« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

2014/01/29 赤塚植物園へ

もうセリバオウレンが咲いているとウェブで知りさっそく行ってみた。
確かあそこのあの場所は午前中でないと日が当たらないんだから、行くなら早く行かなきゃ、と思って出掛けたのだが、結局着いたのは昼近くとなった。

Nkn_6282a滑り込みセーフと言うべきか
或いはアウトなのか。やはり順光が欲しかった。
真ん中の三厘はウェブで見た通りの咲き方そのもので、
やっぱりこれだけなの?と少々落胆した。
(左にもう三厘咲いていることに気付いたのは帰宅後のPC画面にて)

咲いてるかもしれないと期待したセツブンソウは未開花だった。

しかし園内には面白い被写体がたくさんあったので楽しかった。

Nkn_6294コウヤボウキの名残らしい。
一目見てすぐ惹き付けられた。

(D600 + 105mm macro)

| | コメント (0)

2014年1月28日 (火)

2014/01/27 木場公園~福富川公園

ようやく外で遊び回るお墨付きが出たので梅を撮りに出た。先ずは木場公園へ。

Nkn_6201a一番早咲きの梅はもう見頃。

Nkn_6206a都市緑化植物園でもちらほら。
こちらは丁度良い高さで咲いていたので撮りやすかった。

Nkn_6207aピントが合えば蕊が可愛い。

Nkn_6211これは実物より白すぎるかも。

Nkn_6229aこれは何の花の残骸かな、と幹を見ると、
ナツツバキ、との木札が付いていた。

次は大横川沿いを歩いてみた。
Nkn_6237a気の早いユキヤナギは例年通りだ。

Nkn_6243a目当ての河津桜は数厘開花か。

Nkn_6248aこちらは福富川公園の紅梅

Nkn_6275場所が変わりこちらは豊洲公園の夕方。
もう終わっているだろうと思ったジュウガツザクラだが、写真を拡大して見るとまだ花が咲いていた。(横長の写真は切り取りです)

(D600 + 105mm macro)

| | コメント (6)

2014年1月27日 (月)

あとから気に入ってきた写真 (6)

2013/09/17の空に現れた巻雲の群れです。

Nkn_4605

撮った頃にブログに掲載したかどうかはチェックしておりません。
ことによると重複しているかも。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2014年1月26日 (日)

あとから気に入ってきた写真 (5)

2013/08/19 ベランダの園芸花
Nkn_4475
(D600 + 105mm macro)

| | コメント (2)

2014年1月23日 (木)

あとから気に入ってきた写真 (4)

現在抗生物質による自宅療養中との認識です。
体調は戻ってるように思うのですが、数値が下がるまで自重しておとなしくします。

そんななか眺めていた我がPCのスライドショーから、去年の今頃の夕空です。
Nkn_06312013/01/25 豊洲公園から見えた夕空

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (2)

2014年1月18日 (土)

2014/01.14 和田倉噴水公園

この日は神保町になでしこジャパンに関する新刊書を買いに行き、帰りに皇居前広場に隣接する和田倉噴水公園に寄った。

P1140817 霧状の噴水に虹が出ていた。

P1140818 晴れた日のここは高速シャッターで遊ぶ。
一番反射の強そうな場所でスポット採光したが、装着していたレンズが充分明るくないので、1/2500までしか使えなかった。ISO感度を上げたり露出補正して暗く撮ればより速いシャッター速度を使えたと思うけれども、面倒なので止めた。

P1140821これも1/2500。

(E-P3 + 40-150mm)

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

2014/01/13 江東区内の梅めぐり +α

あちこちで梅が咲き始めているので、この日は普段乗ったことのない路線のバスを使って仙台堀川公園の北端に行ってみた。

しかしいつもの水辺近くの梅はまだ蕾だった。
Nkn_6148代わりにこのアシを撮った。

次は亀戸駅でバスを乗り継ぎ墨田区文花から香取神社を見て歩く。

Nkn_6151文花の花王前の植え込み。
こういうのが日を浴びチラホラ咲くさまを見るのは早春の喜びですね。

Nkn_6152これは同じ場所で白梅。

ここから歩いて5分も掛からない香取神社の梅は全くの無開花だった。

Nkn_6157次は亀戸天神へ。
この梅が今冬初めて見た梅。前回のリベンジで望遠ズームを持ってきたのだが、陽が当たっていなかった。

Nkn_6163境内の梅園でも咲き始めている。
露天の並ぶうしろにあるのでちょいと撮りにくい。

これでこの日の梅探訪は終わり。
亀戸天神前のバス停で浅草寿町行きが来たので終点まで乗った。
雷門から内側は混雑していたので隅田川河畔に回った。

Nkn_6174右のビルは何のビルだったか。
→ 調べたら墨田区役所のようです。

Nkn_6178これをゆっくり撮れたのは良かった。

Nkn_6188吾妻橋の袂にこんな猫が立っていた。
輝いている目はこちらを反射してるのかと思ったのだが、拡大して見るとあちら側がレンズで縮小されて見えているのだった。

この日はバス一日券利用でした。
(D600 + 70-300mm)

| | コメント (2)

2014年1月16日 (木)

2014/01/15の夕空

降雪が予報されていたのに降らなかったこの日、夕方になると僅かに陽が差してきた。
高校女子サッカー中継観戦でなまった身体を動かすべく、豊洲公園に歩いて行った。

ボテボテに着込んだ上、「急がないと日が沈んじゃう」と早足で歩いたので、公園の水辺に着くと汗が噴き出し、帽子やマフラーが濡れてしまった。

P1150825 どうにか間に合ったようだ。
しかしここで、コンバーターに付けてきたレンズが意図した広角ではなく標準ズームだったことに気づく。まあ仕方ない。広角ズームなら入れられるシーンがあったので、その都度悔しがるしかなかった。

P1150831日没方向が綺麗になった。
これから徐々に紅味が縮小していくのが普通なのでこの方向ばかり気にしていると

P1150834上空にこんなのが現れた。
すごーい!! 昇竜のようだ。
これがあるから夕空の観察は面白い。

P1150835もう少しズームアップした一枚。

P1150841_2残照の空
仕方なく普段は撮らない縦位置の一枚。
ウソっぽい色合いだと思われるかもしれないが、頭上付近の青空?は確かにこんなようなうすむらさき掛かった色だったんです。

(E-P3 + MMF3 + 14-54mm)

| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

2014/01/12 青海の夕景

暁ふ頭公園から青海に移動し太陽が低くなるのを待った。

P1120788対岸は右から大井ふ頭、羽田空港。

P1120790多少なりとも雲が浮かんでいるのはありがたい。

P1120796雲の影が尾を引いている。

P1120801日の当たる角度が変わるに従い、光を受けて浮かび上がってくる雲が出てくる。夕空を眺めているとこれが楽しい。

P1120806現場では気付かなかったが、帰宅して写真を見るとレンズ雲が随分浮かんでいた。これって右下のビルに隠れているお山周辺の気流で生じて流れてきているのでは?などと想像している。

(E-P3 + 14-42mm & 40-150mm) 18.5km走行

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

2014/01/12 暁ふ頭公園にて

寒さに恐れをなし屋内でテレビスポーツ観戦ばかりしていたこの日、夕方近くになって青海を目指して自転車を漕ぎ始めた。きちんと防寒に気を配ったうえにグイグイとペダルを踏んだので、走り始め10分ほどで汗が出てきて快適となった。

日没には間があったので、平日だとコンテナトラックで溢れかえるが週末は閑散としている暁埠頭への道を飛ばし、突き当りの暁ふ頭公園へ。

P1120775対岸の埋立地のクレーン。
吊るしているゴンドラ状のものは何だろう。左は羽田に着陸する飛行機。

P1120777コンテナ船も居た。
人里離れたこの場所でも日々働いている人が居るということにちょっと感心する。

P1120778離陸したばかりの機が左に旋回しながら上昇していく。

P1120782こちらは羽田空港方面。右半分は城南島から大井の埋立地だろう。

日暮れが近づいたので今度は青海埠頭に回ります。

(E-P3 + 40-150mm)

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

2014/01/09 木場公園~福富川公園(2)

公園を北に向かって歩いて行くと、いつも何だろうと不思議に思う建造物が目に入ってきた。

P1090745001避雷針を付ける以外に何か意味のあるのだろうか。

P1090748001連絡橋の上からは同じビルの前面が見える。総ガラス張りは空の様子を映している。その上のアーチにはキュービック?

P1090750面白く波打った雲も見えた。

P1090751001真北の雲とスカイツリー。

P1090757どこで撮ったか分からなくなった頭上の雲。

P1090762001福富川公園にて。
この木の梅は如何にも梅らしい形で咲くのが好き。

P1090766他の木でもチラホラと咲いていた。

P1090767001サザンカ?
まだ盛んに咲いているがそろそろ終わりだろうか。

(E-P3 + 40-150mm)

| | コメント (0)

2014年1月11日 (土)

2014/01/09 木場公園~福富川公園(1)

亀戸天神や浜離宮で梅が開花していたのなら、私が毎シーズン一番最初に梅の開花を見る木場公園ではどうなっているのだろうと思って見に行った。

P1090725するともうこうなっていた。
咲き始めと言うより3~4分咲きだろうか。もう見頃と言ってもいいだろう。

P1090720いつ頃から咲き出していたのだろう。

P1090732かわいい花です。

P1090733これは暗いのを無理やり明るくした写真。

P1090727_2陽が差したり陰ったりの空には風情ある雲がたくさん浮かんでいた。

P1090738都市緑化植物園のセンダンの実

P1090741都市緑化植物園から北の空。
こんな空や景色を撮りながら連絡橋を北に渡っていった。

(2)へ続く

(E-P3 + 40-150mm)

| | コメント (0)

2014年1月10日 (金)

2014/01/07の夕空

この日は穏やかな良い日だったのに、前日重めの靴を履いて浜離宮を歩き回った疲れが出たような感じがして、外出したのは夕方になってからだった。

P1070699豊洲公園から見る夕空は比較的あっさりしていた。地平線上の雲が肉眼ではモクモクと印象的だったので写真を撮ったのだが、あまり見えたように記録できていない。

P1070701もっと望遠のレンズを使わないとこのデジカメではモクモクを記録できないのか、などと勝手なことを考えた。

P1070706中央上部に耳掻きのように細い飛行機雲の残骸が見えた。

P1070709日が暮れてちょっと印象的な色合いになった。引っ掻いたように走る線はみな飛行機雲の痕だと思っている。

(E-P3 + 14-42mm)

| | コメント (0)

2014年1月 9日 (木)

2014/01/06の浜離宮

ロウバイは年末に小石川植物園で咲いていた。例年通りなら浜離宮恩賜庭園でも見られるだろうと行ったら、もうかなりの開花だった。

Nkn_6050 花木園にて。

Nkn_6066 同上

池の近くの好きな株は遅れて咲くのでまだだろうと思いきや、
Nkn_6084こちらもどんどん咲き出していた。

Nkn_6076 残っていたハゼの木の紅葉。

Nkn_6089 時期外れのツツジは例年通り。

Nkn_6108 スイセン。

前日に亀戸天神で梅の開花を確認したけどここはまだだろうと思っていたところ、
Nkn_6115ちらほら咲き始めていた。

Nkn_6131それも4本くらいの木で開花していた。
梅が咲き出すということは早春の花の連鎖の始まりでもある。
今シーズンは例年と違い、紅葉と早春の花の間に「写真お休み期間」が無かったみたいです。
(D600 + 70-300mm)

| | コメント (0)

2014年1月 8日 (水)

2014/01/04 青海埠頭の夕景 (3)

この日の夕空は快晴に近くあっさり暮れていった。

Nkn_6025
以前は夕空らしく紅く撮ろうと思ってホワイトバランスを「曇り」にしていた時期があったのだが、このごろは「晴れ」にして数段色温度を高めに微調整するほうが見た目に近く撮れるように感じている。

Nkn_6028このズームではここまでしか寄れません。

Nkn_6030先ほどのコンテナ船が離れていく。

Nkn_6035更に離れてってます。
正月の埠頭は閑散としている上に寒いのなんの。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2014年1月 7日 (火)

2014/01/04 青海埠頭の夕景 (2)

Nkn_6014今回青海埠頭に着くと、コンテナ船が変な位置に居ることに気付いたのだが、あまり気にせず空の写真を撮っていた。
(船の右の海ほたるの手前で、羽田の第4の滑走路から旅客機が離陸中)

Nkn_6016しかしタグボートが右で引っ張っていることが分かった。
(タグボートの上空は海側の並行滑走路から離陸した機、海ほたるの上はその滑走路に着陸しようとしている機、見にくいがその右やや上は陸側並行滑走路に着陸しようとしている機)

Nkn_6017だいぶ向きが変わってきた。
(船の上空は離陸後旋回して遥か沖を目的地に向かう機。船の左には次の水中翼船が近づいている)

Nkn_6018夕日が当たって一瞬輝いた。
喫水線上がっているのを見ると、正月だから荷が少ないのかなと思う。

Nkn_6019更に回頭中。
先ほど沖に見えた水中翼船が通過して行く。

Nkn_6024ロープで引っ張っていたタグボートが、今度は船首を左から押し始めた。
(離陸機一機、船首と海ほたるの間に着陸機二機が写っている)

このあとは日没の茜空の撮影に気を取られたので、かなり経った後の写真になります。
(3)に続く

(D600 + 24-120mm)


| | コメント (0)

2014年1月 6日 (月)

2014/01/06 梅がもう開花!?

ロウバイが咲いているだろうと訪れた浜離宮で、すでに梅が咲いていた。
実は昨日回った亀戸天神でも紅梅が開花していたのだが、浜離宮の梅はもっと遅い筈だった。去年私が初めて梅の開花を見たのは15日くらいだった。それに比べると1週間以上早いことになる。

身体がまだ寒さに慣れず困っているのに、今シーズンの梅はやたら元気そうだ。

Nkn_6121

(D600 + 70-300mm)

| | コメント (2)

2014年1月 5日 (日)

2014/01/04 青海埠頭の夕景 (1)

朝から曇っていた空が夕方に晴れてきたので、バスに乗って青海埠頭へ。

まだ太陽が高かったので、まずは前を通過した東海汽船の水中翼船を撮った。
Nkn_6011a
一度は順光で撮ってみたいと思っているものの、この場所に午前中に行くことは滅多にないから実現しそうもない。

Nkn_6012雀がたくさん集まっていたので慌ててカメラを向けた。しかし愚図々々してる間に半分か1/3に減ってしまった。これでも画面に13羽ほど写っていると思う。(訂正 原寸大で確認したら21羽居ました。)

(2)に続く

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

2013/12/28の小石川植物園 (2)

K_5_8391トウダイグサ科のトウゴマというらしい。
機雷のような形が異様だった。

K_5_8392aノイバラ

K_5_8397フジバカマ

K_5_8396自分の頭では覚えられないので
立て札があればこんな写真も平行して撮ってます。これには主人公の影も写ってます。

K_5_8406ハマナス
黄色と朱色が鮮やかだった。

K_5_8410カシワ。
ドットによって色合いが違う、という感じで、まだらなところが面白い。

K_5_8415ツバキ

(D600 + 24-120mm)

往復とも寄り道せず最短コースを走ったので20km強の走行だった。
短いのだが、園内徒歩一周もあったせいなのか、結構な疲労感が残った。

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

2013/12/28の小石川植物園 (1)

HPを見たらロウバイが咲いていると知り、小石川植物園に自転車を走らせた。
この日はこの植物園の年末最後の開園日でもあった。

K_5_8360ソシンロウバイ

K_5_8362ロウバイ
なかなか見たような色合いを再現できません。
しかしながらロウバイの開花が始まっていれば、年始明けに浜離宮で再挑戦できるでしょーう ^o^)/

K_5_8376ナツミカンとビラカンサ
どのくらい色合いを再現できるかテストで撮ったような写真です。

K_5_8379立て札によるとカンツバキ
え、え~~、サザンカだと思っていた花だ。
調べたら、サザンカとツバキの交配で作られた園芸種らしい。

K_5_8385園内の様子
ひっそり、という表現がよく似合う。

K_5_8388アジサイ
滅してなお精神が残っている、と言えば大袈裟だろうけど、ちょっとやそっとじゃ滅びない花です。(2)に続く

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

2013/12/25の向島百花園 (4)

謹賀新年ですが、記事は年末の続きです。

Nkn_5980サザンカ?

Nkn_5981同上

Nkn_5986日陰のきれいな葉っぱ
ダメ元で写真を撮ってみたら、意外に見た目に近く撮れた。

Nkn_5987_2花の少ない時期だと、こういう色合いはありがたいです。

Nkn_5993園を出ようとしてこの紅葉に気付いた。

園を出ると最寄りの停留所に日暮里行きのバスが来るところだったので乗車、終点の日暮里駅前で昼食を済ませた。そのまま墨東地区に戻る選択もあったのだが、せっかくここまで来たのだからと考え、駅を横切って谷中を歩くことにした。

Nkn_5994aこの横丁で芋けんぴを購入し土産とする。
次に千駄木から最初に来たバスである池袋行きに乗車、本郷通りを横切ったところで下車すると美味しそうな壊れせんべいが置いてある煎餅屋があったので土産が増えた。

次に東京駅行きで終点まで行き晴海埠頭行きに乗り換え、更にもう一回乗り換えて帰宅。時間さえあれば都バス一日券での散策はとても楽しいのだが、バスは地下鉄ほど頻繁に来ないことだけは覚悟しておく必要があります。

(D600 + 24-120mm)

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »