飛行機

2016年9月20日 (火)

中央防波堤外側埋立地にて②

9月9日に撮った飛行機の写真の続きです。

写真を撮り歩くには余りにも殺伐とした場所でしたが、せっかく来たのだからと思って、限られた歩行スペースを移動しながら撮り歩きました。

飛行機の接近度を表すには大きく撮るのも一つの手ですが、それじゃあ超望遠レンズを使った写真と大差ないだろうと思い、電線を入れて撮ることにしました。
P9097119 こういう経路で近づいてくると

P9097120a せいぜいこんな感じで私の右側に抜け

P9097125 こうして通過してしまいます。

そうして何機も通り過ぎるうちに、電線の左から旋回してくるのもありました。
P9097139a

P9097140a でもそれは旋回し続け、結局右に抜けました。それで少し場所を変えて粘っていると

P9097148a おー、これなら頭上を通りそうだ。

P9097149 通りました。わざわざ電線を入れてます。

中型機だと100トンくらいの重量。それが轟音を立てて頭上を通過するのは誠に豪快なのであります。もっともテクノロジーの進歩で「轟音」はうん十年前に比べて信じられないくらい静かになりましたね。

この埋め立て地はまさに産業優先の地であり、僅かにコンテナ施設があるだけで殺伐としていて、トイレも無し、十字路の向こうに渡りたくても、ガードレールが行く手を阻み、勿論横断歩道などありません。ひたすら産業車両がひっきりなしに通過するばかりです。当分再訪はしないでしょう。
それでも次の東京オリンピックでは水がらみの競技をここでするとのことなので、そのうち歩くに値する場所になるかもしれません。

(E-P3 + 14-150mm)

| | コメント (0)

2016年9月17日 (土)

中央防波堤外側埋立地にて①

9月9日の写真です。飛行機のばかり。

以前にも一回訪れたことのある中央防波堤地区ですが、その時は悪い印象しか受けず、このブログで紹介することもありませんでした。
しかし地図を細かく見ていたら、島の周辺沿いに道があり、それを回ると意外に景色が良いかもしれない、との期待が湧いてきたのです。それでまた行きました。

因みに公共交通機関は都バスのみ。
徒歩・自転車だと、外界と結ぶ2本の海底トンネル及びゲートブリッジを通れません。

先ずは中央防波堤のバス停から外側埋立地へ橋を渡ります。
P9097110
中央下にゲートブリッジ。
橋の左は江東区若洲に繋がってます。
この日は右に写り込んだトラックの頭上辺りから、羽田のB滑走路に降りる飛行機が出現し、橋の右を左旋回しながら通過していました。

P9097112 近づくと実にそばを通過します。

P9097115 そして3kmほど先の羽田へ。
水辺沿いは舗装されていたものの、道路として開放されていませんでした。
なお悪いことに、堤防が高くて見晴らしも最低。

それでもそれなりに楽しんで帰りました。
成果?を何回かに分けて掲載します。

P9097116 下はC滑走路を南へ離陸してしばらくした飛行機です。左旋回中。その左上の小さいのは並行するA滑走路からの飛行機です。

②へ続く

| | コメント (0)