« 庭の花 | トップページ | 2016/05/16 旧古河庭園へ »

2016年5月14日 (土)

2016/05/10 観音平古墳群へ

事前に予報されていたより雨の降り出しが遅れそうだったので、サイクリングの目的地として考えていた観音平古墳群に向けて自転車を走らせました。妙高市の「斐太(ひだ)歴史の里」に含まれる古墳群で、今回が初めての探訪でした。

P5106085 途中の農道で妙高山が見えたので。
今回の上越市滞在でお姿を見られたのはこの日だけでした。

P5106086 これは妙高山の右に連なる火打山
最近小規模噴火した焼山(やけやま)がその右にあるらしいのですが、私にはこの写真に写っているのかどうか分かりません。

一時間前後で着いたので走行距離は片道10kmくらいでしょうか。
P5106098 古墳群入り口の案内板
これより先には案内が無かったので、デジカメのこれを再生しては道順と自分の位置を確認しつつ歩きました。

P5106099 一般道からいきなりハイキングコースに入る感じ。自転車を置いて歩き始めます。

P5106104 こんな感じの斜面を登っていきます。
両側に古墳らしき土の盛り上がりがたくさんありました。

P5106114 コースの一番奥付近で振り返る。
ここはどうやら古墳の上のようです。遠景は高田平野。
歩き易い道だったので、15分も掛からずに到着したように記憶してます。

少しでも歴史資料や調査結果に接することが出来たならもっと良かったかもしれません。

P5106117 山は米山(よねやま)でそれを越すと柏崎、中央を横切る北陸新幹線の高架の左には上越妙高駅が写ってます。 田植え直前の田んぼには水が張られていました。

(E-P3 + 14-150mm)

|

« 庭の花 | トップページ | 2016/05/16 旧古河庭園へ »

サイクリング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭の花 | トップページ | 2016/05/16 旧古河庭園へ »