« 8月1日の夕空(上越市) | トップページ | 山古志村の執念 »

2016年9月 5日 (月)

小千谷探訪

子供が使った青春18切符の余りを利用し、高崎と水上で鈍行を乗り継ぎ小千谷市を訪ねてきました。新潟に勤務していた頃何回となく在来線の特急ときで通過した街であり一度は歩いてみたかったのと、そこに住んでいる先輩に会うという目的もありました。

先ず案内してもらったのは山本山
ここに上ると小千谷の地勢が手に取るように見えました。
北に越後三山をはじめとする魚沼の山々、
雄大な渓谷を刻み合流する魚野川と信濃川、
南を見れば柏崎の西の米山、その東の遠くには
越後一宮を麓に抱える弥彦山

P9027045 これは棚田を撮った写真ながら
蒼く霞んでいたのを補正したせいか、目で見た素晴らしい
景色よりかなり落ちる出来です。

P9027048 高い高い錦鯉が群れ泳ぐ水槽
海外から愛好家がたくさん買いに来るそうです。

P9027049 知る人ぞ知る、片貝まつりの
花火に寄進した有志が称えられています。

このあと名物のへぎそばを頂きました。

そして10年前に地震で大被害を受けた山古志村にも行ったのですが、
これは別篇で紹介します。

P9037059 翌朝歩いた信濃川右岸
橋を渡った辺りが中心街とのこと。しかし例に漏れずシャッター商店街化してる感じでした。

P9037061 この像は西脇順三郎。
小千谷高校出身だったとは!!

P9037062 駅前で中心部方向を一枚撮影。

P9037065 駅のベンチから
町とは反対側はだいぶ趣きが違いました。

(E-P3 + 14-150mm)

|

« 8月1日の夕空(上越市) | トップページ | 山古志村の執念 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月1日の夕空(上越市) | トップページ | 山古志村の執念 »