« 軽井沢にまた行きたい | トップページ | 7/25の高田公園のハス »

2018年7月19日 (木)

懐かしの豊洲埠頭全景

ようやくお熱は下がったものの、自己診断で要静養状態に変わりはありません。

そんな中、古い写真をPC画面に流していたらこんな写真がありました。

Toei
東雲側から見た豊洲埠頭の全貌です。おそらく1996年撮影。
デジカメの走り、カシオのQV-10で撮った写真を横に二枚合成しています。
右端の背景に聖路加タワーが写っていると思います。
原画は横600ドットしかないので、無理やり横800に拡大して掲載しました。

これは全くの再開発前の豊洲埠頭ですね。
工場地区であり、埠頭地区の中に入るのがちょっと怖かった。
右手の豊洲への接続口以外周りとのアクセスも不可。
現在は左右にゆりかもめ線の高架が通り、新市場の施設もどんと建っています。

さて、なぜこんなアングルの写真を撮れたのか。
撮った場所は東雲に建った超高層タワー住宅の上のほうなのです。
モデルルームが見学出来て、その眺望に驚き、丁度持参していた
QV-10を使用したわけです。
今はどなたかがこのアングルを楽しみながら暮らしているのでしょうね。

|

« 軽井沢にまた行きたい | トップページ | 7/25の高田公園のハス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽井沢にまた行きたい | トップページ | 7/25の高田公園のハス »