« 2014/01/29 赤塚植物園の花以外の被写体 | トップページ | 2014/02/08 東京にも「大雪」 »

2014年2月 6日 (木)

2014/02/05 荏原神社の寒緋桜

えっ、もう咲いているの?と毎年驚かされる北品川の荏原神社に遠征。

東京の晴天下でも5度までしか上がらないとの予報に怖気づき、自転車は諦め、少々不便ながら公共交通機関を利用した。それでも寒風は容赦なくボコボコに着込んだ洋服を浸透。一昨日までの陽気が一層この寒さを引き立てているように感じられた。

P2051015目黒川脇のコンパクトな敷地である。

P2051012これだけ咲いていれば十分楽しめる。

Nkn_6375河津桜と似ているとおもいきや
河津桜はこの種と大島桜の自然交配で生まれたらしい。(Wiki情報)

Nkn_6382概ね下向きで咲いているので撮りにくい。
助手でも居れば(^.^;)>レフ板を使いたいくらい。

Nkn_6403実際はピンクがもっと弱かったように
記憶しているのに、あれこれいじくり回しているうちにわけが分からなくなった。

さて、寒緋桜は緋寒桜と呼ばれていたものが彼岸桜との混同を避けるためにこう呼ばれるようになったとのこと。そうすると彼岸桜の時期に咲くあの濃い濃い暗いピンクで全部が下向きで咲く(咲くと言ってもあまり花弁を開かない)あの種類はどう区別されるのだろうか。あれも確か寒緋桜と呼ばれているように記憶しているのだが。

それで例として使おうと昨シーズンの写真を探したら一枚も無かった。花の中が暗くて覗き込む気になれないから、自然と敬遠したのだと思う。

(E-P3 + 14-42mm とD600 + 105mm macro)

|

« 2014/01/29 赤塚植物園の花以外の被写体 | トップページ | 2014/02/08 東京にも「大雪」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014/01/29 赤塚植物園の花以外の被写体 | トップページ | 2014/02/08 東京にも「大雪」 »