サッカー

2014年5月19日 (月)

2014/05/18 川場村までサッカー観戦に

沼田市川場村まで女子サッカーを見に行った。

試合はなでしこリーグの下部リーグ、チャレンジリーグの上位対決で、
昨期入れ替え戦でなでしこリーグ昇格を逃したスフィーダ世田谷と、チャレンジ
リーグを連覇していながら高校生ということで?昇格せずしチャレンジに
留まっている常盤木学園の好カード。

「見逃せない」との思いから自力での観戦行を検討すると、自宅から電車・バスを
乗り継いで片道4時間あまり、往復7300円ほど掛かることが分かった。
諦めかけたが、いつもの観戦友人が車の助け舟を出してくれて群馬行きが実現した。
片道の高速代3800円ほどとガソリン代を考えると結構な遠出となる。

それでも2時間ほどで着いてしまうのだから車の機動力は凄い。(道が空いてれば)

P5182646 役場に隣接するサッカー場

仮設の観客席しかないのは勿体無いが、見事な天然芝です。
東京でも爽やかな季節ではありますが、ここのはまさに高原の爽やかな初夏の風。
空気が澄んでいて周囲の山々の緑が目に染みました。
中央奥に顔を出している武尊山(ほたかやま)は2000m超。まだ雪を頂いている。

試合は予想をはるかに超える大激戦。強風の影響なのか前半は世田谷、後半は
常磐木と、いずれも風上側のチームが優勢となって一点ずつ取り、引分けた。
風を除けばこれ以上ないほど恵まれた天候とグランド。両チームの頑張りは
とても印象的だった。両チームが決定機を全部決めていれば3-3か4-4でも
おかしくなかった。

前半頑張りすぎたように見える世田谷は、後半常磐木のスタミナと走力に圧倒され
同点にされるが、一挙に3人を交代させるとその3人が力を発揮し持ち堪えた。
監督はブログで采配ミスと言っているが、3人同時交代という思い切った戦術で
勝点1を確保したのだから凄いのである。世田谷は死力を尽くして前進したと思う。

それにしても常磐木の10番白木は只者ではない。男子で言うと中田英寿や
本田のような強さ、ボール保持力、スピード、パス力がある。彼女にボールが入ると
その度に「世田谷ピンチ!」と思わざるを得なかった。将来がとっても楽しみ。

今回の試合は本当に緊迫した好試合でした。
審判に文句を言わない。本当に一生懸命やる。痛いふりして試合の進行を
遅らせることがない。選手や監督の掛け合う声がよく聞こえる。
女子サッカーの魅力を凝縮したような試合でした。

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

2013/05/25 ノジマフットボールパークへ

ノジマが設立し選手を社員に採用、グランド、社員寮など諸設備も用意した、という女子サッカーでは恵まれた環境のもと、初参加のチャレンジリーグ(なでしこリーグの下部リーグ)で目を見張る活躍を見せているノジマステラ神奈川の試合を観戦するために、相模原市南区まで出掛けて行った。対戦相手はASエルフェン狭山。今年なでしこリーグから降格してきたチームでありながら、開幕戦であるホームの試合で新興ノジマに1-2で破れている。

試合の模様や選手の写真は撮ってはいけない、となっているので試合の記事は省略。

どんなところだったかだけをレポートします。

Blfenboccaeveea 人工芝に座っての観戦です。
傍でのプレーは迫力満点だが、逆サイドや逆のゴール付近のプレーは、何をやっているのかよく見えない。
これはネットで隔てられた道路から携帯で撮っているのだが、道路から遠巻きに観戦している人も二十人くらい居たような気がする。そういう人達をこそ女子サッカーは取り込んで行かなければならないのに、と思う。

Dscf3653 西隣りは相模川の河川敷。

以下はJR相模線相武台下駅への帰路で撮影。

Dscf3659 田んぼと畑に囲まれた道です。

Dscf3660 カンカン照りながら風は爽やかだった。

Dscf3667 相武台下駅で電車を待つ。
運行頻度は一時間に二~三本。
我が家からの所要時間は2時間強。実際とても遠かった。駅からボールパークは10分程度と近いのが救いだが、夏の暑さや風雨の際はさすがにめげてしまいそうである。

(FINEPIX F550EXR)

| | コメント (0)

2013年2月 3日 (日)

2013/01/30 大和なでしこ広場へ

かねてよりニュースで承知していた大和駅前のなでしこ広場。なでしこジャパンで活躍した選手の出身地として手形を飾ってあるそうだ。行ってみようかと調べていたら小田急江ノ島線の駅であることが分かり、それなら常々散策したいと願っていた鵠沼や江ノ島をまとめて回れば満足度が上がりそうだ、との思いから、ひょいと小さな旅に出た。

K_5_6703 駅前のなでしこ広場はすぐに分かった。しかしお目当ての手形は見当たらず、結局駅の周りを一周してしまった。この表示板にもどこにも手形の場所の案内がないのだった。交番があるので聞けば簡単な筈ではあったが、それでは面白くないので昼食をとりながらiPadでニュースを再確認した。
ニュース写真の川澄選手の脇に写っている記念碑の大きさを確認した後、しばし探し歩くとようやく発見。前出の交番のすぐそばだった。

K_5_6710 大野、川澄、上尾野辺、小野寺各選手の手形が飾られていた。意外にひっそり飾ってあるんだな。

K_5_6708 おおー、偉大な大野さんの手形じゃ~\(^o^)/
今年はリヨンで大活躍してくれるといいな。

K_5_6709 うひゃ~。うひゃ~。
これからは貴女がチームを引っ張るんだ、という気概でやってね。心より応援します。

押し付けて型取りした凹んだ手形に手を合わせると、恐らく握手してもらうより遥かに各選手を身近に感ずることができ、大、大、大感激であった^^;)。大和市はもっと積極的に広報すればいいのにと思う。

| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

U20W杯準々決勝第3戦、第4戦を観戦

初めての駒場スタジアムでドイツ対ノルウェー、アメリカ対北朝鮮を観戦した。観客数は6200人余りとアナウンスされたと思う。

会場に着いたのはドイツ、ノルウェー戦開始後20分頃だったが、すでにスコアは3-0。その後の経過を観ての感想は、もうここで試合は決まっていたなということ。ごく散発的にノルウェーが挑みかかるもののドイツはびくともしなかった。スイスもそうだったが、これでヨーロッパ予選を勝ち抜いてきたの?と思うほど、ノルウェーはドイツに歯が立たなかった。ドイツは力強く、強烈なミドルシュートは男性的ですらあった。

暗くなってからの米、北朝鮮戦は、打って変わっての緊迫した大熱戦だった。前半は北朝鮮の組織力がやや上回っていたかのようにみえたが、後半先制したのはアメリカだった。相手ディフェンスのパス回しのミスを拾い即座に放ったミドルがゴールネット上隅に突き刺さった。こういうパンチ力はアジアの女子選手の持ち合わせない体力差なのだろう。
その後北朝鮮は速い攻撃からゴール前キーパーと一対一の状況を作り出し追い付く。大応援団の興奮は嫌が上にも盛り上がり、まるで去年のワールドカップ決勝のような雰囲気となった。
延長戦となり、結局スタミナで僅かに上回るアメリカが2-1で勝利。両チーム足を釣って動けなくなる選手が続出した。これは男子でもよく見る光景だが、個人的には90分で決着が付かなかったら即PK戦にしたほうが良いような気がする。

さて、ヤングなでしこの次の相手は、一次リーグでアメリカを3-0で退けたドイツとなった。ドイツの攻撃力とNZ戦で見せた日本の守備の弱さを考えると、日本の失点は計算に入れて置いたほうが良いと思う。三点取られたら四点取って勝つ。そんなスリリングな試合展開に持ち込むのだろうか。それとも、韓国戦後半に見せたような守備面の向上を前面に立てて闘うのか、興味は尽きない。

勿論惨敗もあり得るし、ワールドカップでの日独戦のような経過を辿ることだってあり得ないことではない。ここまでファンを連れて来てくれたU20代表に声援を送るばかりである。

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

8/6の夕空 兼 祝なでしこ決勝進出

自宅から撮影

K_5_4380 K_5_4387

それはそうと、なでしこJapanが決勝進出を果たしましたね。
力で上回る相手を、ブラジル、フランスと連続して撃破したことになります。
かと言ってまぐれ勝ちとは言えないので、「力」が何を意味するかは試合を見た人しか分からないのかもしれません。2点リードしなければなでしこは別の顔を見せたでしょう。なでしこは弱いのに勝ち進んでいるわけではありません。

| | コメント (0)

2012年6月 4日 (月)

6/3 ジェフレディース対伊賀くノ一 1-1

秋津サッカー場でジェフレディース対伊賀くノ一戦を観戦してきた。
試合の序盤は分からなかったが、しばらく見ていると普段観戦しているチャレンジリーグの試合よりやはりレベルが高いことが分かった。素人目には、比較的理詰めに繋いでいく伊賀が全般的に試合を支配しているように見えたが、耐えた末最後に一瞬のチャンスをものにしたジェフレディースが追い付いて引き分けた。
久しぶりになでしこリーグの試合を見て驚いたのは女性審判に浴びせられる客席からの口汚いヤジだった。確かに首を傾げるような判定が幾つもあったように見えたが、一生懸命役割を果たそうとしている若い女性が公衆の面前で男達から激しくなじられているのを目にするのは初めての体験で、少なからずショックを受けた。サッカー少年、サッカー少女、幼い子供たちが大勢見ているというのにあれでいいのかと思う。Jリーグでの悪習が女子サッカーにも持ち込まれているようで感心できなかった。同日の夜中継されたW杯アジア最終予選でさえおかしな判定がたくさんあったのであるから、審判にはもう少し寛容になれないものかと思う。

| | コメント (2)

2012年5月27日 (日)

5/27 味の素スタジアム西競技場へ

この日はスフィーダ世田谷対常磐木学園のリーグ戦を観戦しに味の素スタジアム西競技場に出掛けた。
Dscf2716 これは味の素スタジアム。西競技場はここから100mほどにあり
今年になってオープンした数百席の観客席を持つサッカー場である。

試合は4-2で世田谷の勝ち。ちょっと意外だった。

同行した友人の言う通り、高校生が毎週試合で国内を転戦するのは厳しいことだろう。毎年育て上げた選手が卒業する上に、年代別の代表に選手を送り込んでいるそうだから大変だと思う。

場内は鳴り物の応援禁止。すごくいいと思う。
入場の際、クラブの子供達からグッズの購入を誘われるのはちょっと苦手だ。当然ながらクラブの運営には金が掛かる。よく試合を只で見せてもらっているのだから何かお返しをしたい気持ちはあるのだが、欲しくもないグッズを買う気にはなれない。いっそのこと、(高くなければ)入場料を取ってもらったほうがすっきりするかもしれない。或いはカンパを募ったらどうか。募金箱でも置いてくれれば払おうと思う。子供を前面に立てて営業することの是非はともかく、気持ちとしてちょっと引っ掛かるのである。

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

5/13 赤羽自然観察公園と西が丘サッカー場へ

女子サッカーチャレンジリーグのスフィーダ世田谷対愛媛FCの試合を観に西が丘サッカー場へ。今は味の素フィールド西ヶ丘というそうだ。ここのところ続いている低めの気温で体調が万全とは言えないため電車を利用。

まずは早めにサッカー場の脇を通り越し、そこから5分も離れていない赤羽自然観察公園を散策してみた。全部歩いたら疲れてしまいそうなのでちょこっと見た程度。

K_5_2443 こんな感じで歩道が整備されており、せせらぎも楽しめる。

K_5_2442 この公園でもコゴメウツギが。結構あちこちで見られるんだ。

K_5_2462 桑の実か。だとすれば20年ぶりくらいの対面である。

K_5_2449 カタバミと同じ作りに見えるがオキザリスの仲間だろうか。

さてサッカー場で友人と落ち合いサッカー観戦である。

K_5_2482 愛媛FC応援団。世田谷川の応援団と同じくらいの数だった。
試合後両応援団によるエールの交換があり、とてもいい気持ちにさせて頂いた。
選手も勿論だが、応援団もガンバレ~! (でも鳴り物は今程度にしておいてネ)

K_5_2490 スフィーダ世田谷4点目のゴール。
特定のチームを応援しよう、という気持ちで見に行ってる訳ではないのだが、苦戦する世田谷のゴールを嬉しく感じたのは何回も見せていただいている義理というより、いつも一生懸命にプレーする彼女たちを応援したくなってるからなのだと思う。

K_5_2494001 勝者と敗者。
退場者を出した世田谷は必死の反撃を試みたが、鋭いカウンターをたびたび受け、更なる失点をかろうじてしのいだものの4-6であった。前年までは東西に分かれていたので無かった対戦だが、良きライバル出現というところだろうか。
27日に常磐木学園との試合を控えているので、20日の試合は是非とも勝っておきたいところだろう。


| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

5/5 夢の島、若洲、辰巳の森海浜公園を回る

ありがたいことに、なでしこリーグの下部リーグ、チャレンジリーグのスフィーダ世田谷対日体大女子サッカー部の試合が夢の島競技場で行われたので、見に行った。

K_5_2107 快晴の天候で選手はスタミナを消耗しただろうが好試合だった。

K_5_2116 1-2のスコアで、スピードを生かした日体大の勝利だった。
試合後、せっかくの好天なので若洲に走ってみることにした。
新木場の駅を通過すると、若洲行きのバスに長い行列が。
連休をゲートブリッジ見物に使おうとする方々のようだった。

K_5_2120 若洲の海岸は防波堤で釣りを楽しむ人も多かった。
この左にあるゲートブリッジの歩道に上がるエレベーターにできた列は20~30m。
2~3回待てば乗れそうだったが、今回は時間が惜しいのでパスしゴルフ場沿いに
荒川河口を北上。このサイクリングロードも家族連れで混んでいた。

K_5_2137 新木場側からこんな景色を見られた。
停泊している船が右に傾いているのが異様に見えた。

K_5_2140 花見で賑わった辰巳の森緑道公園はすっかり緑一色

K_5_2142 辰巳の森海浜公園では思いの外たくさん写真を撮った。

K_5_2150 休憩所の構造物越しの新緑

K_5_2153 前回楽しませてもらった一本桜。花が終わっても面白い形だ。

K_5_2156 この写真より実際の空はもっと澄んでいたと思う。

K_5_2157 帰り道で。大潮で岸辺が浸かりそうだった。
走行距離20.6kmと少なかった割に疲れたのは、強い日差しと気温のせいだろう。

| | コメント (2)

2012年3月27日 (火)

3/25 新座~東所沢ウォーキング

日テレベレーザと世田谷の練習試合が下宿運動公園というところであるのを知り、新座駅から歩いて見に行った。新座からは昨秋平林寺まで歩いたことがあるのだが、この運動公園への距離も地図上同じくらいだったのでどの程度の工程になるか推測できたし、実際にもそのくらいの距離だった。

Imgp3047 昨秋世田谷の試合を見た時、世田谷は長野にボロ勝ちした。しかしこの日の練習試合は0-8で日テレの勝ちだった。素人の私にはどこがどのくらい差があるのか分からないものの、組織的ボール奪取力、攻撃の連動性に差があることは分かった。

試合が終わると、来た道を戻るのももったいないと思い、武蔵野線沿いに歩いていけば次の駅に着くだろうから、と高を括って歩き始めた。

Imgp3090 まもなく梅の木越しに風情のある寺が見えてきた。

Imgp3098 圓通寺というところだった。ひっそりとした良い境内だった。

Imgp3124 更に進むと、遠くにこんな華やかな色彩が見えた。

Imgp3152 農家の庭先の豪華絢爛たる枝垂れ梅だった。

Imgp3155 畑越しに梅の並木を眺めながらのんびり歩く。

Imgp3166 ホトケノザとぺんぺん草が元気に咲いていた。

Imgp3189 東所沢駅方向の雲の形と輝きが綺麗だった。

郊外でのひと駅の距離は都内の間隔の感覚から言うと3駅分くらいだったが、いい運動になったし、思いがけず武蔵野の春の風情を楽しむことができたのだった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧