枚。

更に左奥に少し進んだが、もう紅葉の見所はないはずなので戻り、もう一枚撮った。

K_5_8326先程より光が良いみたいだ。

K_5_8328池の道端のススキ。

K_5_8331ここは本来なら一番ゴージャスな紅葉を見られる場所。先ほど団体が居てパスした場所でもある。しかしながら半ば散ってしまったようだ。

これで今シーズンの紅葉狩りは終わりだと思う。でも例年通りなら、ほどなくロウバイが咲き始めるはず。ロウバイが咲き始めて2週間もすれば早い梅も咲くだろう。楽しみだ。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年12月20日 (金)

2013/12/17の自然教育園(1)

天候が悪化するという予報を見て、その前に白金台の自然教育園を歩いておこうと思った。風雨が続けば残っている紅葉がみな散ってしまうだろうからである。

K_5_8272センリョウの実

K_5_8275入り口から100mくらい行くと最初の紅葉帯が見えてくる。ここを通り越して振り返ると次のように見える。

K_5_8277右下に僅かに写っている団体の方々とタイミングが合ってしまい、二又を通過したところにある一番の見所で写真を撮れる状態ではなくなったため、そこは帰りに写すことにして池まで降りた。

K_5_8288池越しに左の湿生植物園を望む。

K_5_8291右にはこんな目立つ樹の実が見えた。
ウェブで調べると、どうもイイギリの実のようだ。

K_5_8297これは昼なお暗いひょうたん池

K_5_8295マユミの実
殻の中の実を見たのはこれが初めてだった。

この後は「森の小道」と名付けられた道の方へ回る。

(2)へ続く

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2013年12月18日 (水)

2013/12/12の新宿御苑(4)

日本庭園を出ると外周の遊歩道の先に綺麗な紅葉が見えてきた。自然林のような森や野鳥が集うせせらぎのある一帯だ。元気一杯であれば当然見て回るのだけど、今回は帰りの走行もあるので省略し大木戸門の駐輪場を目指す。

レストランや休憩所の地区に至る前にこんな濃い色の紅葉が目に入ってきた。
Pc120597

レストラン前の植栽に囲まれた一角にはスイセンが咲いていた。スイセンと言えば早春の花。こんな時期から咲いているなんて知らなかった。しかし84mm相当のズームでは届かないので写真は撮らず。

Pc120603これはそのちょっと先で見た紅葉。
通りがかりの人達が「これを見たら誰でも綺麗だと思うよな。」と話していたのを聞いて、撮ろうか撮るまいか一瞬考えたが、やはり撮影。下で咲いているのもスイセンです。

Pc120607これはジュウガツザクラだと思う。

Pc120609歩き始めた辺りに戻ってきた。
左はヒマラヤスギ、中央はユリの木と思っている。
右はラクウショウかと思っていたらメタセコイヤらしい。見分けるのが難しいらしいが、葉が互生するのがラクウショウ、対生するのがメタセコイヤだそうだ。

Pc120611ユリの木の巨木の枝越しに温室。

Pc120616大木戸門近くのサザンカ。
背景はイチョウの落葉です。

Pc120617ヒマラヤスギ。
ベンチで休憩しながら撮りました。園を一周りして結構疲れたなー。

しかし自転車を漕ぎ始めるとすぐ、爽快感が疲労感を上回り、途中で綺麗な夕空を撮影することもできた。新宿通りから内堀通り、と普通通りに走ったこともあるのだろうが、走行距離は22.6km。えっ、こんなに近かったっけ?という感じだった。

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (2)

2013年12月17日 (火)

2013/12/16 上野公園~谷中散策

ちょっと散歩してみるか、と紅葉が終わったかもしれない上野公園に出掛けた。

Nkn_5911すると、モミジの紅葉を中心にまだまだ楽しめることが判明。しかしながら紅葉の写真は気に入ったように撮れませんでした。

Nkn_5912じゃあ次に谷中霊園を抜けてみるか、と歩き始めた街角の黄葉。谷中は霊園も銀座も面白くなかったです。それでも結局西日暮里まで歩いてしまい、「ちかりたびー」の帰宅となりました。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月)

2013/12/12の新宿御苑(3)

Pc120579園内にはこういうモミジも多く見受けられた。残っていたというより、まだ見頃だった、と言う方が合っているかもしれない。

Pc120583この鮮やかな黄色は、近寄ってみるとヤマブキの葉のように思われた。

Pc120585池端のススキ。
これを左から橋を渡って写したのが次の写真。

Pc120589その場の印象を残せたように思います。

Pc120590これも、私が撮った中ではまともに写っているように思う。E-P3は私に合ったカメラなのかもしれない。

Pc120594これにて日本庭園の部を終了です。
(4)に続く

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (0)

2013年12月15日 (日)

2013/12/12の新宿御苑(2)

温室を出てまず目に付いたのは、爽快な青空に浮かぶ雲と、巨大なユリの木の競演。

Pc120559写真にすると樹木は小さく見える。
芝に休んでいる人々の大きさから樹の大きさを想像していただくしかない。

Pc120561残っているイチョウの黄葉。
散っていないイチョウもたくさんあった。

Pc120563大きなユリの木がたくさんある庭園です。

Pc120565中央線側の低地に降りていく。
この紅葉は何だろう。春にこの辺りで咲いていたのはゲンペイモモだったか。

Pc120567池の畔の桜の黄葉。
一時期はこの桜を修善寺寒桜と案内図上呼んでいたような気がする。

Pc120577池沿いに日本庭園に向かって歩く。
この辺りは春にコブシの花を楽しめる場所だったと思う。
それにしても広い園内なので、ちょっと疲れてきた。帰りの自転車は下り坂基調なのだから何とかなるだろうけど、歳の割りに頑張り過ぎなのかな、と思わないでもない。

(3)に続く

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (2)

2013年12月14日 (土)

2013/12/12の新宿御苑(1)

もう紅葉は終わっているだろうけど、検査に備え控えていた自転車を再開するきっかけとして、新宿御苑を観に行くことにした。

晴海通り、新宿通りと問題なく走行。やっぱ自転車は爽快です。

御苑に着くと今回はまず温室へ。

Pc120544咲いている睡蓮は少なかった。

Pc120545シロバナオオベニゴウカン。
ゴウカンは合歓であり、合歓二文字だとネムと読ませるあの樹木を指し、確かに似ている。いずれにせよきわどい響きであり、同時にきわどい漢字でもある。個人的にはこういうネーミングは馬鹿げていると思う。

Pc120546なかなかいい雲が映っている。

Pc120547これはかわいい花だと思った。

Pc120550毒々しいほどの色合いの葉っぱです。

Pc120551ハイビスカスの仲間と思う。
ちょっと変わった色合いに見えたのは温室に入ってくる光のせいだろうか。

Pc120552出口付近のゴクラクチョウカ
(2)へ続く

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (0)

2013年12月12日 (木)

2013/12/12の夕空

新宿御苑で思いがけず楽しい写真散策をした後、日比谷公園辺りに差し掛かると、夕陽が金色となり雲が色付いてきれいだった。そこでちょっと自転車を回し、西の空を見渡せる皇居前広場に寄り道。

Pc120622こういう空を見るとすかっとします。

更に家路を辿っていると、京橋辺りで頭上の雲が紅く色付いていることに気付いた。
しかしビル群の中では夕空鑑賞は無理。諦めて走り続けた。

すると、隅田川を渡る時に紅い夕空が続いていてくれた。ラッキー!

Pc120633紫がかった雲の下部に紅い光が当たり、珍しい夕空になっていた。やはり夕暮れ時はお外に居るのがいいですネ^o^)/

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (0)

2013/12/11の豊洲の夕空

快晴で雲ひとつ浮かんでいなかった空でも、太陽が地平線に近づくと多少遠くの低い雲が見えてくるものだ。

Pc110533
(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (2)

2013年12月11日 (水)

2013/12/06の清澄公園

清澄公園は清澄庭園に隣接している。元はここも清澄庭園だったらしい。

Nkn_5839入り口。
日の当たる角度が丁度良い時間だったようだ。

Nkn_5840緑、黄色、茶色、紅色が混ざっていて良い。

Nkn_5842これは暗めのモミジ

Nkn_5846イチョウの落葉は別世界のように感じる。

Nkn_5847これは暗めでド派手な紅葉だ。
下に写っているように、ここは幼児、小児が楽しめる公園。ベンチで休んでいるお年寄りも多い。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月10日 (火)

2013/12/10 豊洲の夕空

今日は久しぶりに雨。それも雷鳴が轟くなどして、一時はかなり荒れた。

豊洲で所用を済ませ、ララポートでお茶しながらの読書後、外に出て見ても、まだ雲が掛かっていてぱっとしない空だった。
Pc100493

そこで今日はダメかと思い、図書館でまた読書。そして外に出ると今度は陽が刺していたので、再び豊洲公園に向かった。

Pc100497おお、なんか賑やかな夕空だ。

Pc100498夕空と反対側のオフィスビルにも夕陽が。

Pc100509そしてとても迫力のある夕空を楽しめた。
北風が強くて体が揺すられる中、たくさん写真を撮りました。

Pc100511南の空にも夕陽が飛び火している感じだった。

Pc100514そして北の空も。

Pc100522茜色が消えても、澄んだ空にダイナミックな雲が列をなしていた。望遠レンズも広角レンズもあったらもっと楽しかっただろう。

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (2)

2013年12月 9日 (月)

2013/12/06の清澄庭園

この秋の清澄庭園は今どんな景色なのか、と思い立ち見に行った。

Nkn_5812モミジの紅葉が残っていたが、光の当たり方が悪かった。しかしこのイチョウが派手に輝いていた。

Nkn_5829ハゼの木の紅葉も派手でよいけれど、こういう姿も悪くない。

Nkn_5830この涼亭で成金の岩崎弥太郎も遊んだのだろうか。
しかしながらこの庭園の売りは置いてある石と言うか岩石です。

Nkn_5831小魚を狙っているコサギとバン?

Nkn_5832この紫色に今シーズンは惹かれている。
(アジサイだと思っています。)

Nkn_5835この石灯籠はいつもユリカモメに占領されている。

次回掲載は、このあと回ったお隣りの清澄公園の紅葉です。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月 7日 (土)

2013/11/26 小石川後楽園へサイクリング(3)

だいぶ間隔が開いてしまったが、小石川後楽園の続きです。

(2)で紹介した場所から、今度は池を時計回りに巡る。

K_5_8184001紅と茶の紅葉がきれいだった。

K_5_8186その隣りのスポットは見頃の手前だった。

K_5_8188入り口から池の対角線上辺りのスポット。

K_5_8191その左隣り。
ここのモミジは樹形がきれいだと思う。写真を撮る人が絶えない場所だ。

K_5_8194その下部。

K_5_8196同じ場所で見上げて撮った一枚。

K_5_8202_2これで3/4周回った辺りです。
予想以上に楽しい紅葉狩りとなりました。

次は飯田橋駅前の牛丼屋でねぎ玉牛丼を食べたあと撮った神田川に垂れ下がるツタ?です。
K_5_8211
このあとの帰り道は水道橋から神保町に抜け、清洲橋通りへ。
清澄公園でも紅葉風景をたくさん撮り、自転車の空気入れで晴海に回る道では隅田川越しに夕空撮影も楽しめた。そちらもサイクリングの続きとしてアップする予定でしたが、それにしては古くなりすぎたので割愛です ^^;)>

走行距離は意外と短く23.1km。
(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (4)

2013年12月 5日 (木)

2013/12/05の木場公園

今日は近所での用事が空振りに終わり、空いた時間を使って木場公園などを歩いた。

するとイチョウ越しにまだ残っていたケヤキの紅葉が輝いていた。
Pc050476

こんな思いがけない出会いもあるので、首に掛けて歩けるE-P3は重宝してます。

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (0)

2013/12/04 六義園~飛鳥山公園

紅葉の写真はもう飽きた。でも散歩がてらちょこっと六義園に行って、ちょいちょいと写真を撮ってすぐ帰ってこよう、と思って駒込に出掛けた。

Nkn_5699いつもながら野趣に富む紅葉だ。

Nkn_5710そして、こんな紅葉を楽しんでいるうちに、たちまち写真を撮ることに夢中になってしまった。

Nkn_5734このアングルは人気があるようで
大勢の愛好家が私の後ろに集っていた。

Nkn_5763築山の上からも俯瞰した。

園をあとにし駒込で食事しようとしたところ、ちょっとしたトラブルがあり一軒目の店を出た。(詳細省略) 別に腹が減っているわけでもないので染井銀座近くの昔馴染みのとんかつ屋まで歩く。そして馴染みのおじさんと話が弾み、予想外に楽しい昼食をすることができた。

食後は、ここまで来たのだからついでだとばかり、飛鳥山公園を散策して王子駅まで歩くことにした。

Nkn_5796飛鳥山公園の一角の児童公園。
うしろに置かれている都電は、私が通学に使っていた頃と同じ型なので何とも懐かしかった。(いま走っている都電はモダンなデザインの車両に替えられている)

Nkn_5802平日でも混んでいた六義園とは違い
飛鳥山公園はひっそりしていた。

Nkn_5807公園の北端から通りを隔てた雑木林を撮った一枚。だいぶ日が傾いてきている。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月 3日 (火)

2013/12/03の夕景

昨日は新座、朝霞方面を歩き回ったので本日は休養日。
夕方自転車で近所を散歩した。(デジカメを首にぶらさげて)

Pc030454晴海大橋の晴海側
貨物埠頭は姿を消し、何か工事してるなと思っていた岸辺は遊歩道が整備されていた。
この岸辺の右は再開発され超高層ビル群になる、と新聞で読んだ。

Pc030457北東方向
積雲の列が夕陽を浴び、ほのかに輝いていた。

Pc030462傍らに控える頼もしい相棒\(^o^)/
快適な走行でQOLを高めてくれてます。こんな高い橋に登るのも楽ちんです。

Pc030464建設中の豊洲大橋をくぐり、水上バスが近づいてきた。ララポートに向かっているようだ。

Pc0304651/50でもまあまあ止まって写っている。
背景は左端の有明清掃工場からお台場の超高層マンションまでが写っている。

このあとトリトンスクエアのサイクルショップで空気を入れる。
(自宅に空気入れがないわけではありません)

Pc030468朝潮運河越しに日没の空 (1/20秒)

ISOを一番低い200に固定して、ざらつきは我慢できるくらいに低減しました。

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (2)

2013年12月 2日 (月)

2013/12/02 平林寺へ

今年の紅葉シーズンのクライマックスと考えていた新座市の平林寺に行ってきた。

Nkn_5562入口付近で

Nkn_5588入り口から見て本堂の右裏の方で

紅葉は期待通り美しく、大変楽しい紅葉狩りになりました。
しかし写真を撮り過ぎ、RAW現像をしていて辟易しましたです。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2013年12月 1日 (日)

2013/11/26 小石川後楽園へサイクリング(2)

K_5_8160築山から見たモミジ林
もうしっかりと見頃になっていた。

K_5_8162もう一枚、少し違う場所からの写真。

次に水辺に降り、池に注ぐ渓流?を撮ってみた。

K_5_8169どこから引いている水なのか知らないけれど、何とも澄んだ流れだった。

K_5_8171水辺でのもう一枚。

K_5_8175入口付近を見下ろした一枚。
黄土色、茶色、赤茶色が華やかに競っている感じだった。

K_5_8176まだ紅葉していないモミジも散見された。
こういうのが紅葉する頃には落葉も進んでいるのだと思う。

K_5_8178かなり高いところにベールのように広がる紅葉。ちょっと現実離れした空間に感じられた。

(3)に続く

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »