« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

木場公園脇の河津桜 そろそろ見頃

今日は天気が穏やかで、明日の予報は雨。
それなら、とばかりに空いた時間で近所の花の咲き具合を見て回った。

先ず回った汐浜運河のハクモクレン並木、こちらは全く咲いていなかった。
咲き出す気配も感じられなかった。

しかし木場公園脇の大横川沿いのカワヅザクラ並木は開花が進んでおり、そろそろ見頃になりそうだった。
K_5_0173 4分咲き?

K_5_0179 さっそく近接撮影

K_5_0183 何枚も撮りました。

K_5_0182 メジロも居ました。

K_5_0174 これは寒桜系の別の種類だと思います。

これからはどんどん春の花が咲き出しますね。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

セツブンソウ

2月10日に東京都薬用植物園で撮った写真です。

K_5_0140a (K-5 + 2X-S + 100mm macro)

その後実家の母が要介護となりその応援に忙しく、そのうえ天候が悪かったこともあり、このあとは写真を撮っていません。

T ^ T

| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

宮古島4日目 その二

引き続き水路の伊良部島側を歩いていくと道脇にマングローブ。

K_5_0120
当たり前ながら動かないのだが、誕生から枯れるまでの間にどういう遷移をするのか興味が湧いてきた。

平成の森公園でこの日の散策は終了です。
怖ろしいほど存在感のあるガジュマルがありました。
K_5_0121 しかし森は見当たらず。

K_5_0124 サシバをあしらった滑り台。
宮古群島はサシバの渡りの経由地で、地元の人の愛着が強いらしい。
そうでもなければこの強風を受けやすい場所にこの大きさで
風をたっぷり受けるこういうものを作らないだろうと思う。

K_5_0126 バス停に向かう道端で
門を守るシーサーを撮り始めるときりが無いので、撮らないようにしてはいたのですが。

K_5_0129 帰りのバスからの景色
風が更に強くなっていた。対向車線の脇で、諦めてスクーターを押して歩く男性がいた。しかしその100mほどあとから顔をしかめながらも懸命に自転車を漕いで島に渡ろうとしている女性が居て驚いた。橋ができてフェリーが廃止されて、島の生活パターンも変わったことだろう。良くなったのか、そうではなかったのか、、、

ちなみにこの約3.5kmの大橋を含め、島と島を結ぶ橋は種別としては農道橋。農業予算から支出されているところには、調べれば色々と事情がありそうです。

空港の待合室ではこういう芸能を楽しめました。
K_5_0131 太鼓の音量が弩迫力!
右上方は春季キャンプで到着したノンプロ野球球団を迎えんと待機するミス宮古島達です。
さあて、次はいつごろまた宮古島に行こうかな。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (2)

2015年2月21日 (土)

宮古島4日目 その一

宮古島での最終滞在日です。何となく頭に描いていた予定に従い伊良部島へ。

歩いても5分の距離にある停留所まで民宿の車で送ってもらい、もはや手馴れた感じで平良港まで路線バス。慣れないと解読しにくいバスの時刻表・路線図の見方も上手になりました。

平良港のフェリー乗り場にはコインロッカーが残っていたので預ける。
一月末の連絡大橋開通に伴いフェリーの運航が停止、ロッカーの存続は危ういと私は読んでいたのだが、残っていてくれて助かった。廃止されていたらどうしただろうかと思う。

フェリー桟橋脇の広場から伊良部行きのバスに乗る。

K_5_0098 念願の伊良部大橋を渡る。
強風が吹き荒れ、バスが横転しないかと心配しながらの横断となった。この橋の辺りから運転手さんが突然島の紹介をし始めてくれ、疑問点を質問しながらの有意義な移動時間となった。へー、伊良部島には池間島から移住してきた人達の集落もあるんだ。

K_5_0101 バスの終点近くの佐和田浜です。
曇ってるうえに強い季節風にさらされ、ちょっと荒涼とした雰囲気です。

K_5_0104 少し西に移動すると下地島の滑走路が見えてきた。ジャンボも発着できる立派な滑走路があるのです。しかしJALもANAもここでの訓練から撤退したと聞いていたので飛行機を見られるとは思っていませんでした。なのにこの写真です。滑走路の左のほうに小型ジェット機の姿が!

この辺りをうろうろしている間に二回の離陸と一回の低空通過を見ることができました。遠いので何処の飛行機なのかは判別できませんでしたが。

K_5_0109 伊良部島の最も下地島寄りには何とピザレストランがあり昼食しました。(私は下戸です!)

K_5_0116 一旦下地島に渡りすぐ伊良部に戻る橋の上から見えた景色。この水路で二つの島が分かれてます。マングローブも写ってます。

K_5_0118 道脇で咲いていたこの赤いのは何だろう。
→ 猩々草(しょうじょうそう)或いはサマーポインセチアと教えていただきました。花子さんありがとうございます。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (2)

2015年2月19日 (木)

イチョウ並木の手入れ風景?

外苑銀杏並木のお手入れの風景でしょうか。

私ではなく家族が今朝撮った写真です。

Gardening

| | コメント (0)

2015年2月18日 (水)

宮古島3日目 その③

与那覇湾岸の遊歩道の脇にこんな花が咲いていました。
K_5_0074 濃紺五弁の花径1cmに満たない小さな花。葉っぱの似たのを見たことあるような植物だが、こういう花を見たのは初めて。

K_5_0075 歩行者目線だとこんな風に咲いてます。
ここのほか、いろいろな場所の道端に咲いてました。

さて、朝の出発時に思い描いたコースを走り終え、宮古そばを食べながら同行者に相談すると、意外にも平良市街地まで走ろうということになった。体力は持つのかなあ。

K_5_0081 幹線道路の脇に寒緋桜が咲いていた。

K_5_0080 そのアップ。
晴れているとピンクが優しく見える。

K_5_0082 これも道端にて。
わが居住地の温室で見ることができる何とかゴウカンと同じ種類だろうか。

さてサイクリングのほうは予想以上のアップダウンでバテました。バスやタクシーで何回も通過し、たいしたことないと感じていた空港南の登りが意外に長い坂だったのです。与那覇の海岸を約一周したあとだと、熟年にはちょっときつかったかなあ。

それはさておき、目標としていた寒緋桜の場所に辿り着きました。1日目の夜、島唄酒場で勧められた場所です。宮古島では桜並木のようにまとめて植えられている場所は無いのだそうです。
K_5_0088 しかしながらこの時だけ曇ってしまい残念。このあとは公設市場でハイビスカス・ローゼルティーを飲んで休憩すると早々に引き返しました。ちょっと走行距離は増えるけれど、海沿いの比較的平坦なコースを選択。それでも日差しが強く疲れましたね。

K_5_0089 これは宿に近づいた場所に咲いていたコスモス。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (0)

2015年2月17日 (火)

宮古島3日目 ②

前浜ビーチをあとに、時計回りで与那覇の海岸沿いに走りたかったのだけど、道が無いようなので地図に出ている普通の道を行く。

K_5_0061 道端にこの蝶がたくさんたむろしていた。

K_5_0063 サトウキビは強風でピント合わず。

半島を3/4周ほど回ったところでようやく海岸に出る道があった。

K_5_0064 与那覇湾。遠浅の海のようだ。
この土手に道があるということは、ひょっとするとこの写真奥まで自転車で行けるのだろう。画面奥の半島は西浜崎と思われる。しかし今回は行かなかった。

K_5_0069 上の場所で珊瑚性の岩にて。
カタバミでしょう。いやはやたくましい。

K_5_0073 湾の奥にマングローブが生えていた。
たぶん初めてお目に掛かったものと思う。

次回はこの日このあと撮ったお花中心の掲載です。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (0)

2015年2月16日 (月)

宮古島3日目 ① 前浜ビーチ

滞在三日目は宿で借りた自転車でサイクリング。
幸い晴天に恵まれ、ゆっくり走って行けるだけ行こうというつもりで出発しました。

先ずは美しい砂浜の前浜ビーチへ。
K_5_0056

ニョホ~、きれいな海だ。やはり陽が当たると全く違う。
K_5_0054 前日はあの橋の一番高いところで引き返したのでした。

K_5_0053 対岸の来間島の中央には二つの展望塔が見えている。

K_5_0055 これは何色ものグラデーションが気に入ってます。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (0)

2015年2月14日 (土)

宮古島2日目 ②

東平安名崎から次の宿泊地である与那覇の民宿に移動し、宿の自転車を借りて来間島のほうを散策した。ここは前回来たとき、往路はタクシー、帰りは路線バスで移動した場所だ。

K_5_0024 来間大橋のたもと
ゆっくり移動しながらだといろいろ楽しめていいです。

K_5_0027 橋の中間辺り
船を通すために高くなっている地点です。
曇り空でも予想を超える迫力でした。
来間島に入れば急な坂を登らねばならないので、今日はここでUターン。

K_5_0030 振り返って見た宮古島側です。
橋は片道1車線の農道橋。

K_5_0033 しつこいかもしれませんが、曇りでもこの海の色です。

K_5_0035 あの突端は評判の良い前浜ビーチ。
翌日、晴天下の景色を楽しむことができました。
ちなみに、ビーチの奥に伊良部島が写ってます。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (0)

2015年2月13日 (金)

2015/02/10の東京都薬用植物園

セリバオウレンを撮りたくて東大和市のここに行ってきました。

K_5_0146 咲きかけのミスミソウでは?

K_5_0155 セリバオウレン
まだ少ししか咲いていませんでした。

P2103974 近くで見られたこれもまだ咲き掛け

節分草はけっこう咲いてました。
P2103968 セツブンソウの開き掛け
花に当たる部分がまだ暗い暗い緑色です。

(3:2のはK-5 + 2X-S + 100mm macro、4:3のはE-P3 + 60mm macro)

| | コメント (0)

2015年2月12日 (木)

宮古島2日目 ①

二日目は東平安名崎へ。ひがしへんなざきと読みます。
ここは宮古島の東端からひょろひょろと2km以上延びている半島。
車で行ける駐車場から200mほど歩くと突端の灯台に着く。

入場料を払って灯台の螺旋階段を登りました。
K_5_9977 先ずは半島の突端方向

K_5_9978 反対側
こちらは島から延びてる半島を見渡せる。雄大雄大。
また来ることがあったら陸側の高台からも撮ってみたいですね。

K_5_9979 その右側はサンゴ礁
奥に保良(ぼら)漁港が見えている。

K_5_9989 駐車場に戻る遊歩道に咲いていたこれ、似た花は私の居住地にあるように思うが、おそらく初めて見た花だ。

K_5_0004 折角なので保良漁港にも下りてみる。

K_5_0012 曇っていても水辺がきれいでした。

K_5_0018 その道端で咲いていた花
菊の仲間かな。これは島内いたるところで見掛けました。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

宮古島1日目

早朝羽田発の飛行機で3時間半。宮古島空港に到着し、ホテルの送迎バスでここに着きました。南西楽園リゾートのホテルです。
K_5_9946

東京よりほぼ10度高い気温にほっとするものの
この時期は北風が強く、またどんより曇るのが常のようでした。

さっそく庭を散歩するとたくさん南国の花が植えられていました。
K_5_9942 ブーゲンビリアはここに限らず島内いたるところで咲いていました。ハイビスカスも。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

宮古島に行って

昨日帰ってきました。
時期的に曇り空がほとんどながら、1日は晴れたし、前回同様とても楽しい旅行でした。
気温がざっくり言って10度高かったですね、東京より。

K_5_0093

ハイビスカスは勿論のこと、寒緋桜も楽しめました。

K_5_0080

時間が有れば追々旅行写真を載せたいと思っています(^ ^)ゞ

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (0)

2015年2月 4日 (水)

節分草 2015/02/04

ウェブで開花を知り今日行って撮ってきました。

K_5_9895a (K-5 + 100mm macro)

いや~、これが咲き出すと春も本格的、というのが私の毎年の感想。
勿論気温の話ではありません。
まだ寒いですが、当地の春の花はこれ以降増えるばかりの筈です。

場所:野川公園

P.S. 旅行に出ますので数日更新はありません。

| | コメント (0)

2015年2月 3日 (火)

向島百花園へ(1) 2015/02/02

昨日向島百花園に行ってきた。
もしかするとセツブンソウを見られるかなと思ったから。
それに買ったばかりのテレコンバーターを試してみたかったもの理由のひとつ。

しかし節分草は影も形も無く、水仙、梅、福寿草などを撮って楽しんだ。

先ずはオオイヌノフグリの切り抜き縮小です。

K_5_9854a
(K-5 + A2X-S+100mm macro)

| | コメント (0)

2015年2月 1日 (日)

河津桜開花

一昨日の氷雨の中カワヅザクラ並木を偵察しに行ったら、ちらほら咲き始めているようだった。そこで本日また行って写真を撮った。

K_5_9823a
下を向いて咲くので中に光が当たっているのを探すのに苦労しました。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (2)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »