無料ブログはココログ
フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月29日 (木)

11/16に撮った秋バラ

11月16日は木場公園の都市緑化植物園に行き、マクロレンズで楽しみました。今回はその中から秋バラです。

Nkn_3207 深紅が割りと見たように記録できました。

Nkn_3209 もっと絞りを開けた方が良かった。

Nkn_3210 日が当たるとまぶしい花。

Nkn_3256 日陰とは言え油っ気が抜けたように撮れてしまいました。

Nkn_3257 この日一番気に入ったバラ。

(D600 + 105mm macro)

この日は小さな花の接写もたくさん撮り、それなりに気に入ったものが撮れたのですが、12月はリフォーム工事のためパソコンは使えなくなりそうで、その後撮り始めた紅葉の写真ともども日の目を見ることが無さそう。一か月退屈しそうです。

2018年11月27日 (火)

11/15 皇居東御苑へ

11月15日は好天に誘われて東京駅から歩き始め、皇居東御苑を回ってきました。

Pb155758 大手門濠端の枝垂れ桜
黄葉が進んで、この時期にしか観られない姿でした。

Pb155759 御苑内日影のボケ
実際はもっとずうっと暗かったのですが、多少明るくしてあります。

Pb155760 フユザクラが元気でした。

Pb155773 ツワブキも今が一番元気なのかも

Pb155778 濠端の柳。ちょっと壮烈な姿でした。

(E-M10m2 + 14-150mm)

2018年11月26日 (月)

?

そろそろ紅葉がきれいになってきましたね。

しかし今回は11月8日に撮ったこんな画像です。
ウェブで見ると、アカザというのがこれに近い感じでしたが確信を持てませんでした。

Pb085746

(E-M10m2 + 14-150mm)

2018年11月23日 (金)

菊花展

11月8日、日比谷公園を散策していたら菊花展に出くわしました。

Pb085709 大変な丹精の賜物ですね。

Pb085711 私はただの写す人。
(E-M10m2 + 14-150mm)

2018年11月18日 (日)

10/30 水元公園のモミジバフウ

随分前の写真で恐縮ですが10月30日に水元公園の駐車場で撮ったモミジバフウの紅葉です。今年は色付く前に枯れ落ちてしまった葉が多いようでした。

Pa305584 平日で駐車の数は少なめでした。

Pa305589 こんな実がたくさん!

Pa305605 第二駐車場から見るとこうでした。

(E-M10m2 + 14-150mm)

2018年11月11日 (日)

10/31 シャクチリソバ

10月31日、木場公園都市緑化植物園にて

秋はタデの花を楽しめる、とは思っていたものの、公園でこの花を見て、「そう言えばソバもタデの仲間だった。」と思いました。

Pa315627b 小さな花です。
私の肉眼では小さな白い花としか判別できないけど、帰宅後PC画面で見るとこの赤い蕊が分かります。蕊のコントラストがはっきりしているので、他のタデに比べるとAFが効き易いようです。

Pa315632 蕊のハート型が可愛い。

Pa315629a なかなか鮮やかですね。

(E-M10m2 + 60mm macro) トリミングしてます。

2018年11月 6日 (火)

10/17 自然教育園のタデ④

自然教育園のタデのシリーズは今回で終わりです。

登場する花は「アキノウナギツカミ」

Pa175440 このように咲く花

Pa175447 一見すると、たとえ花が開いていても写真に残せる気がしないような小さな花です。でもこういうのにファイトが湧きます。

Pa175445a 今回は光に恵まれ、私としては良く撮れた方
Pa175462a 咲いてる花の左はもう咲き終わったのでしょうかね。

なお、この園の作成している開花リストに載っていたタデでこれに似ているのは他に無く、アキノウナギツカミと判断してます。間違っていたら御免なさい。

(E-M10m2 + 60mm macro)

2018年11月 2日 (金)

光が丘公園のイチョウ並木

本日、ウェブの紅葉情報で「色付き始め」となった光が丘公園へ、イチョウ並木を観に行きました。

Nkn_3179 もう充分楽しめました。
色付きはもっと黄色くなるでしょう。でも今年はこれにてOK。

(D600 + 24-120mm)

10/17 自然教育園のタデ③

さて、この日目指して行ったミゾソバです。
実はこの自然教育園の開花リストによると、この園で咲いているミゾソバには2種類あって、ミゾソバとオオミゾソバがあるということが分かりました。しかし、自分で撮ったミゾソバがどっちのミゾソバなのか判別できません。ですのでここでは「ミゾソバ」で済まさせていただきます。

Pa175415a 多くのタデと同様、全部の花が咲き揃うことは無さそうです。それと、花の形のほかにも葉の形、葉と茎の繋がり方、棘の性質などが種類を見分けるポイントのようです。個人的には「見分けられるようになりたい。」という気持ちと「そんなの覚えんでも構わん。」という気持ちとが拮抗していますが、好きな花を見付けた時にその名前を知らないというのも残念な気がします。

Pa175412a 右の花の蕊でピントは割りと合っていると思うのですが、縮小して再保存する時に潰れてしまうのと、背景と蕊のコントラストが弱いのとで、なかなかピリッとなりません。

Pa175455a こういうのを撮ろうと飽かず取り付いていると、立ち眩みし易くなりますね。

(E-M10m2 + 60mm macro)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »