« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

11/16 斐太歴史の里からの帰り道

11月16日、鮫が尾城跡、矢代山地区と歩いた後、上ノ平地区も半分歩いてみました。半分というのは春に湿生植物が咲く谷あいの部分を歩かなかったということです。ここでも竪穴住居跡を見ましたが省略。

Pb165722 遊歩道脇のベンチに座ろうとすると
先客がたくさん休憩していました。赤トンボたちです。

座るのは遠慮して、邪魔にならぬようそおっと脇を通り過ぎようとすると、綿あめが飛ぶように手前からふわあっとトンボたちが浮き上がるのでした。通り過ぎて振り返るとまた元に戻っていました。晩秋ということで彼らも疲れが出ていたのでしょう。

以下の二枚は帰り道で撮った紅葉です。

Pb165736 暗青色に霞む背後の山とイチョウの黄葉が引き立てあっていて印象的でした。

Pb165737 近づかなかったので木の種類不明

(E-P3 + 14-150mm)

| | コメント (2)

2015年11月27日 (金)

自然教育園と外苑イチョウ並木へ

今日は「都営まるごときっぷ」というのを利用して二か所を巡回したです。
地下鉄、バスなどの都営交通なら一日乗り放題で700円の切符です。

K_5_1704 自然教育園にて。
この園のモミジは見ものなのだけれど、今日はまだ青葉でした。

K_5_1763 外苑銀杏並木(北の端から)。
こちらは見頃。但し今シーズンは北端と南端のイチョウがまだ青葉であり
少々がっかり。例年は二列ずつある並木の内側、或いは外側で色が揃うのに
今年はどうしたのかしらん。

(K-5 + 16-45mm)

| | コメント (2)

2015年11月25日 (水)

11/16 斐太遺跡群を歩く

鮫ヶ尾城跡をあとにし、しばらく急峻な坂を下りる。
未明までの雨と厚く積もった落ち葉の道はちょっと怖かったです。

命を失う可能性はとても低いものの
道から滑り出たら急斜面のどこで止まるのか
どのくらい衣服が汚れるのか
軽微な擦り傷で済むのか
首から下げているデジカメは助かるのか

などを考えると超慎重にのろのろと下りざるを得ませんでした。

Pb165695 これは歩き易い山道に出てから撮影
東登城道を下ります。

Pb165698 紅葉も楽しめました。

Pb165704 弥生時代の竪穴住居跡です。
矢代山B地区でした。
この案内図の左上から下りてきて、ここから左折するところを
間違って二重環濠の下まで降りてから気付き、戻ってきました。

Pb165705 これがそれだ、と言われなければ
住居跡だと気付くのは難しい。しかしこういうひっそりした林の中を一人、
落ち葉を踏みしめながら歩けたのはとてもロマンチックでした。
足元には夥しい数のシジミチョウが舞っていました。

Pb165707 環濠跡と思われるけど
今では単なる段丘くらいにしか見えません。

Pb165716 この池を巡って案内所に戻る。
池の説明はなかったので、これは特に歴史的意味のある池ではなさそう。

Pb165721 竪穴住居の復元もあり。
写真を撮っている私の背後には矢代山A地区の遺跡があったようですが
知らずに通り過ぎていました。
写真の右後ろに見えているのが総合案内所だったと思います。

このあと、まだ余力があったので斐太遺跡上ノ平地区に回りました。

(E-P3 + 14-150mm)

| | コメント (2)

2015年11月22日 (日)

鮫ヶ城址へ登山!?

11/16の斐太歴史の里へのサイクリングの続きです。

総合案内所でお茶を飲ませていただいた後、先ず鮫ヶ尾城跡に向かいました。
北登城道を登ります。
20分程度の登りと聞いて歩き始めたけど、写真を撮りながらなので30分くらい掛かりました。

Pb165665 山の紅葉を楽しみながら登れました。

Pb165668 この切通しのような場所、良かったです。

Pb165679 本丸跡の下の分岐表示。
山城の本丸に至る道ですから距離こそ短いものの急峻でした。
ここに至るまでも数か所急坂あり。戦闘用に徹した場所なんですね。

Pb165693 本丸跡には東屋あり。
思っていたより広かったです。謙信の春日山城の本丸跡より広いかも。
ここで持参したおにぎりで昼食。
この左には春に見事に花を付ける桜の木があるそうです。

Pb165688 広々とした眺望を楽しめます。
新幹線の高架が良く見えます。
この左は直江津と日本海、右は長野方面に続いている。

Pb165690 おや、新幹線はあのトンネルから出てくるんだ。このポイント、木の葉が落葉したから見えるようになったのであって、葉の茂る季節には見られないそうです。てっちゃんが喜びそう。

このあとは東登城道を下り斐太遺跡矢代山B地区に向かいます。

(E-P3 + 14-150mm)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

斐太歴史の里へサイクリング

家内の帰省に付いて行った関係で今週前半は上越市に滞在。

今回楽しみにしていたのは斐太(ひだ)歴史の里訪問で
弥生時代中盤から古墳時代にかけての遺跡と

戦国時代の山城、鮫ヶ尾城の跡が集積している地区です。

滞在先に置かせていただいてる自転車で走り出すと妙高山が雲の中に顔を出していた。
Pb165635

Pb165638 北陸新幹線の高架をくぐる。

近づくと道端の案内板があり問題なく進めました。

Pb165643 静かでくつろげるところです。

Pb165647 この立体地図は分かり易い!
真ん中の濃い緑の部分上部に鮫ヶ尾城本丸跡、その下部の両脇に竪穴住居跡群、
地図の左右両端は古墳群のある地区。

この日は鮫ヶ尾城跡と遺跡群は踏破したものの体力の問題で古墳群には回れませんでしたが、自転車を楽に漕いで小一時間の距離とは手頃でありました。

(E-P3 + 14-150mm)

| | コメント (2)

2015年11月14日 (土)

皇帝ダリア

近所で皇帝ダリアが咲いているのを見掛けたと思ったら
11月11日の水元公園でも咲いていた。

K_5_1647 背丈が3mくらいあるうえに
根を保護するためか、あまり接近できないようにしてあった。

K_5_1646 これは別の株でズームを一杯に伸ばして撮った写真です。

K_5_1646a その切り抜き。
想像していたより観察し甲斐のある花ですかね。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

2015年11月13日 (金)

水元公園、イチョウの黄葉

11月11日の水元公園です。

K_5_1611 正門近辺のイチョウの黄葉
後ろに見えている並木は対岸、みさと公園のラクウショウだと思います。

K_5_1612 水元大橋からの眺め

K_5_1617 橋を渡った園地からの眺めです。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (2)

2015年11月11日 (水)

ナンキンハゼの紅葉

今日は水元公園へサイクリングしましたが、その走り始めに通った木場公園でナンキンハゼの紅葉を見掛けた。

K_5_1603 彩りがが良くなかなか賑やか

K_5_1607 塩豆のような実がかわいいです。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (2)

2015年11月 3日 (火)

2015/10/27 木場公園で見た夕景

この日の夕暮れ時は木場公園の南北を繋ぐ連絡橋の上で迎えました。

Pa275568 橋の南で黄葉が夕陽を浴びてました。

Pa275575 西の空です。
低空を吹き流される積雲は夕陽色に染まり、上空の薄雲はほぼ白です。

Pa275578 橋の南の広場で
ベンチに座り簡易魚眼レンズに付け替えて撮影。

Pa275582 またズームレンズに替えて撮影。
低い雲には夕陽が届かなくなってきました。

Pa275600 最後は上空の薄雲がかすかに色づき、しばらくすると色を失って暮れていきました。

(E-P3 + 14-150mm & BCL-0980)

| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

2015/10/31 モミジバフウ

知人のサイトで水元公園の駐車場のモミジバフウが色づいているのを知り、午後から晴れるとの予報に期待してサイクリングを敢行した。結果的には全く晴れず、特に水元公園に居た時間帯はとっても寒くて閉口したが、寒いとあまり疲れないという利点もあることを再発見。

Pa315613
去年来た時より10日ほど早いにもかかわらず紅葉はかなり進んでいた。

Pa315623 同行者も言っていた通り、緑も含め
色々な色が並んでいるところが紅葉を一層引き立てていると思う。

Pa315626 晴れたら良かったのになー、、、
リベンジは来年、ということにし、今度来る時は他の木々の紅葉狙いとします。

45km走行。
(E-P3 + 14-150mm)

| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

魚沼スカイラインの秋景色

21日に参加したバスツアーの最後は魚沼スカイラインでした。

八海山から魚沼盆地を横切り、盆地の反対側の尾根がスカイラインでした。
八箇峠から十二峠まで走り抜けたように記憶しています。
道は広いところで片道一車線ずつ、狭いところでは両方で一車線。
大型バスでは通れないと聞き、なるほどこの小さなバスだったのかと納得したのでした。

K_5_1580 道の両側に紅葉が連続します。

K_5_1584 魚沼盆地がジオラマのように楽しめました。

K_5_1586 近くの葉っぱはこう写るのですが

K_5_1587 距離があると霞みます。

K_5_1589 棚田の脇の紅葉が綺麗。

K_5_1595 盆地の建物はホテル?マンション?
確か魚沼展望台(920m)からの眺め。

K_5_1596 何か所かでバスを降りて眺めました。
しかし道の両側の谷の紅葉が綺麗でも、道にスペースがなくてバスから降りられず残念な思いも何回かしました。くねくね具合も頻繁なアップダウンも、ハイキング用の尾根道であったほうが適しているようなスカイラインでした。

K_5_1597 葉を落としかけのブナ。
ガイドさんに拾ってもらった実を食べたら美味しかった!

K_5_1601 越後湯沢駅でツアバスを降りると
日が暮れかけてました。乗る予定の新幹線までたっぷり時間があったので
近所の公衆浴場で体を休めてから帰京しました。

(K-5 + 18-250mm)

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »