夕景

2017年9月21日 (木)

海辺で夕空を観てきました。

一泊旅行で安房勝山に行ってきました。
東京湾が三浦半島と房総半島で一番狭くなる辺りです。

宿の提供するふんだんな魚介料理が素晴らしかったです。
夕方には海に没する夕日を観たかったのですが、日没時、太陽は雲に隠れてしまいました。それでも海岸で見る夕空は素晴らしかったです。

P9192557 右端にうっすらと富士山のシルエット

(E-M10m2 + 14-150mm)

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

7/31の夕空③

まだ7月31日の夕空の続きをやってます (^ ^;)>

P7312344 日没が近づき、右のオレンジ色が濃くなってきました。

P7312346 狭い一角にいろいろな形、いろいろな距離の雲が集まっていて賑やかです。赤い光を受けて色付いていますが、これは単にそういう色の光が当たっているからこう見えるだけで、雲が熱くなっているわけではないんですね。(当たり前ですが)

P7312352 公園の街路灯が灯りました。
でも夕空はまだ楽しめました。

P7312356 中央に人魂のような雲が浮かんできました。

P7312359 とは言っても全体的には終了間近。
光の当たる部分がどんどん狭くなってきました。
その中で、中央の上部や右に、ごく局所的に光の当たっている雲が印象的。

P7312362 これは中央上部のズームアップ

P7312363 これは右の部分
光の当たらなくなった部分もまだ目に見えていて、楽しかったです。

(E-M10m2 + 14-150mm)

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

7/31の夕空②

掲載の間隔が空いてしまい何の続きなのか分かりにくいですが、、、

P7312329 下をランプのように照らしていた光が消え、上向きに光線が漏れ始めました。

P7312331 簡易魚眼レンズを付けて撮ったらこんな感じでした。

P7312333 太陽の位置が右下に移り、そちらの空が赤みを増してきました。

P7312340 その方向もいろいろな雲や色彩が詰め込まれていて、この後どうなるのか面白そうでした。

(E-M10m2 + 14-150mm & BCL-0980)

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

7/31の夕空①

東雲で所用を済ませたあと、豊洲ふ頭の先端の公園で夕空を眺めました。

P7312324 左の橋はレインボーブリッジ。

P7312323 太陽の下がまるでランプの光のようになってました。

P7312327a 屋根に大勢の人が出てる遊覧船が、夕日の輝きの中を通過していく。

(E-M10m2 + 14-150mm)

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

7/20の夕空

潮風公園、お台場海浜公園とぶらぶら回ってきたわけですが、日没方向の雲が気になっていたので、帰る途中、豊洲ふ頭の先端でその後の推移を見ることにしました。

P7212297 背景の右にうっすらとシルエットになっている積乱雲です。逆光なので縁だけが輝いて見えます。

P7212300 時間が経ち、少し目立ってきました。

P7212302 積乱雲の右をアップ。
こういう雲の端だけ輝いている光の具合って好きです。

P7212307 雲の影が長く伸びています。
反対側の地平線まで届いていて雄大だったのですが、残念ながら魚眼タイプのレンズを持ってきていなかった。
P7212316 いろいろなレイヤーが重なっていて面白かったです。

P7212318 かなとこ雲が伸びて、長い嘴のような形になりました。もう少し留まりたかったけれど、帰りに買い物を仰せつかっていたのを思い出し、この場を去りました。

(E-M10m2 + 14-150mm)

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

7/14の夕空の続き

前回掲載の夕景と同じ時に撮った写真です。

P7142241a 先ずは飛行機雲
ズームを一杯に伸ばして撮ってます。
飛行機雲を撮ると、帰宅後PC画面で確認するのが楽しみ。雲がどんなふうに出来て崩れていくか。飛行機がどの程度写っているか。そうは言っても、期待を上回る撮れ上がりのは滅多に撮れません。

P7142243 崩れ掛けている雲
見た目には中央部など散り散りに見えるのですが、切り取って見たら予想とは違った様子でした。↓

P7142243a 意外と雲は繋がっていました。
それに、くっきり見えるようでも湯気のようなものですから、クリアにはうつりませんね。JPGの圧縮で細部が潰れてるかもしれないです。ピントは電子ビューファインダーで拡大し、一番合っていそうなところで撮っているのですが。

P7142246 小さな雲がくっきりと浮かんでいるのを見るのは気持ちいいです。

(E-M10m2 + 14-150mm)

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

7/14の夕景

昨日は東京駅で日本画展を見た後豊洲に居ました。
日暮れ時に居た豊洲公園は潮風が心地よくて、随分とゆっくりしました。

綺麗な夕空を見られたらいいな、と思っていると、日没方向にこういうのが見えてきました。

P7142239 これがどう変わっていくのかな。

P7142244 あまり劇的にはなりませんでした。
それにビルに隠れて全体が見えません。

P7142269 これは聖路加タワー。
部分的に夕日が抜けて来ているのが面白い。

(E-M10m2 + 14-150mm)

さて先程の雲ですが、家族が別の都内某所でスマホ撮影してましたので紹介します。やはり全体のほうがいいです。ちょっとキノコ雲のように見えるのが難点。

A70714_2

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

2/19 晴海ふ頭公園にて

@Harumi Quay Park

この日の夕刻は晴海埠頭公園に居た。

P2190975 海の逆側はオリンピック選手村だかの施設を造っているところでした。ちょいと来ない間に変われば変わるもんだ。
この奥のほうには私が小さい頃国際展示場があったし、冬季にはアイススケート場もあった。

P2190963 岸壁の一部は漁業調査船の係留場所になっている。

P2190974 埠頭の旅客ターミナルの裏

P2190985 隅に浅い池があって、カモメが休んでいることが多い。

P2190982 はて、この鳥はカモメの仲間?

P2190983 正面から見ると徳利が割り箸で立っているみたいに見えます。

P2190984 ユリカモメが水浴している姿もよく見掛けます。

(E-M10m2 + 14-150mm)

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

2/11 光のカーテン

@Aomi, Koto Ward

2月11日夕刻、強い北風の吹く江東区青海で夕空を観ていました。

P2110865
まだ日が高く強すぎたので、サルベージ作業の船や対岸のクレーンなどを撮っていましたが、すぐに日が沈みかけて、空を撮り始める。

P2110867 日没方向です。
これまで見たことのない輝きが見えました。
天使の階段とかいうのとは違うもののようでした。

P2110868a ズームアップするとこの通り
光のカーテンのように見えました。

あまり気にせずに撮り続けましたが
P2110871 帰宅後見返すと、徐々に下から輝きが消えて行ったのが分かりました。全くの推論ですが、強い風で大きな雲の一部が下方向に吹き飛ばされて膜状になり、向こう側からの夕日が照らしたために見えたもの、と思われます。

P2110882 日没後はこうなりました。
雲さえ輪郭を崩されるほどの強風だったのだと思います。
厚手の服、手袋で居たにもかかわらず、日が沈むと体が冷え切ったのを思い出します。家まで5kmほどを、逆風の中、一目散に自転車を漕いで帰ったのに、温まりませんでした。

(E-M10m2 + 14-150mm)

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

2/11 臨海部の夕景

@Aomi area

2月11日の夕方、東雲で用事を済ますと、空が澄んで綺麗だったので、自転車を青海方面に走らせた。

P2110842 ヴィーナスフォートの裏で
雲を撮っていたら羽田を離陸した飛行機が画面に入ってきた。

P2110843 日没方向の空
強い北風で雲が吹き崩されているのだろう。
落ち着かない風景だけれども、いつもと変わった空を見られそうだ。

P2110845 青海の岸辺に着くと
サルベージ作業船越しに出航していくコンテナ船が見えた。

P2110847 夕日は黄色っぽくなり
沈むまでの間に空を染めて楽しませてもらえそう。

P2110848 傍らの噴水にも夕陽が当たる。

そしてこのあと日没まで夕空を楽しむことが出来ました。

(E-M10m2 + 14-150mm)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧