無料ブログはココログ
フォト
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2/17の夕空① | トップページ | 2/19の花散歩 »

2021年2月23日 (火)

2/17の夕空②

豊洲公園に着いた時点の日没方向の空はこのような具合

Dscf8745これだけならやや平凡ですが

Dscf8749その上空から天頂に掛けては

このようなちりぢりになりつつある雲が北から南に覆っており、

とは言え流れていると言うより浮かんでいる状態でした。

Dscf8755かなり上の方の雲をズームアップ。

風も無いのに冬の雲ってのは何故こんなちりぢりになって見えるのか

常々不思議に思っていたので、今回は帰宅後「冬の雲 特徴」で検索してみたのです。

するとこういう輪郭がしゅわしゅわした積雲が冬の雲の特徴だとのこと。

夏の積雲が水蒸気の塊であるのに対し、冬のは微細な氷粒なのだと考えられている、と書かれていました。そのため、本体から吹き放されても夏のようには簡単に蒸発しないのでしゅわしゅわに見えるのだそう。納得しました。^^)

 

次は晴海のごみ処分場方面から羽田に降りる都心上空通過コースの旅客機です。

Dscf8757

同じ機が日没の空を通過します。

Dscf8758右下は五輪選手村予定建築物

延期のため五輪後の入居予定者が未だに入居できず困っておられるそうです。

Dscf8770仄かな夕日を浴びる頭上の雲をズームアップ。

中央やや下部に見える短線はノイズでなく、鳥の飛んだ軌跡となります。

こういうちりぢりの雲は花の接写と異なり、拡大するだけはっきり見えるのでなく、結局はぼやっとした水分の寄り集まりだと分かるだけですね。

最後は帰り道。豊洲駅の出入り口にて。

中央の建物の右後ろの公園で夕空を撮りました。

Dscf8772

 

(X-T3 + 18-135)

« 2/17の夕空① | トップページ | 2/19の花散歩 »

夕景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2/17の夕空① | トップページ | 2/19の花散歩 »