« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月27日 (水)

2014/08/17 深川祭り連合渡御(4

今回の深川祭りの写真の最後に、神輿に付いて連れられている幼子を数枚掲載します。

K_5_9231 この子は元気に参加していた。

K_5_9241a こちらはもう朝寝している。

K_5_9258 こちらも。
神輿の掛け声を聞きながら眠れば将来はきっと担ぎ手になってくれるだろう。

この日は夕方のサッカー観戦に合わせ午後のクライマックスは観なかった。
三年に一度の連合渡御なので三年後のお楽しみとなる。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (2)

2014年8月26日 (火)

2014/08/17 深川祭り連合渡御(3)

今回の掲載は神輿の後ろ姿ばかりです。

K_5_9233 うしろから撮ると担ぎ手の顔が写るのを気にせずに撮れる。それにしてもたくさんの神輿の競演と町に満ちる「ワッショイ」の喚声は「心意気」というものを感じさせる。

K_5_9242 掛け声は「ワッショイ」を使う、担ぎ手は揃いの半被を着る、という程度の縛りがあるようですが、あとは結構イージーに楽しんでるように見える。後ろを歩く控えメンバーがこんな風に写真を撮っているのをよく見る。

K_5_9245 やっぱ何台も同時に写ってる方がいいですね。

K_5_9248 纏い回しを先導に使う神輿
毎回見るように思うので特定の町会のアトラクションなのかもしれない。
この画面先頭の神輿はエイヤとばかり差し上げられている。

K_5_9255 この放水は沿線消防署の協力。

K_5_9256 でも水掛にはバケツでしょう。

今回は見掛けなかったけれど、高そうなカメラを持って撮影に熱中しているところを、横や後ろからバケツで水掛けする悪ふざけがあるので、撮影する人は注意しているほうがいいでしょう。

今回で終わりのようなものですが、もう一回おまけの(4)に続きます。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

2014/08/17 深川祭り連合渡御(2)

K_5_9240 出発は早朝なので見物客は少なめかもしれない。曇りの天候だったが「水掛」をしても丁度良さそうな蒸し暑さだった。

K_5_9244 出発点の富岡近辺には
まだ出発の順番を待つ神輿がひしめいている。

(3)に続く

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2014年8月20日 (水)

2014/08/17 深川祭り連合渡御(1)

この日の天候は曇りだった。

K_5_9221 神輿の巡行開始直前
このように水を溜めておき、脇を通る神輿にバケツでひっかけます。

K_5_9222 7:30にドドーンと花火が上がり
間もなく53基の連合渡御が始まった。

K_5_9225 一番好きなのは担ぎ手の上げる「わっしょい!」の掛け声だが、先導する金箒?の「チリチリチリ」と引き摺って「シャン!」と揃える音も大変心地良い。

(2)に続く

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2014年8月18日 (月)

2010/08/10 金谷山~脇野田駅

高田公園でハスの花を楽しんだ後、格安クロスバイクの性能を試してみようと思い、日本におけるスキー発祥の地、金谷山に登ってみようと思い立った。以前、普通の買い物自転車では登り切れず、押して上がったことのある場所。

P8103203 金谷山の麓ではBMXの大会が
開かれていた。こういう施設、前には無かったと思う。

さて急坂は今回もきつかった。ギアを一番軽くしても最後の20mは息も絶え絶え。
よほど降りて押そうかと思ったのだけども何とか登り切れた。
前3段、後ろ7段、と格好だけはギアが付いていても、ペダルは重かった。
13kgと車体は軽いはずなのだけど、やっぱ格安品ということかも。
部品は中国製だと言っていた。

P8103207 山上の駐車場からの眺め。
市街地真ん中辺りの木々はハスを楽しんだ高田公園です。

P8103205 冬はスキー場になるゲレンデ。
併設されている「スーパーボブスレー」のコースが見えている。(利用期間は雪の心配が無い期間のようだ)
450mのコースをスピード調整できるプラスチック製の板で降りてくるもので
子供の小さい時分は一緒になっておおいに遊んだものである。
一度、全くブレーキを掛けずに降りるとどのくらいスピードが出るのか試したら
バランスを崩して腕がコースに触れ、軽いやけどをしたこともある。

さて急坂を慎重に降りたあとは信越線脇野田駅に廻ってみた。
近くに来年開通する北陸新幹線の駅ができるからである。

P8103211 これが脇野田駅。有人駅です。

この右に廻ると脇野田駅のホーム越しに、建設中の上越妙高駅が見える。

P8103212 なあんか月とスッポンですよね~!
新幹線が開通するとどう変わるのか。楽しみのような、怖ろしいような。

上越市は高田公園の桜、ハス、上杉謙信の春日山城、直江津から佐渡へのフェリー航路など、なかなかずしんと来る観光資源がありながら、充分な受け入れ施設があるようには見えず、縁のある者としてちょっと心配しています。

(E-P3 + 14-42mm & 40-150mm)

| | コメント (0)

2014年8月17日 (日)

2014/.08/17 深川祭り連合渡御開始直前

この地域に生まれつきながら、深川祭り連合渡御の開始時を今日初めて見ました。

K_5_9214
富岡八幡宮から出てくるのではなくて、門前仲町から富岡に掛けての
永代通りに集合し、こうやって7:30の出発を待っているのでした。

53基の神輿が全部出発するまでに2時間弱掛かっていました。
江東区から中央区に掛けて、所定のコースを休み休み一周りし
昼過ぎに西から富岡に戻ってきます。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (2)

2014年8月16日 (土)

2014/08/10 高田公園で蓮見(3)

P8103182 北掘沿いを歩いていると
たまたまV字に並んで咲くハスの花を見掛けた。

北堀を一周して西堀の内側を移動しているとこんな美少女が。
P8103183 最後に南堀に移動する。

P8103189 何故だか南堀は顔を出す水面が多い。

P8103195 アップも混ぜます。

P8103197 南堀の東端から西を見る。
写真で気付いたのだが、向かいの山地の中央部に日本のスキー発祥の地
金谷山のゲレンデが見えている。
このあとあそこまで自転車を走らせ、急坂を登ってみたのでした。

P8103200 堀脇のムクゲ

(E-P3 + 14-42 & 40-150mm)

| | コメント (0)

2014年8月15日 (金)

2014/08/10 高田公園で蓮見(2)

P8103168 ハスの葉の撥水性は凄いと思うが
この水滴はよくぞこんなにハスの葉にしがみ付いていられるものだと思った。

P8103170 堀の脇の鉢で咲いていた八重咲き

P8103174 堀に掛かる西堀橋からの眺め
(1)の4枚目で紹介した沢山ハスの咲いていた堀は、左奥の道路の向こう側です。

P8103175 これも橋から。
たまに水面が顔を出している堀です。

P8103176 今年はこういう淡い色のが多い気がした。

P8103177 西堀の北の角から北堀を見渡す。

因みに高田公園の見取り図はこうなってます。

(3)に続く

(E-P3 + 14-42mm & 40-150mm)

| | コメント (2)

2014年8月14日 (木)

2014/08/10 高田公園で蓮見(1)

夏に上越市に行くと、高田公園のハスの花を見るのが
楽しみの一つ。高田城址外堀を埋め尽くす蓮を観に行く。

P8103155 出発時の空はこんなだった。
四国を台風11号が通過中だったが、こちらは空模様は険悪ながら
風がほとんどなく、雨も降っていなかった。

P8103160 こういう房状の雲は
土砂降りの前兆。
これまでこれを見ると十分~二十分後に降られることが
多かったので、降ったら何処で雨宿りしようか、と思案しながら
自転車を走らせた。しかし幸いにも降られずに済んだ。

P8103161 花は城跡より南側が多かった。

P8103164 同じ場所からのアップ

P8103165 やはり同じ場所の足元

P8103166 公園の中心部近くに移動する。
(2)へ続く

(E-P3 + 14-42mm & 40-150mm)

| | コメント (2)

2014年8月13日 (水)

2014/08/09 上越市へ

家族の帰省で上越市へ。
台風11号が日本を通り過ぎるのと同時期だったので曇り時々雨の天候が続いたが、
そのお陰で涼しく、望外の避暑をすることができた。台風の影響はほんの時折激しい
雨が降った程度であり、強風が吹き荒れることもなかった。

P8093152 いつもの田園風景を味わえました。

今回は現地で格安のクロスバイクを購入して置いていただくことにしたので、
高田公園の蓮見物など、例年より身軽に動き回ることができました。

(E-P3 + 40-150mm)

| | コメント (0)

2014年8月 6日 (水)

2014/08/04 朝の散歩写真

熱帯夜と言えば深夜から明け方の最低気温が25度を下回らない日のことだろうけども、ここ一週間の最低気温はずっと28度くらいで推移している。そのうえ8時前には30度を越してしまうし、日中は35度前後。外の日向は熱したフライパンの上を歩くかのような感覚になる。

ということで外を歩き回るとすれば早朝しかなくて、(毎朝ではありませんが)ちょっと家の周りを歩いてます。もちろんカメラなしで。

写真は一昨日スマホで撮ったムクゲです。

Img_20140804_070047 Img_20140804_070315

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

 2014/08/03 お台場海浜公園の夕暮れ

猛暑のため動きが鈍りがちだが、この日は夕方日が翳ったのを逃さずお台場海浜公園に自転車を走らせた。

Img_20140803_181957 スマホです。

Img_20140803_182422 丁度カップルが日を遮ってくれた一枚。

それにしてもお台場の観光客の国際化には目を瞠るばかりでした。
近隣諸国から、に加え、西欧からと思しき方がホント増えました。
円安様様、でしょうか。

| | コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

2014/08/02 西が丘サッカー場にて

この日の夕方、サッカーを観に西が丘へ。
真夏のサッカー観戦としては吹き抜ける南風に救われ爽やかだった。

Img_20140802_182120 試合開始の頃、澄んだ空に浮かぶ雲が くっきり見えた。

Img_20140802_183023 青空は光を失う中、雲だけが夕日に照らされていた。

Img_20140802_193425a 試合の途中、荒川の方角で花火大会が始まった。いたばし花火大会と重なっていたみたい。道理で往路の地下鉄が超満員だったわけだ。

(Nexus5)

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

2014/07/23の不忍池(3)

偶然ではあるけれど、今回不忍池を巡って一番たくさん蓮が咲いていた場所は広小路に近い、この日回り始めた場所に隣接する辺りだった。

P7233118 真ん中に見える柵は浮桟橋の柵で、これの先の方向が一番たくさん咲いている場所だった。

P7233124 こういうのが多数。

P7233136 マンボウのような蕾っていいです。

P7233137 もう一枚集合写真です。

P7233139 皮肉にもこの浮桟橋の内側だけ蓮の葉っぱが消えていた。この見本に出ている場所の標本的蓮の花ももちろん咲いていなかった。

(E-P3 + 40-150mm)
これで写真の在庫が尽きました。
相変わらずお外を走っているにもかかわらず、今夏は暑い中で写真を撮る気持ちが全く湧いてきません。次の撮影機会は旧盆期間の高田公園になりそうです。(これまたハスですが)

| | コメント (2)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »