« 自然教育園と外苑イチョウ並木へ | トップページ | 皇居前広場の紅葉 »

2015年11月29日 (日)

11/16 斐太歴史の里からの帰り道

11月16日、鮫が尾城跡、矢代山地区と歩いた後、上ノ平地区も半分歩いてみました。半分というのは春に湿生植物が咲く谷あいの部分を歩かなかったということです。ここでも竪穴住居跡を見ましたが省略。

Pb165722 遊歩道脇のベンチに座ろうとすると
先客がたくさん休憩していました。赤トンボたちです。

座るのは遠慮して、邪魔にならぬようそおっと脇を通り過ぎようとすると、綿あめが飛ぶように手前からふわあっとトンボたちが浮き上がるのでした。通り過ぎて振り返るとまた元に戻っていました。晩秋ということで彼らも疲れが出ていたのでしょう。

以下の二枚は帰り道で撮った紅葉です。

Pb165736 暗青色に霞む背後の山とイチョウの黄葉が引き立てあっていて印象的でした。

Pb165737 近づかなかったので木の種類不明

(E-P3 + 14-150mm)

|

« 自然教育園と外苑イチョウ並木へ | トップページ | 皇居前広場の紅葉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

 赤トンボの光景、初めて見ました。こんなことってあるのですね。
 しかし、どうしてでしょうね。やはり疲れでしょうか。

投稿: tama | 2015年11月29日 (日) 23時23分

soccertamaさんこんばんは。
新潟ではもうしばらくすると天候が悪くなります。
それを考えるとせめて子孫は残したんだろうな、と思いたいところです。
東京近郊ではようやくモミジが色づいてきたようです。

投稿: takacci | 2015年12月 1日 (火) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然教育園と外苑イチョウ並木へ | トップページ | 皇居前広場の紅葉 »