無料ブログはココログ
フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月31日 (木)

12/31の夕空

こちらではおかげさまで天候は穏やかな年末を迎えられました。

夕方、運動不足解消のため豊洲埠頭岸壁の遊歩道を歩き

突先の公園まで行きました。

Dscf8324豊洲市場の裏です。

Dscf8328今夕は傘雲を被った富士山が見えました。

Dscf8329遊歩道から釣り糸を垂れる方々。

今日は少なめかな。

Dscf8336レインボーブリッジ越しに

ほんのり色付いた雲が掛かっていました。

 

さてそろそろ歌合戦も終わりそう。

皆さま、よいお年を!

 

(X-T3 + 18-135)

2020年12月28日 (月)

12/27の木場公園都市緑化植物園

都市緑化植物園の梅は低い枝で咲き始めたので、久しぶりにマクロレンズの出番でした。

Pc270001aちらほらと咲き始めてます。

でも接写したのは梅だけでした。

Pc270008沢山実を付けたセンダン

Pc270009近年になって気付いたハマセンダンの黄葉

ハマセンダンに寄って撮ったのも載せときます。

Pc270010

 

(E-M10m2 + 60 M)

2020年12月25日 (金)

12/25 木場公園の梅

梅番をやってるわけじゃないですが今日も木場公園の梅を観に行きました。

Dscf8163花の数が格段に増えてます。

もうすぐ満開でしょう。

少なくとも狂い咲きとか迷い咲きではなさそうです。

Dscf8165近寄ってズームアップした写真です。

この超早咲き株以外のはどうなってるかを見に都市緑化植物園にも行きました。

Dscf8173aすると

このようにちらほら咲き始めの木がありました。

たぶん他の梅もどんどん開くことでしょう。

 

(X-T3 + 18-135)

2020年12月23日 (水)

12/23 区内の梅巡り

こちらで初めて梅の開花を見てからもう2週間経ちましたが

江東区内でも比較的早く梅が咲く福富川公園に行ってみました。

K70_3070咲いてました!

実は一昨日に咲いてるのを確認していたけど、

日が当たってなかったので本日また行ったのです。

ちらほら咲き始め、という段階ですがどんどん開花は進むでしょう。

さて次は何処へ?と考えると亀戸天満宮が浮かんできました。

K70_3084正門です。

鳥居の右の紅梅がもう開いており、

もう「ちらほら」の段階を通り過ぎてました。

K70_3080こんな感じ。

K70_3083開き切っておりきれいでした。

K70_3090境内ではちらほらのが数株

最後はここに来るといつも撮る、太鼓橋の上からの境内の写真

K70_3092

 

(K-70 + 18-250)

2020年12月19日 (土)

12/18夕刻、木場公園にて

この日は六義園のあと門前仲町で用事を済ませ、日没間近の木場公園を歩きました。

Dscf8110紅葉に梅

Dscf8112咲いている数も増えてました。

Dscf8113日陰のモミジを無理やり明るく撮ると結構いい感じになりました。

Dscf8115日が沈みます。

小さな巻雲の列が印象的でした。

Dscf8125この日最後の色付きでした。

 

(X-T3 + 18-135)

2020年12月18日 (金)

12/18の六義園

紅葉のシーズンになって今日で3回目の六義園訪問でした。

お花の世界では梅が妙に早く咲き始めたり、河津桜が咲き始めたという記事を見たり

変調があるようですけど、紅葉は少し遅めながらほぼ平年並みの推移だったでしょう。

Dscf8045順光でも見応えのあったモミジ

Dscf8053定番のひとつの場所で

左のモミジが色付いてますが、右のハゼノキは今シーズン観られませんでした。

Dscf8067水路が鏡のように静かでした。

Dscf8078この園の北側は

かなり山深いように錯覚させてくれる造りになっています。

 

(XT-3 + 18-135)

2020年12月11日 (金)

12/11 梅の開花

12月7日に印旛沼のほうで梅が咲いたと友人のブログで紹介されてましたが

それなら木場公園の超早咲きの梅はどうなのだろうと見に行ったのが9日。

するともう咲いていたのです。

丁度良い望遠レンズが無かったのであまり寄った写真を撮れず

今日再び撮りに行きました。

Pc110008 なんかあまりに早過ぎるので、

咲いた!という感激がありません。

Pc110004

紅葉は終盤を迎えているので、可愛い花のシーズンが始まるのは嬉しいはず

なんだけど、やはり気持ち悪さがあります。

そのうち咲く時期が分からなくなって咲けなくなるんじゃない?

Pc110014

因みに本日のtenki.jpのtweetによると高松で例年に比し40日早く梅が開花したそうです。

 

(E-M10m2 + 100-300)

2020年12月 8日 (火)

11/5 湯沢高原へ ⑤

Dscf7484ロープウェイで降りる時の眺望です。

中央奥で光っているのは越後湯沢駅

Dscf7487麓の駅を出て山を振り返ってます。

Dscf7492宿泊施設の見事な紅葉を楽しみつつ駅へ

Dscf7493歩く方向の先にも見事な黄葉

時間と共に太陽の位置が変わり景色も変わるので楽しかったです。

予定の電車まで少し時間があったので、反対側の出口(東口)の景色も楽しみました。

Dscf7495

このあとは風景を楽しみたく、先ずは水上駅行きの鈍行に乗車。

(これが3時間に1本しかない!)

「国境の長いトンネル」をくぐり辿り着く水上で高崎行きに乗り換え

新潟勤務時代に飽きるほど利用した特急トキの車窓からの風情を思いつつ

或る時は線路と並走、また或る時は鉄橋の下を流れ楽しませてくれる利根川を堪能しました。

当時と同じように、渋川あたりになるとなだらかな斜面に広がる街が迫ってきて

如何にも関東に帰ってきたという気持ちが起きたのです。懐かしや。

そして高崎からは新幹線の自由席。(鈍行だと高崎東京間は嫌気がさすほど長い!)

選びに選んだ好天日を含め、いいとこ取りの日帰り旅行がこれにて終了しました。

 

(XT-3 + 18-135)

2020年12月 3日 (木)

11/5 湯沢高原へ ④

さて、次は池の入り口付近から稼働している無料のリフトでランチに向かいました。

Dscf7404すると凄い色彩を堪能できました!

リュックサックを左肩と左肘で支えながら、ふらふら前後に動くリフト上でのカメラ操作は

大変でしたが、そんなこと言ってる場合じゃなく、夢中で撮り続けました。

Dscf7405空気が澄んでますよね。

Dscf7408リフトの終点

左奥のリフトをはじめとする多くの設備に驚きました。

スキーする人には堪らない場所でしょう。

Dscf7417レストラン傍の小さな展望台から。

新潟・群馬県境の山々が写っているのだと思います。

Dscf7422ランチ後今度は池のほうに降りて行きます。

急な斜面を降りていくので、昇りの時より怖かったです。

Dscf7426幾つもの尾根や沢を一望に出来ました。

Dscf7427

下りは紅葉が順光になるから大したことないだろうと思いきや、きれいだったです。

そして再び池の周りやガレバを撮り歩き、ロープウェイで下山する時間になりました。

池からロープウェイまでは20分ほどの登り。

レストランのほうからなら10分の下りで済むので、もう一度リフトを利用です。

Dscf7461

先程の昇りの時と光も空の雲もガラッと変わっており、またまた大いに楽しめたのであります。

続く

 

(XT-3 + 18-135)

2020年12月 2日 (水)

11/5 湯沢高原へ ③

Dscf7362あやめヶ池です。

浅く静かな水面に周辺の木々が写り込み、とても綺麗でした。

Dscf7363秋なのに緑が瑞々しい感じでした。

Dscf7365でもこういう紅葉も浮いていて、やはり秋なのです。

Dscf7361右から反時計回りに歩いてみました。

Dscf7367黄葉が優勢な中の紅葉

Dscf7381薄緑はこれから色付くのか落葉するのか気になります。

Dscf7391池の奥からの景色

Dscf7397まだ落葉していない斜面の木々を含め色々と華やかです。

ここで一旦ランチのためにリフトで上に行き、以下はその後戻っての写真です。

Dscf7435時間の経過で光も変わってました。

Dscf7444ガレバハウスという小屋の脇の紅葉

Dscf7452ガレバを上がるとこんな紅葉も楽しめました。

Dscf7460あやめヶ池での写真は以上です。

次回はランチを取りに行くのに使ったリフトからの紅葉を紹介します。

 

(XT-3 + 18-135)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »